ニュース

映画「カーズ / クロスロード」製作陣が作品の魅力について語ったコメント公開

ボブ・ピーターソン   2017/07/14 14:14掲載
はてなブックマークに追加
映画「カーズ / クロスロード」製作陣が作品の魅力について語ったコメント公開
 ディズニー / ピクサーによる人気シリーズ『カーズ』の最新作「カーズ / クロスロード」が7月15日(土)より全国でロードショー。封切を間近に控え、脚本を手がけたマイク・リッチをはじめ、製作陣が本作の魅力について語ったコメントが公開されています。

 主人公のレーサー“マックィーン”が、台頭してくる新世代のレーサーに太刀打ちできなくなるも、再起をかけて奮闘する姿が感動を誘うと話題の本作。脚本を手がけたリッチはストーリーについて「もう終わりにしたいのか、それとも何とかして続けたいのか。これは競争だけではなく、誰もが人生のどこかで経験する真実です」とコメント。同じく脚本を手がけたボブ・ピーターソンは、挫折を味わい人生の岐路に立たされる主人公の姿をよりリアルに描くために、アスリートたちの人生を取り上げたドキュメンタリーを研究。ピーターソンは「マイケル・ジョーダンをはじめとした一流アスリートたちの話を参考にした」と明かしました。また、監督のブライン・フィーは、本作について「若いアーティストたちがピクサーにやって来る。彼らは僕よりも上手く絵を描けるんだ。どんな人も、誰かもっと若い人がやって来た時に、自分がもう通用しないように感じ始める。だから、誰にでも理解できると思うんだ」とコメントしています。



「カーズ / クロスロード」
2017年7月15日(土)より全国でロードショー
www.disney.co.jp/movie/cars-crossroad

[あらすじ]
華々しく活躍してきた天才レーサー“マックィーン”は、これからも走り続けると信じていた。しかし、彼を待ち受けていたのは、最新テクノロジーを限界まで追求したストームをはじめとする新たな世代の台頭と、レース人生を揺るがす衝撃的な大クラッシュだった。夢の続きか、それとも新たな道か?“人生の岐路”に立つマックィーンの運命を左右するのは、レーサーに憧れ夢を諦めた過去を持つトレーナー、新たな相棒クルーズだった――

監督: ブライン・フィー
製作総指揮: ジョン・ラセター

 
配給: ウォルト・ディズニー・ジャパン
©2017 Disney/Pixar. All Rights Reserved.
オール・ジャンル 最新ニュース
 
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] 「でもしょうがないんだよね」と言ってほしい。言ってあげたい――ヒグチアイの“らしさ”が詰まった『日々凛々』[インタビュー] ある意味ニセモノ──半田健人が構築した“メタ・フォーク”アルバム『生活』
[インタビュー] 人を思って、願う気持ちが愛情――YU-A、3年振りの新作『OFF』[インタビュー] やらせたらスゴい──不良のメンタリティとストイックな姿勢を併せ持つラッパー・デュオ、GAZZA CROOKS
[インタビュー] 音楽を作り、演奏する――“覇道を往く”陰陽座の決意表明[インタビュー] GFRIEND 巷で噂のK-POPグループ、日本本格上陸
[インタビュー] シャープだけど薄くない、ただただカッコイイことだけをやりたいグループ――Cracks Brothers[インタビュー] 歌声で彩りを――“ヴォーカル”グループとして新たな道を切り拓くCOLOR CREATION
[インタビュー] パーティは終わった――2018年、STRUGGLE FOR PRIDEが贈る憎しみの音楽[インタビュー] もう変わる必要はないし、これをずっとやっていけばいい “時代を逆走する”小林太郎の決意と信念
[インタビュー] 原動力は愛、すべてのものへの愛――般若『話半分』[インタビュー] 限りあるこの日々を追い続けよう――伝説のアイドル、セイントフォー再始動
新譜情報
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
データ提供サービス
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015