ニュース

〈Blue Note JAZZ FESTIVAL〉ジェイコブ・コリアーとムーンチャイルドの出演が決定

2017/05/19 13:32掲載
はてなブックマークに追加
〈Blue Note JAZZ FESTIVAL〉ジェイコブ・コリアーとムーンチャイルドの出演が決定
 ニューヨークのジャズ・フェスティヴァルが形を変えて日本に上陸し、2015年から3年目を迎えた野外フェス〈Blue Note JAZZ FESTIVAL in JAPAN 2017〉が、9月23日(土)と24日(日)の2日間、神奈川・横浜 赤レンガパーク野外特設ステージにて開催。出演アーティスト第3弾として、ジェイコブ・コリアー(Jacob Collier)とムーンチャイルド(MOONCHILD)の出演が発表されています。

 ジェイコブ・コリアーは1994年、ロンドン生まれ。“ワンマン・オーケストラ”というべき驚異のパフォーマンスで音楽シーンの未来を拓く重要人物です。超絶的な楽器演奏と“天使の声”と形容されるヴォーカルを最新テクノロジーによって重ねて強烈なグルーヴとハーモニーを構築し、ジャズ、ロック、ファンク、ヒップホップ等、様々なカテゴリーを自在に行き来するサウンドは、クインシー・ジョーンズをも魅了。今年の〈グラミー賞〉では2部門を獲得しています。

 一方、ムーンチャイルドは、南カリフォルニア大学でジャズを学んでいた管楽器奏者の男女3人によって結成された気鋭のトリオ。ジル・スコットディアンジェロキングハイエイタス・カイヨーテらからの影響を公言する彼らは、深く沈むようなビートにエレピのメロウな音色を交えたネオ・ソウルを奏で、紅一点のアンバー・ナヴランの清涼感あふれるヴォーカルで白昼夢のようなまどろみを誘います。その独自のサウンドはスティーヴィー・ワンダーロバート・グラスパーが絶賛するほど。カリフォルニアの山荘で録音された最新作『Voyager』を携えて登場します。

 チケットは5月20日(土)より発売開始。詳しくはオフィシャル・サイトでご確認ください。

Blue Note JAZZ FESTIVAL in JAPAN 2017
bluenotejazzfestival.jp

2017年9月23日(土) / 24日(日)
神奈川 横浜 赤レンガパーク野外特設ステージ
開場 11:00 / 開演 12:00
S指定席 24,000円 / A指定席 16,000円 / スタンディング 11,000円(税込 / 別途ドリンク代)
オール・ジャンル 最新ニュース
 
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] 原動力は愛、すべてのものへの愛――般若『話半分』[インタビュー] 限りあるこの日々を追い続けよう――伝説のアイドル、セイントフォー再始動
[インタビュー] “生き様が音楽に現れる。だからこそどう生きるかが重要”――デビュー30周年を迎えた寺井尚子[インタビュー] “シンガー・ソングライターとして”前に進むための一歩、山森大輔『銀のピストル』
[インタビュー] 踊Foot Worksみたいなヤツ、いなくない? 自由奔放な音楽の魅力が詰まった『odd foot works』[インタビュー] 屈強でしなやかな東京のヒップホップ――KANDYTOWNのビートメイカー、MIKIがファースト・ソロ・アルバム『137』を発表
[インタビュー] より肉体的なものへ――神奈川・逗子を拠点とするHalf Mile Beach Clubが初の単独作を発表[インタビュー] “続編”ではなく“新作”を作ろう きゃりーぱみゅぱみゅ「きみのみかた」
[インタビュー] “俺の不幸で踊ってくれ!”――沖縄出身のラッパー、唾奇が最新作『道-TAO-』をリリース[特集] [LIVE Report] まっすぐな気持ちを届けてくれる藤田麻衣子の歌
[インタビュー] 自分というジャンルをちゃんと作りたい “シンガー・ソングライター”Nao Kawamura初のフル・アルバム『Kvarda』[インタビュー] 「アワ・マン・イン・トーキョー〜バラッド・オブ・シン・ミヤタ」、宮田 信の仕事とは?
新譜情報
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
データ提供サービス
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015