ニュース

セルジュ・ゲンズブール&ジェーン・バーキンの運命の出逢い 映画「スローガン」が3月にリヴァイヴァル上映

2018/02/02 13:55掲載
はてなブックマークに追加
セルジュ・ゲンズブール&ジェーン・バーキンの運命の出逢い 映画「スローガン」が3月にリヴァイヴァル上映
 セルジュ・ゲンスブールジェーン・バーキンが共演したラブ・ストーリー映画「スローガン」が、製作から50年、ゲンズブール生誕90年を記念してリヴァイヴァル上映。3月24日(土)より東京・新宿 K's cinemaほか全国にて順次公開となります。

 “1960年代の伝説のカップル”と呼ばれ、現在においても信奉者が絶えないラブ・ロマンスを育んだセルジュ・ゲンスブールとジェーン・バーキン。2人は本作での共演をきっかけとして実際に恋に落ち、世界にセンセーショナルな話題を振りまく時代のアイコンとなりました。日本では1995年に初公開され、2人の“神話的ロマンス”の始まり、運命の出逢いを写し撮った映画として話題を呼んだ作品です。

 ベニスで出会う男女の恋とその顛末を描くストーリーと共に注目されるのが、60年代のファッションや雰囲気を切り取った映像美と、ゲンスブール自身が担当した音楽。時を超えた2人の恋愛同様、現代のカルチャーにつながる洒脱なフランスの粋ともいえる映像と音楽が全編にわたって展開されています。

「スローガン」
2018年3月24日(土)より新宿K’s cinemaほかにて全国順次公開
slogan.onlyhearts.co.jp

[あらすじ]
40歳の鬼才CM監督セルジュ(ゲンズブール)は、ヴェネチアのCM映画祭で最高賞を獲得。ホテルのエレベータで23歳の英国美女エヴリン(バーキン)に出会う。彼は激しく一目惚れしてしまい、妊娠中の魅力的な妻フランソワと離婚しようとする。しかし、飽くことなき燃えるような情熱をもつ若い女性を恋人にするとそれはそれでいろいろな問題が沸き起こる……。

出演: セルジュ・ゲンズブール、ジェーン・バーキン、アンドレア・パリシィ、ジュリエット・ベルト
監督: ピエール・グランブラ
音楽: セルジュ・ゲンズブール
製作年: 1968年
製作国: フランス


配給: オンリー・ハーツ
©1969 HAMSTER FILMS - ORPHEE PRODUCTIONS
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] 原動力は愛、すべてのものへの愛――般若『話半分』[インタビュー] 限りあるこの日々を追い続けよう――伝説のアイドル、セイントフォー再始動
[インタビュー] “生き様が音楽に現れる。だからこそどう生きるかが重要”――デビュー30周年を迎えた寺井尚子[インタビュー] “シンガー・ソングライターとして”前に進むための一歩、山森大輔『銀のピストル』
[インタビュー] 踊Foot Worksみたいなヤツ、いなくない? 自由奔放な音楽の魅力が詰まった『odd foot works』[インタビュー] 屈強でしなやかな東京のヒップホップ――KANDYTOWNのビートメイカー、MIKIがファースト・ソロ・アルバム『137』を発表
[インタビュー] より肉体的なものへ――神奈川・逗子を拠点とするHalf Mile Beach Clubが初の単独作を発表[インタビュー] “続編”ではなく“新作”を作ろう きゃりーぱみゅぱみゅ「きみのみかた」
[インタビュー] “俺の不幸で踊ってくれ!”――沖縄出身のラッパー、唾奇が最新作『道-TAO-』をリリース[特集] [LIVE Report] まっすぐな気持ちを届けてくれる藤田麻衣子の歌
[インタビュー] 自分というジャンルをちゃんと作りたい “シンガー・ソングライター”Nao Kawamura初のフル・アルバム『Kvarda』[インタビュー] 「アワ・マン・イン・トーキョー〜バラッド・オブ・シン・ミヤタ」、宮田 信の仕事とは?
新譜情報
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
データ提供サービス
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015