ニュース

映画「悪女 / AKUJO」、エクストリームなアクションシーンを捉えた予告編公開

キム・オクビン   2017/11/14 14:05掲載
はてなブックマークに追加
映画「悪女 / AKUJO」、エクストリームなアクションシーンを捉えた予告編公開
 第70回〈カンヌ国際映画祭〉公式招待作品として“ミッドナイト・スクリーニング部門”にて上映された韓国発のヒロインアクション映画「悪女 / AKUJO」が、2018年2月10日(土)より東京・角川シネマ新宿ほかにてロードショー。封切に先駆けて、主演のキム・オクビンのアクションシーンを収めた予告編が公開されています。

 「悪女 / AKUJO」は『殺人の告白』を手がけたチョン・ビョンギルが監督を担当。犯罪組織の殺し屋として育てられ、最愛の人を殺されたオクビン演じる女殺し屋“スクヒ”が、国家直属の殺し屋として過酷なミッションに挑む姿を描いています。

 撮影日数のうち、およそ9割がアクションシーンの撮影に費やされたという本作。公開された予告編はFPSゲームを思わせる一人称視点で展開される銃撃戦や疾走する車のボンネットからバスへ飛び移るシーンなど、エクストリームなアクションを捉えています。テコンドーとハプキドーの黒帯を持つというオクビンがほとんどのアクションシーンを自ら演じています。

 なお監督のチョン・ビョンギルは12月に来日。本作のプレミア上映会に登壇予定です。



「悪女 / AKUJO」
2018年2月より東京 角川シネマ新宿ほか全国で公開
akujo-movie.jp

[あらすじ]
犯罪組織の殺し屋として育てられたスクヒは、育ての親ジュンサンにいつしか恋心を抱き、結婚する。甘い新婚生活に胸躍らせていた矢先、ジュンサンは敵対組織に無残に殺害されてしまい、逆上したスクヒは復讐を実行。しかしその後、スクヒは国家組織に拘束されてしまい、ミッションを10年間つとめたのち自由の身になるという条件のもと、国家直属の暗殺者として第2の人生を歩み始める。やがて新たに運命の男性に出会い幸せを誓うが、結婚式の日に新たなミッションが降りかかり――

監督: チョン・ビョンギル
出演: キム・オクビン / シン・ハギュン / ソンジュン / キム・ソヒョン


2017 / 韓国 / カラー / R15+
配給: KADOKAWA
©2017 NEXT ENTERTAINMENT WORLD & APEITDA. All Rights Reserved.
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] もう変わる必要はないし、これをずっとやっていけばいい “時代を逆走する”小林太郎の決意と信念[インタビュー] 原動力は愛、すべてのものへの愛――般若『話半分』
[インタビュー] 限りあるこの日々を追い続けよう――伝説のアイドル、セイントフォー再始動[インタビュー] “生き様が音楽に現れる。だからこそどう生きるかが重要”――デビュー30周年を迎えた寺井尚子
[インタビュー] “シンガー・ソングライターとして”前に進むための一歩、山森大輔『銀のピストル』[インタビュー] 踊Foot Worksみたいなヤツ、いなくない? 自由奔放な音楽の魅力が詰まった『odd foot works』
[インタビュー] 屈強でしなやかな東京のヒップホップ――KANDYTOWNのビートメイカー、MIKIがファースト・ソロ・アルバム『137』を発表[インタビュー] より肉体的なものへ――神奈川・逗子を拠点とするHalf Mile Beach Clubが初の単独作を発表
[インタビュー] “続編”ではなく“新作”を作ろう きゃりーぱみゅぱみゅ「きみのみかた」[インタビュー] “俺の不幸で踊ってくれ!”――沖縄出身のラッパー、唾奇が最新作『道-TAO-』をリリース
[特集] [LIVE Report] まっすぐな気持ちを届けてくれる藤田麻衣子の歌[インタビュー] 自分というジャンルをちゃんと作りたい “シンガー・ソングライター”Nao Kawamura初のフル・アルバム『Kvarda』
新譜情報
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
データ提供サービス
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015