banner image
 
ニュース

“70'sニュー・ロック”コンピ盤、登場!

2004/11/01掲載(Last Update:08/03/31 17:40)
 60年代後半、日本版ビートルズを数多く生み出したといえるグループ・サウンズ(GS)が沈静して以降、70年代に入ると、日本のポピュラー・ミュージック界はフォーク、ニュー・ミュージックといわれる音楽が主流となったと言われますが、その影では、激動していた当時のアメリカ、イギリスのロックと歩調を合わせ、今に通じるほどの強烈な個性とサウンドを残した“ニュー・ロック”といえる先達が数多く活躍していました。そのことをあらためて教えてくれるコンピレーション『極東ニューロックコレクション“70s LEGEND”』(TOCT-25555 \2,000(税込))が12月8日に登場!

 収録予定曲は、映画公開が間近に迫るゴールデン・カップスによる、日本初のガレージ・ロック・ナンバーといえそうな「Hey Joe」をはじめ、お囃子とレッド・ツェッペリンのハード・ロックが合体したようなモップスの「御意見無用」(写真はモップス70年の作品『御意見無用(いいじゃないか)』)、RCサクセションのソウルフルな名曲「スロー・バラード」などなど、J-POPに馴れた耳で聴いても新鮮な名曲揃い。ちなみに監修は、裏名曲を集めた通向けのコンピ盤『男 宇宙』を手がけたほか、CDジャーナル本誌でもおなじみの湯浅学氏。収録予定曲は以下の通りです。


『極東ニューロックコレクション“70s LEGEND”』
(01)Hey Joe(The Golden Cups)
(02)Back In The U.S.S.R.(Power House)
(03)御意見無用(いいじゃないか)(Mops)
(04)Love In Flora(Rouge)
(05)Automatic Pilot(Vodka Collins)
(06)銃をとれ!〜マラブンタ・バレー〜
(07)Spinning Toe-Hold(Creation)
(08)タイムマシンにおねがい(Sadistic Mika Band)
(09)Beautiful Morning(East)
(10)君の瞳をみつめて(The Happenings Four)
(11)空飛ぶ円盤に弟が乗ったよ(四人囃子)
(12)Smokey(Char)
(13)外道(外道)
(14)スロー・バラード(The RC Succession)
オール・ジャンル 最新ニュース
 
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] サム・リー×東野珠実(笙)、稲葉明徳(篳篥) 英国と日本、2国の伝統音楽が交わる一夜限りのコンサート[インタビュー] 【伊藤ゴロー Ito Goro】ジャキス・モレレンバウムとともに、アントニオ・カルロス・ジョビンの楽曲を中心に録音したデュオ・アルバムを発表
[インタビュー] 森は生きている、さらなる音楽的進化を遂げた2nd アルバム『グッド・ナイト』完成![インタビュー] “正解はあるというゲーム”――東京ノイズ・アーキテクトENDON、初のフル・アルバム『Mama』をリリース
[インタビュー] 清 竜人25特集: 清 竜人 ロング・インタビュー[インタビュー] “冬の匂いから蘇る記憶”をテーマにした、Salley、極上のウィンター・ソングが完成!
[インタビュー] ギタリスト小沼ようすけがジャズへの思いを素直に出したアルバムを作った理由[特集] 特集:アップアップガールズ(仮)は一体何処で戦っているんだっ!!
※ 弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015