ニュース

エルミタージュ美術館の歴史に迫るドキュメンタリー映画が公開

2017/02/17 19:07掲載
MyCDJ お気に入りリストに「」を追加/削除する はてなブックマークに追加
エルミタージュ美術館の歴史に迫るドキュメンタリー映画が公開
 フランス・ルーヴル美術館、アメリカ・メトロポリタン美術館と並び“世界三大美術館”と称えられる、ロシア・エルミタージュ美術館。創立から約250年にも及ぶその歴史と実像に触れるドキュメンタリー映画「エルミタージュ美術館 美を守る宮殿」が4月29日(土)より公開されます。

 レオナルド・ダ・ヴィンチ、ミケランジェロ、ラファエロ、ルーベンス、レンブラント、ゴーギャン、ゴッホ、マティスピカソといった名だたる芸術家たちが残した作品をはじめとする300万点にも上る所蔵品、2,000の部屋、そしてそれを管理する膨大な人数の学芸員を有し、年間で366万人以上(2015年)もの入場者が訪れるエルミタージュ美術館。「エルミタージュ美術館 美を守る宮殿」では、そのコレクションを高画質の映像で楽しむことができるほか、背景にある歴史と、関わってきた人々のストーリーを併せて紹介。本編にはミハイル・ピオトロフスキー館長をはじめ、アントニー・ゴームリー(彫刻家)、レム・コールハース(建築家)、美術館の各専門の学芸員、“レニングラード包囲戦”を生き延びた生存者などが出演し、証言しています。

©Copyright 2014 by Foxtrot Films

「エルミタージュ美術館 美を守る宮殿」
4月29日(土)ヒューマントラストシネマ有楽町ほか全国順次公開

監督・脚本・製作: マージー・キンモンス
出演: ピオトロフスキー館長 / 建築家レム・コールハース / 彫刻家アントニー・ゴームリー / トム・コンティ(声の出演)


配給: ファインフィルムズ
オール・ジャンル 最新ニュース
 
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] シンプルに“音楽であること”――KASHIFが徹底して単身で挑んだ処女航海『BlueSongs』[インタビュー] 思い出すのは些細なこと――新しい「美女と野獣」とアラン・メンケン30年の想い
[インタビュー] 曲が意志を持ったように完成していった――ミューならではの“色”に満ちた2年ぶりの新作『ヴィジュアルズ』[インタビュー] 自分にとってなにが気持ちいいのかを見極める3年間――“抜けの良さ”を求めたYOUR SONG IS GOOD『Extended』
[インタビュー] 盛り上がる日本のアイリッシュ / ケルト音楽シーン[前編] インタビュー: 豊田耕三(O’Jizo)[インタビュー] 誰かの音楽と繋がることを恐れない――誰にも似ていないギタリスト、ヤコブ・ブロの謎に迫る
[インタビュー] フックアップしながら自分も“新鮮さ”をもらってる、その関係性こそがヒップホップ ISSUGI「7INC TREE」[インタビュー] “大人になった”LIFriendsが伝えるメッセージ「俺たちのララバイ」
※ 弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015