ニュース

〈ゴールデン・グローブ賞〉作曲賞を受賞  映画「シェイプ・オブ・ウォーター」のサントラ発売

2018/01/11 14:47掲載
はてなブックマークに追加
 1月7日に授賞式が行われた第75回〈ゴールデン・グローブ賞〉にて、作曲賞と監督賞の2冠に輝いたギレルモ・デル・トロ監督作品「シェイプ・オブ・ウォーター」のオリジナル・サウンドトラック盤(UCCL-1201 2,700円 + 税)が2月28日(水)に発売されます。

 スコアを作曲したのは、『英国王のスピーチ』『ハリー・ポッターと死の秘宝 PART1 / PART2』『GODZILLA ゴジラ』などを手がけ、『グランド・ブダペスト・ホテル』でオスカーに輝いた作曲家のアレクサンドル・デスプラロンドン交響楽団を迎え、ロンドンのアビイ・ロード・スタジオにて録音されました。新録のヴォーカル・ナンバーとして、ルネ・フレミングがスタンダード・ナンバーの「ユール・ネヴァー・ノウ」、マデリン・ペルーセルジュ・ゲンズブールの名曲「ラ・ジャヴァネーズ」を歌うほか、カルメン・ミランダグレン・ミラーなどの往年の録音もあわせて収録されています。

 アレクサンドル・デスプラは本作に携わるきっかけについて「このプロジェクトについてはギレルモから数年前に聞いていた。作品のファースト・カットを観たときには驚愕したよ。彼はミュージカルを撮っていたけど、音楽はまだ書かれていなかったんだ。ギレルモが提供してくれた詩的な世界が、完璧なカメラの動きの優雅さによって引き立てられ、本当に貴重な贈り物となった」と述べています。

 「シェイプ・オブ・ウォーター」は、1962年米ソ冷戦時代のアメリカが舞台。政府の極秘研究所で清掃員として働く発話障害の孤独な女性、イライザ(サリー・ホーキンス)を主人公に、彼女が極秘実験の水槽で飼われている不思議な生物と交流を深め、次第に神のように崇められていたという“彼”の魅惑的な姿に心を奪われ恋に落ちます。2018年3月1日(木)より東京・有楽町 TOHOシネマズシャンテほかにてロードショー。



■2018年2月28日(水)発売
アレクサンドル・デスプラ
シェイプ・オブ・ウォーター』OST

UCCL-1201 2,700円 + 税

[収録曲]
01. シェイプ・オブ・ウォーター
02. ユール・ネヴァー・ノウ/ルネ・フレミング(vo)
03. 不思議な生きもの
04. イライザのテーマ
05. 指2本
06. スパイの密会
07. イライザとゼルダ
08. 五つ星元帥
09. サイレンス・オブ・ラヴ
10. ゆでたまご
11. それは、いけないこと
12. 水の中の口づけ
13. 逃走
14. 銀幕のルツを見つめて…
15. まともな男
16. 彼が来る!
17. 愛が溢れ出る
18. あなたなしで
19. 雨の日
20. 声をなくした王女
21. ラ・ジャヴァネーズ / マデリン・ペルー(vo)
22. アイ・ノウ・ホワイ / グレン・ミラー&ヒズ・オーケストラ
23. チカ・チカ・ブーン・チック / カルメン・ミランダ(vo)
24. ババルー / カテリーナ・ヴァレンテ(vo)、シルヴィオ・フランチェスコ(g)
25. 夏の日の恋 / アンディ・ウィリアムス(vo)
26. ユール・ネヴァー・ノウ(オルタナティヴ・ヴァージョン) / ルネ・フレミング(vo)
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] スペシャルインタビュー 坂本慎太郎[インタビュー] 飼い慣らされない女たち――キノコホテル創業10周年 マリアンヌ東雲が2017年を振り返る
[インタビュー] 静的でありながら“不穏の予感”それでいて“快楽そのもの” ギリシャラブ・天川悠雅が目指す、理想の音楽[インタビュー] 西恵利香、2018年へ “いつでもそこで歌ってる人でありたい”
[インタビュー] サクソフォン奏者として、新たにバッハの音楽に息を吹き込む――上野耕平が挑むJ.S.バッハの無伴奏作品集[インタビュー] ビッグバンドは一生もの!――守屋純子がジャズ100周年を祝う「The 100th Anniversary of Jazz: Legends of Yesterday and Today」
[インタビュー] 新しい風が吹いている――吉田ヨウヘイgroupが『ar』で目指したバンド・サウンド[インタビュー] 好きなことや大事にしていることを信じて人生を謳歌しよう ベッド・イン『TOKYO』
[インタビュー] 優しく奏でる篠笛で、安らぎにあふれた時間を――佐藤和哉が妹尾武と紡ぐ初のカヴァー・アルバム[インタビュー] 常に上だけ見ていたい ゆるふわギャング“NENE”初のソロ・アルバムを発表
[インタビュー] 歌声で本当の気持ちを伝えられれば一番いい 桐嶋ノドカ「言葉にしたくてできない言葉を」[インタビュー] 月と対峙してきた人々の想いや営みを、ヴァイオリンの響きで――川井郁子、7年ぶりのオリジナル・アルバム『LUNA』
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015