ニュース

ベルサン・プレゼンツ〈Futurama I〉にスガダイロー、世武裕子、桑原あいによるピアノ・トリオが登場

2017/11/28 21:34掲載
はてなブックマークに追加
ベルサン・プレゼンツ〈Futurama I〉にスガダイロー、世武裕子、桑原あいによるピアノ・トリオが登場
 東京・荻窪のライヴ・スペース“ベルベットサン”が手がけるシリーズ・イベント〈Futurama〉の第1弾となる〈Futurama I〉が、2018年1月15日(月)に東京・渋谷 WWWにて開催されます。出演は、スガダイロートリオ、世武裕子specifiqueトリオ、ai kuwabara the projectという気鋭ピアノ・トリオ3組のほか、谷王(a.k.a 大谷能生)とyurei + abelestがDJで登場。さらに、イベント当日はcooking songsによる“愛のセロニアスモンクチキンカレー”と、eetee食堂の“ペパーミントチキンカレー”が食べられるフード・コーナーも併設されます。

 音楽に留まらず演劇、ダンスなどジャンルを超えた異色の対決を重ね、日本のジャズ・シーンに旋風を巻き起こし続けるピアノの風雲児、スガダイロー率いるスガダイロートリオ。ベースに千葉広樹、ドラムに今泉総之輔が参加し、オリジナルからスタンダードまで、五感を刺激する演奏を展開。

 specifiqueトリオを率いる世武裕子は、パリの映画音楽学科を首席で卒業し、俳優学校にも在籍。映像や演技を学び、帰国後は数多くのTVドラマやCM音楽を手がけ、ゴシック・ニューウェイヴの旗手としても注目されています。メンバーにはDTMPでの活動も話題の常田大希、新世代ドラマーの筆頭、石若 駿が参加。新世代の俊英によるトリオで登場します。

 また、若手ジャズ・ピアニストNo.1の呼び声も高い桑原あいのai kuwabara the projectは、ベースに鳥越啓介、ドラムに千住宗臣が参加。ジャズにとどまらず、自由なフォーマットで桑原の音楽を表現するプロジェクトとなっています。

 イベントの詳細はベルベットサンのオフィシャル・サイトでご確認ください。

velvetsun presents Futurama
www-shibuya.jp/schedule/008505.php

2018年1月15日(月)
東京・渋谷 WWW
開場18:00 / 開演19:00

[Live]
スガダイロートリオ(スガダイロー / 千葉広樹 / 今泉総之輔)
世武裕子 specifique トリオ(世武裕子 / 常田大希 / 石若 駿)
ai kuwabara the project(桑原あい / 鳥越啓介 / 千住宗臣)

[DJ]
谷王(a.k.a 大谷能生 / Jazz Dommunisters)
yurei + abelest


[チケット]
座席 前売 4,500円 / 当日 5,000円
立見 前売 3,000円 / 当日 3,800円
※自由席・限定100席
※税込 / 別途ドリンク代
オール・ジャンル 最新ニュース
 
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] パーティは終わった――2018年、STRUGGLE FOR PRIDEが贈る憎しみの音楽[インタビュー] 歌声で彩りを――“ヴォーカル”グループとして新たな道を切り拓くCOLOR CREATION
[インタビュー] もう変わる必要はないし、これをずっとやっていけばいい “時代を逆走する”小林太郎の決意と信念[インタビュー] 原動力は愛、すべてのものへの愛――般若『話半分』
[インタビュー] 限りあるこの日々を追い続けよう――伝説のアイドル、セイントフォー再始動[インタビュー] “生き様が音楽に現れる。だからこそどう生きるかが重要”――デビュー30周年を迎えた寺井尚子
[インタビュー] “シンガー・ソングライターとして”前に進むための一歩、山森大輔『銀のピストル』[インタビュー] 踊Foot Worksみたいなヤツ、いなくない? 自由奔放な音楽の魅力が詰まった『odd foot works』
[インタビュー] 屈強でしなやかな東京のヒップホップ――KANDYTOWNのビートメイカー、MIKIがファースト・ソロ・アルバム『137』を発表[インタビュー] より肉体的なものへ――神奈川・逗子を拠点とするHalf Mile Beach Clubが初の単独作を発表
[インタビュー] “続編”ではなく“新作”を作ろう きゃりーぱみゅぱみゅ「きみのみかた」[インタビュー] “俺の不幸で踊ってくれ!”――沖縄出身のラッパー、唾奇が最新作『道-TAO-』をリリース
新譜情報
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
データ提供サービス
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015