ニュース

〈カリコレ2017〉開催、瑛太と佐藤江梨子の共演作「リングサイド・ストーリー」やジャームッシュ最新作を上映

2017/05/19 13:53掲載
はてなブックマークに追加
〈カリコレ2017〉開催、瑛太と佐藤江梨子の共演作「リングサイド・ストーリー」やジャームッシュ最新作を上映
 東京・新宿シネマカリテを会場に、ジャンルや国籍を越え、新作、旧作、未公開作を織り交ぜた独自の映画祭“カリコレ2017”こと〈カリテ・ファンタスティック!シネマコレクション2017〉が、7月15日(土)〜8月18日(金)の5週間にわたり開催されます。

 今年のオープニング作品は『百円の恋』で知られる武 正晴監督が、瑛太佐藤江梨子を迎えて撮りあげた「リングサイド・ストーリー」。クロージング作品として、ジム・ジャームッシュが8年の歳月をかけてバンド“ザ・ストゥージズ”に迫った音楽ドキュメント「ギミー・デンジャー」が上映されます。また10月公開予定の太賀中村 蒼矢本悠馬染谷将太の共演作「ポンチョに夜明けの風はらませて」が先行プレミア上映されるほか、『ヤング・アダルト・ニューヨーク』のノア・バームバックと『マッド・ガンズ』のジェイク・パルトロウ両監督が、『スカーフェイス』『カリートの道』で知られる“映像の魔術師”ブライアン・デ・パルマ監督を追うドキュメンタリー「デ・パルマ」、ユアン・マクレガーの初長編監督作「アメリカン・テロリスト」なども上映されます。

拡大表示拡大表示

 さらに、オリジナル企画〈大井武蔵野館MEMORIAL〉では、土方 巽の怪演が光る石井輝男監督作「江戸川乱歩全集 恐怖奇形人間」、〈ベスト・アクション復活祭'17〉では、安いワインを呑んだ人間がドロドロに溶けていく80年代インディペンデント・ホラーの傑作「吐きだめの悪魔」のHDヴァージョンも上映。詳しい上映スケジュールはオフィシャル・サイトをご覧ください。

拡大表示拡大表示


カリテ・ファンタスティック!シネマコレクション2017
qualite.musashino-k.jp/quali-colle2017

2017年7月15日(土)〜8月18日(金)
新作 1,500円 / 旧作 1,000円
※新作はリピート割で1,200円

[上映作品]
「リングサイド・ストーリー」
「ギミー・デンジャー」
「デ・パルマ」
「アメリカン・テロリスト」
「ハンズ・オブ・ストーン」
「ウーナ」
「ポンチョに夜明けの風はらませて」
「さよなら、ぼくのモンスター」
「フィアー・インク」
「キャット・ファイト」
「ウィンター・ドリーム 氷の黙示録」
「バタリオン ロシア婦人決死隊VSドイツ軍」
「江戸川乱歩全集 恐怖奇形人間」
「吐きだめの悪魔」(HDバージョン)ほか


©カリテ・ファンタスティック!シネマコレクション2017実行委員会
©2016 Low Mind Films Inc
©2016 Empire Ward Pictures. All Rights Reserved.
©東映
©1987 Roy Frumkes Productions,Inc. All Rights Reserved.
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] Less Than TV25周年 大石規湖監督が記録した“ある家族”の日常、ドキュメンタリー映画「MOTHER FUCKER」[インタビュー] ISEKIが追求する“自分らしさ”とは J-POPカヴァー集第2弾『AOR FLAVA -sweet blue-』
[インタビュー] アイドルやめた――“渋谷系ガールズロックユニット”に転身したCANDY GO!GO!のリアル[インタビュー] KANDYTOWNの新たな方向性も感じさせるソロ・アルバム、MUD『Make U Dirty』
[インタビュー] 音楽にとどまらない、発想としての面白さ――ジェフ・パーカーがゆっくり語る『The New Breed』[インタビュー] トロピカルハウスを取り入れても、最後は自分たちの曲になる ココロオークションの自信と革新性
[インタビュー] 良い意味で遠回りをしてきた――20周年を前に、韻シストが開けた次への扉[インタビュー] 過去を否定せず、未来を大切にする 渡瀬マキが語る“Fresh”なLINDBERG
[インタビュー] ファースト・キスは1回しかないのがいい メンバーの“リアル”を大声で歌うロック・バンド、The MANJI[インタビュー] “熱さ”が戻ってきた――ユニットとしての自覚が芽生えた“今のChu-Z”
[インタビュー] 便利で何でも手に入る時代だからこそ必要なこと――須永辰緒が導くジャズ最前線[インタビュー] 深くて豊かな音楽を目指した“名盤” 石橋 凌『may Burn!』
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015