ニュース

“70'sニュー・ロック”コンピ盤、登場!

2004/11/01掲載(Last Update:08/03/31 17:40)
 60年代後半、日本版ビートルズを数多く生み出したといえるグループ・サウンズ(GS)が沈静して以降、70年代に入ると、日本のポピュラー・ミュージック界はフォーク、ニュー・ミュージックといわれる音楽が主流となったと言われますが、その影では、激動していた当時のアメリカ、イギリスのロックと歩調を合わせ、今に通じるほどの強烈な個性とサウンドを残した“ニュー・ロック”といえる先達が数多く活躍していました。そのことをあらためて教えてくれるコンピレーション『極東ニューロックコレクション“70s LEGEND”』(TOCT-25555 \2,000(税込))が12月8日に登場!

 収録予定曲は、映画公開が間近に迫るゴールデン・カップスによる、日本初のガレージ・ロック・ナンバーといえそうな「Hey Joe」をはじめ、お囃子とレッド・ツェッペリンのハード・ロックが合体したようなモップスの「御意見無用」(写真はモップス70年の作品『御意見無用(いいじゃないか)』)、RCサクセションのソウルフルな名曲「スロー・バラード」などなど、J-POPに馴れた耳で聴いても新鮮な名曲揃い。ちなみに監修は、裏名曲を集めた通向けのコンピ盤『男 宇宙』を手がけたほか、CDジャーナル本誌でもおなじみの湯浅学氏。収録予定曲は以下の通りです。


『極東ニューロックコレクション“70s LEGEND”』
(01)Hey Joe(The Golden Cups)
(02)Back In The U.S.S.R.(Power House)
(03)御意見無用(いいじゃないか)(Mops)
(04)Love In Flora(Rouge)
(05)Automatic Pilot(Vodka Collins)
(06)銃をとれ!〜マラブンタ・バレー〜
(07)Spinning Toe-Hold(Creation)
(08)タイムマシンにおねがい(Sadistic Mika Band)
(09)Beautiful Morning(East)
(10)君の瞳をみつめて(The Happenings Four)
(11)空飛ぶ円盤に弟が乗ったよ(四人囃子)
(12)Smokey(Char)
(13)外道(外道)
(14)スロー・バラード(The RC Succession)
オール・ジャンル 最新ニュース
 
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] やりたいこと全部やりたい――フロリダ対談 テンテンコ x 滝沢朋恵[インタビュー] 【Citizens! シチズンズ!】 ヨーロッパ文化の塊を音楽で表現した、ポップでダンサブルな2ndアルバム
[特集] 『FILMAGE』DESCENDENTS / ALL鼎談 川崎英和 x 磯部正文 x 原 直央[インタビュー] 【清水靖晃&サキソフォネッツ】バッハは、音楽が形式として固まる以前の細胞を引き継いでいると思うんです――『ゴルトベルク変奏曲』全曲録音盤がついに完成
[インタビュー] 吉川 友「花」 鼎談 UFC_de_staff x Universal_RM x michitomo x 南波一海[インタビュー] 遊ぶこと、楽しむこと、戦うこと。RANKIN TAXI新作『RUFF GUIDE TO...RANKIN TAXI』
[インタビュー] 2台のピアノで音を紡いでいるようでいて、少しずつ世界が変容している――向井山朋子、ゲラルド・バウハウスとの「カント・オスティナート」をリリース[特集] 九龍ジョー x 松永良平 『メモリースティック』をめぐって
※ 弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015