ニュース

月亭可朝、『いってる北朝鮮』とベスト・アルバムの発売記念イベントを東京・大阪にて開催

月亭可朝   2017/11/22 13:47掲載
はてなブックマークに追加
月亭可朝、『いってる北朝鮮』とベスト・アルバムの発売記念イベントを東京・大阪にて開催
 今年7月に「ハプニングレコード」よりEP『いってる北朝鮮ep』をリリースし、11月15日には傘寿と落語家生活60周年を記念した新曲入りベスト・アルバム『ザ・月亭可朝ベスト + 新曲』を発表した落語家・月亭可朝が、サウンドプロデューサーを務める「ハプニングレコード」オーナー・豊田道倫の主催で両作のリリース・イベントを東京・大阪にて開催。高座とは異なるギター漫談のステージが予定されています。

 〈真昼の四谷、可朝の会〉と題し、11月25日(土)に東京・四谷 OUTBREAK!にてお昼時に開催される東京編では、11月1日にフル・アルバム『IKAZUGOKE』をリリースしたばかりの“ヒップホップのような音楽”デュオIKAZUGOKE北村早樹子 + 飯田華子)が余興の音楽紙芝居を担当。ゲストに編集者・都築響一ROADSIDERS' weekly)を迎え、豊田を交えての鼎談も予定されています。2018年1月4日(木)に大阪・難波 BEARSにて開催される大阪編〈これが、ノイズ。〉には月亭可朝のほか、豊田道倫と角矢胡桃のデュオや、山本精一川本真琴も出演。

 なお、豊田道倫のブログ「新宿目黒ラナウェイ」には、イベントにかける熱意が綴られています。



ハプニングレコード presents
月亭可朝
『いってる北朝鮮 ep』『ザ・月亭可朝ベスト+新曲』CD発売記念イベント
真昼の四谷、可朝の会


2017年11月25日(土)
東京 四谷 OUTBREAK!
出演: 月亭可朝
ホスト: 豊田道倫(CDサウンドプロデューサー)
鼎談ゲスト: 都築響一
余興: IKAZUGOKE(北村早樹子 + 飯田華子)

開場 11:30 / 開演 12:00
予約 2,000円 / 当日 2,500円(税込 / 別途ドリンク代)
KIDS割引(小学生まで無料 / 別途ドリンク代)

※予約: info(at)hor-outbreak.com

月亭可朝
『いってる北朝鮮 ep』『ザ・月亭可朝ベスト+新曲』CD発売記念イベント
これが、ノイズ。


2018年1月4日(木)
大阪 難波 BEARS
出演:月亭可朝 / 山本精一 / 川本真琴 / 豊田道倫 & 角矢胡桃
開場 15:30 / 開演 16:00
前売 3,000円 / 当日 3,500円
※前売予約: namba-bears.main.jp/tickets.html
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] 好きなことや大事にしていることを信じて人生を謳歌しよう ベッド・イン『TOKYO』[インタビュー] 優しく奏でる篠笛で、安らぎにあふれた時間を――佐藤和哉が妹尾武と紡ぐ初のカヴァー・アルバム
[インタビュー] 常に上だけ見ていたい ゆるふわギャング“NENE”初のソロ・アルバムを発表[インタビュー] 歌声で本当の気持ちを伝えられれば一番いい 桐嶋ノドカ「言葉にしたくてできない言葉を」
[インタビュー] 月と対峙してきた人々の想いや営みを、ヴァイオリンの響きで――川井郁子、7年ぶりのオリジナル・アルバム『LUNA』[インタビュー] たぶん、生きる場所を作ってる――バンドマンという名の生活者、Yellow Studsの軌跡と未来
[インタビュー] キャッチーさとストレンジなフィーリングを併せ持つビートメイカー、その名はdoooo[インタビュー] いろんなジャンルの曲をクロマチックハーモニカでどう表現できるか――山下伶の全方位的な新作アルバム
[特集] 音楽好きだからこそハマってしまう! 『アイ★チュウ』のただならぬ中毒性とは?[インタビュー] 証人になって欲しい――ワンマン・ライヴ〈TAKE ME OUT〉開催を控えるlyrical schoolの“いま”
[インタビュー] 角銅真実&西田修大が語る石若 駿『Songbook2』[特集] [LIVE Report] 愛され続けるシンガー・ソングライター藤田麻衣子のオール『緋色の欠片』曲によるスペシャル・ライヴ!
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015