ニュース

乙女フラペチーノが“おとといフライデー”に改名、ニュー・シングルのリリースも決定

乙女フラペチーノ   2017/03/21 21:27掲載
はてなブックマークに追加
乙女フラペチーノが“おとといフライデー”に改名、ニュー・シングルのリリースも決定
 懐かしのヒットソングをセクシー女優が歌う“ハイパー・アイドル・グループ”SEXY-Jのメンバーでもある小島みなみ紗倉まなによる2人組ユニット“乙女フラペチーノ”が、“おとといフライデー”に改名。ニュー・シングル「もしやこいつはロマンチックのしっぽ」を今夏「TRASH-UP RECORDS!!」よりリリースすることも決定しています。

 新ユニット名は、昨年8月に発表された乙女フラペチーノの楽曲「私ほとんどスカイフィッシュ」で作詞を担当した吉田靖直(トリプルファイヤー)が、トキメキと儚さが同居する“金曜の夜”というイメージと“アイドルという存在”を重ねて命名。

 改名後第1弾となるシングル「もしやこいつはロマンチックのしっぽ」の作詞作曲を手がけたのは、昨年初の詩集「さばーく」を発表したシンガー・ソングライターの柴田聡子。プロデュース / マニピュレート / エンジニアリングはスピッツCoccoらのサウンド・プロデュースで知られる石田ショーキチが担当しています。同楽曲は3月25日(土)に東京・新宿 LOFTで行なわれる〈NEXT歌謡フェス 2017〉で初披露予定。

 5月19日(金)には東京・渋谷 WWWにて開催される〈TRASH-UP!! RECORDS FESTIVAL〉への出演や、3月29日(水)にTOKYO MXで放送されるアニメ「AKIBA'S TRIP-THE ANIMATION-」の最終話に“おとといフライデーのみなみとまな”としての出演も決定しているおとといフライデー。今後音源をリリースしてゆくにあたり、3月21日(火)20:00より音楽クラウドファンディングサービス「muevo」にてクラウドファンディングを開始。支援した金額により、「レコーディング見学」「シークレットライブ招待」などのリターンが用意されているほか、「CDに名前がクレジットされるプラン」には無料で参加可能。

■2017年夏発売
おとといフライデー
「もしやこいつはロマンチックのしっぽ」


NEXT歌謡フェス 2017
kayo-japan.com

2017年3月25日(土)
東京 新宿 LOFT
開場 13:30 / 開演 14:00 / 終演 19:00(予定)
前売 3,500円 / 当日 4,000円(税込 / 別途ドリンク代)
※イベント当日は来場者順に入場 / 再入場可


[出演]
原田真二 / 半田健人 / ギャランティーク和恵 / アイドルネッサンス / 町あかり / 姫乃たま / 内海和子&立見里歌(元・おニャン子クラブ) / 乙女フラペチーノ / サロメの唇
司会: 長井英治 / 姫乃たま


TRASH-UP!! RECORDS FESTIVAL
東京 渋谷 WWW
2017年5月19日(金)
前売 2,500円(税込 / 別途ドリンク代)
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] スペシャルインタビュー 坂本慎太郎[インタビュー] 飼い慣らされない女たち――キノコホテル創業10周年 マリアンヌ東雲が2017年を振り返る
[インタビュー] 静的でありながら“不穏の予感”それでいて“快楽そのもの” ギリシャラブ・天川悠雅が目指す、理想の音楽[インタビュー] 西恵利香、2018年へ “いつでもそこで歌ってる人でありたい”
[インタビュー] サクソフォン奏者として、新たにバッハの音楽に息を吹き込む――上野耕平が挑むJ.S.バッハの無伴奏作品集[インタビュー] ビッグバンドは一生もの!――守屋純子がジャズ100周年を祝う「The 100th Anniversary of Jazz: Legends of Yesterday and Today」
[インタビュー] 新しい風が吹いている――吉田ヨウヘイgroupが『ar』で目指したバンド・サウンド[インタビュー] 好きなことや大事にしていることを信じて人生を謳歌しよう ベッド・イン『TOKYO』
[インタビュー] 優しく奏でる篠笛で、安らぎにあふれた時間を――佐藤和哉が妹尾武と紡ぐ初のカヴァー・アルバム[インタビュー] 常に上だけ見ていたい ゆるふわギャング“NENE”初のソロ・アルバムを発表
[インタビュー] 歌声で本当の気持ちを伝えられれば一番いい 桐嶋ノドカ「言葉にしたくてできない言葉を」[インタビュー] 月と対峙してきた人々の想いや営みを、ヴァイオリンの響きで――川井郁子、7年ぶりのオリジナル・アルバム『LUNA』
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015