ニュース

「Rhizomatiks」主催の“忘年会”にOL Killer、Seiho出演が決定

2017/12/20 14:25掲載
はてなブックマークに追加
「Rhizomatiks」主催の“忘年会”にOL Killer、Seiho出演が決定
 今年もOK GONosaj Thingとの再コラボレーションや〈Sónar〉へのインスタレーション出展など音楽関連に絞っても話題に事欠かず、4月に東京・南青山 Spiralにて行った創立10周年記念展〈Rhizomatiks 10〉も話題となった技術者集団「Rhizomatiks」(株式会社ライゾマティクス)が、毎年恒例の“忘年会”を〈Don't believe the hype〉と銘打って12月20日(水)に東京・神宮前 TRUNK(HOTEL)にて開催。開場に先駆けてタイムテーブルが公開されています。

 すでに出演が発表されていたAOKI takamasa、真鍋大度(Rhizomatiks Research)、落合宏理(FACETASM)、Licaxxx、黒瀧節也(Rhizomatiks Research)、三田真一、田中裕介(Cavier)に加え、DJ AkariやOL Killer、Seihoらの出演も決定。MIKIKO先生やスペシャル・ゲストらを交えてのトークショウも、各セクションのお題が明かされています。なお、AOKI takamasa、Seiho、Licaxxxおよびスペシャル・ゲストが出演するメイン・ホールには、旧東ドイツ生まれの「musikelectronic geithain」社によるハイエンド・スピーカーを設置。音響面でも拘りを見せています。詳しくは特設ページにてご確認ください。

拡大表示


RHIZOMATIKS YEAR END PARTY 2017
“Don't believe the hype”
Fu**! the media, marketing, buzz, or rumors around a story, object person? it’s nothing special.

rhizomatiks.com/s/event/year_end_2017

2017年12月20日(水)
東京 神宮前 TRUNK(HOTEL)
開演 19:00 / 終演 24:00(予定)
前売 3,500円(税込 / 限定200枚)
当日 4,000(税込 / 19:00より販売開始)
※枚数に限りがございます。予めご了承下さい。


[出演]
DJ Akari / AOKI takamasa / 真鍋大度(Rhizomatiks Research) / 平田春果 / 落合宏理(FACETASM) / Kunihiko Morinaga(ANREALAGE) / Licaxxx / MIKIKO / OL Killer / RICO HILOTA / Seiho / 黒瀧節也(Rhizomatiks Research) / 三田真一 / 相澤陽介(White Mountaineering) / 田中裕介(Caviar)
オール・ジャンル 最新ニュース
 
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] スペシャルインタビュー 坂本慎太郎[インタビュー] 飼い慣らされない女たち――キノコホテル創業10周年 マリアンヌ東雲が2017年を振り返る
[インタビュー] 静的でありながら“不穏の予感”それでいて“快楽そのもの” ギリシャラブ・天川悠雅が目指す、理想の音楽[インタビュー] 西恵利香、2018年へ “いつでもそこで歌ってる人でありたい”
[インタビュー] サクソフォン奏者として、新たにバッハの音楽に息を吹き込む――上野耕平が挑むJ.S.バッハの無伴奏作品集[インタビュー] ビッグバンドは一生もの!――守屋純子がジャズ100周年を祝う「The 100th Anniversary of Jazz: Legends of Yesterday and Today」
[インタビュー] 新しい風が吹いている――吉田ヨウヘイgroupが『ar』で目指したバンド・サウンド[インタビュー] 好きなことや大事にしていることを信じて人生を謳歌しよう ベッド・イン『TOKYO』
[インタビュー] 優しく奏でる篠笛で、安らぎにあふれた時間を――佐藤和哉が妹尾武と紡ぐ初のカヴァー・アルバム[インタビュー] 常に上だけ見ていたい ゆるふわギャング“NENE”初のソロ・アルバムを発表
[インタビュー] 歌声で本当の気持ちを伝えられれば一番いい 桐嶋ノドカ「言葉にしたくてできない言葉を」[インタビュー] 月と対峙してきた人々の想いや営みを、ヴァイオリンの響きで――川井郁子、7年ぶりのオリジナル・アルバム『LUNA』
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015