ニュース

DiDit High-End社から洗練デザインの最新USB-DAC / ヘッドフォンアンプが新登場

2017/05/19 14:22掲載
はてなブックマークに追加
DiDit High-End社から洗練デザインの最新USB-DAC / ヘッドフォンアンプが新登場
 株式会社トライオードが、2007年オランダで設立されたオーディオメーカー「DiDit High-End」社の最新DAC / ヘッドフォンアンプ「DAC212SE」(450,000円)を発売。

 「DiDit High-End」社は、洗練されたデザインと高性能・高音質を兼ね備えた製品作りを目指し、“音楽への情熱とデジタルオーディオへの熱い想いを共有した”4人のエンジニアによって創立された最新デジタルオーディオブランド。

 「DAC212SE」の筐体は無垢のアルミ削り出しで振動を吸収し、内部の4層のプリント基板を振動から保護。高度なバランス回路設計により色付けのない優れた音楽性と確かな音質を保証。ほとんどのハイレゾ信号に対応し、SPDIFおよびAES/EBU入力は最大192kHzのPCM、USB経由では384kHzおよびDSD512まで対応しています。あらゆるヘッドフォンを容易に駆動できる非常に強力な出力段が装備され、低インピーダンスの出力段は、様々な条件下で絶対的な安定性を維持しながら、莫大な電力を供給可能。追加のヘッドフォンアンプは不要です。

DiDit High-End
「DAC212SE」

デジタルプリアンプ / ヘッドフォンアンプ
450,000円
周波数特性: DC〜50kHz(±0.1dB) / DC〜90kHz(−3dB)
S/N比: 135dB(1kHz)
XLR出力: 4000mW / 32Ω
ヘッドフォン出力: 500mW/32Ω
出力構成: DCカップリング
出力インピーダンス: 1.6Ω
対応サンプリングレート: 44.1kHz〜384kHz
DSDビットレート: DSD64〜DSD512
DXDサンプルレート: DXD352.8〜DXD384
Bluetooth: aptX / AAC / MP3
入力端子: XLR AES/EBU / 同軸SPDIF x 2 / 光SPDIF / USB / I2S(HDMI)
出力端子: XLRバランス / ヘッドフォン(6.3mm標準ジャック)
その他端子: 3.5mmDiDiTリンク端子 / mini USB(ソフトウェアアップデート用)
外形寸法: W212 x D212 x H50mm
質量: 2.7kg
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] Less Than TV25周年 大石規湖監督が記録した“ある家族”の日常、ドキュメンタリー映画「MOTHER FUCKER」[インタビュー] ISEKIが追求する“自分らしさ”とは J-POPカヴァー集第2弾『AOR FLAVA -sweet blue-』
[インタビュー] アイドルやめた――“渋谷系ガールズロックユニット”に転身したCANDY GO!GO!のリアル[インタビュー] KANDYTOWNの新たな方向性も感じさせるソロ・アルバム、MUD『Make U Dirty』
[インタビュー] 音楽にとどまらない、発想としての面白さ――ジェフ・パーカーがゆっくり語る『The New Breed』[インタビュー] トロピカルハウスを取り入れても、最後は自分たちの曲になる ココロオークションの自信と革新性
[インタビュー] 良い意味で遠回りをしてきた――20周年を前に、韻シストが開けた次への扉[インタビュー] 過去を否定せず、未来を大切にする 渡瀬マキが語る“Fresh”なLINDBERG
[インタビュー] ファースト・キスは1回しかないのがいい メンバーの“リアル”を大声で歌うロック・バンド、The MANJI[インタビュー] “熱さ”が戻ってきた――ユニットとしての自覚が芽生えた“今のChu-Z”
[インタビュー] 便利で何でも手に入る時代だからこそ必要なこと――須永辰緒が導くジャズ最前線[インタビュー] 深くて豊かな音楽を目指した“名盤” 石橋 凌『may Burn!』
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015