ニュース

“70'sニュー・ロック”コンピ盤、登場!

2004/11/01掲載(Last Update:08/03/31 17:40)
はてなブックマークに追加
 60年代後半、日本版ビートルズを数多く生み出したといえるグループ・サウンズ(GS)が沈静して以降、70年代に入ると、日本のポピュラー・ミュージック界はフォーク、ニュー・ミュージックといわれる音楽が主流となったと言われますが、その影では、激動していた当時のアメリカ、イギリスのロックと歩調を合わせ、今に通じるほどの強烈な個性とサウンドを残した“ニュー・ロック”といえる先達が数多く活躍していました。そのことをあらためて教えてくれるコンピレーション『極東ニューロックコレクション“70s LEGEND”』(TOCT-25555 \2,000(税込))が12月8日に登場!

 収録予定曲は、映画公開が間近に迫るゴールデン・カップスによる、日本初のガレージ・ロック・ナンバーといえそうな「Hey Joe」をはじめ、お囃子とレッド・ツェッペリンのハード・ロックが合体したようなモップスの「御意見無用」(写真はモップス70年の作品『御意見無用(いいじゃないか)』)、RCサクセションのソウルフルな名曲「スロー・バラード」などなど、J-POPに馴れた耳で聴いても新鮮な名曲揃い。ちなみに監修は、裏名曲を集めた通向けのコンピ盤『男 宇宙』を手がけたほか、CDジャーナル本誌でもおなじみの湯浅学氏。収録予定曲は以下の通りです。


『極東ニューロックコレクション“70s LEGEND”』
(01)Hey Joe(The Golden Cups)
(02)Back In The U.S.S.R.(Power House)
(03)御意見無用(いいじゃないか)(Mops)
(04)Love In Flora(Rouge)
(05)Automatic Pilot(Vodka Collins)
(06)銃をとれ!〜マラブンタ・バレー〜
(07)Spinning Toe-Hold(Creation)
(08)タイムマシンにおねがい(Sadistic Mika Band)
(09)Beautiful Morning(East)
(10)君の瞳をみつめて(The Happenings Four)
(11)空飛ぶ円盤に弟が乗ったよ(四人囃子)
(12)Smokey(Char)
(13)外道(外道)
(14)スロー・バラード(The RC Succession)
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] 角銅真実&西田修大が語る石若 駿『Songbook2』[特集] [LIVE Report] 愛され続けるシンガー・ソングライター藤田麻衣子のオール『緋色の欠片』曲によるスペシャル・ライヴ!
[インタビュー] 秋本帆華が語るチームしゃちほこの“これまで”と“これから”[インタビュー] 原点回帰を経て再確認した“本気”の在り所 加藤和樹『SPICY BOX』
[インタビュー] “世界の先端で戦うということ” BIGYUKI『リーチング・フォー・ケイローン』[インタビュー] 音楽の“過去と未来”とを想像力でつないでみせる歌 高田 漣『ナイトライダーズ・ブルース』
[インタビュー] 永遠に愛される曲を目指して――サラ・オレインが真価を発揮した『Cinema Music』[インタビュー] ノリとヴァイブスだけで作った音楽を“ヒップホップ”としてパッケージ化する GRADIS NICE & YOUNG MAS(Febb)
[インタビュー] 密接な関係性ありきの音楽 MIKUMARI×OWL BEATS『FINEMALT NO.7』[インタビュー] (想像以上に)挙動不審!? 廣瀬真理子が総勢22人の“ドリアンな奴ら”を率いてアルバムをリリース
[インタビュー] 「知らない土地で出会う風景や人から音楽が生まれる」 ――ピアニスト、ジェイコブ・コーラーが描くシネマティックな世界[インタビュー] 上原ひろみが驚異のハープ奏者エドマール・カスタネーダとのデュオ・プロジェクトを始動
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015