ニュース

アート・パフォーマンス・グループGRINDER-MAN、新作〈SEE SAWを東京・シアタートラムで上演

2018/02/07 11:37掲載
はてなブックマークに追加
アート・パフォーマンス・グループGRINDER-MAN、新作〈SEE SAWを東京・シアタートラムで上演
 東京のアート・パフォーマンス・グループ“GRINDER-MAN(グラインダーマン)”の新作〈SEE SAW〉が、2月9日(金)から11日(日)までの3日間、東京・三軒茶屋 シアタートラムで上演されます。

 演出家・タグチヒトシと振付家 / ダンサー・伊豆牧子によるGRINDER-MANは、“いま・ここ”をとりいれた身体表現、舞台芸術の創造を目的に、国内外の劇場や美術館、フェスティヴァルなど多様な空間で作品を発表しています。

 6年ぶりとなる劇場作品〈SEE SAW〉は、“目の前(SEE)と向こう側(SAW)”という意味を持ち、2つに仕切られた劇場空間で同時に2つのダンスが進行。観客はいずれかを選択して鑑賞するという実験的な作品です。ステージには3人×2組のコンテンポラリー・ダンサーが登場し、音楽を畑中正人、映像をWOWが手がけています。

 公演の詳細は「SEE SAW」特設サイトでご確認ください。

GRINDER-MAN
「SEE SAW(シー・ソー)」

see.grinder-man.com

2018年2月9日(金) / 10日(土) / 11日(日)
東京 三軒茶屋 シアタートラム
一般前売 4,800円 / 一般当日 5,800円
劇場友の会・せたがやアーツカード 4,500円(前売のみ取扱)
LivePocket / 世田谷パブリックシアターチケットセンター 03-5432-1515(電話・窓口 / 10:00〜19:00) / 世田谷パブリックシアターオンラインチケット(24時間受付・要事前登録)


構成・演出: タグチヒトシ(GRINDER-MAN)
振付: 伊豆牧子(GRINDER-MAN)
出演: 生島 翔、小山柚香、背戸田勝敏、水村里奈、三橋俊平、横山真依
音楽: 畑中正人
映像: WOW


※各上演時間は120分。全席自由(入場整理番号付)
※上演時間中の入場受付は2回。いずれかの入場受付時間にお越しください(受付時間外の入場に制限あり)。
※詳しい観覧方法は当日配布パンフレットにてご案内いたします
※未就学児童の入場不可
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] 原動力は愛、すべてのものへの愛――般若『話半分』[インタビュー] 限りあるこの日々を追い続けよう――伝説のアイドル、セイントフォー再始動
[インタビュー] “生き様が音楽に現れる。だからこそどう生きるかが重要”――デビュー30周年を迎えた寺井尚子[インタビュー] “シンガー・ソングライターとして”前に進むための一歩、山森大輔『銀のピストル』
[インタビュー] 踊Foot Worksみたいなヤツ、いなくない? 自由奔放な音楽の魅力が詰まった『odd foot works』[インタビュー] 屈強でしなやかな東京のヒップホップ――KANDYTOWNのビートメイカー、MIKIがファースト・ソロ・アルバム『137』を発表
[インタビュー] より肉体的なものへ――神奈川・逗子を拠点とするHalf Mile Beach Clubが初の単独作を発表[インタビュー] “続編”ではなく“新作”を作ろう きゃりーぱみゅぱみゅ「きみのみかた」
[インタビュー] “俺の不幸で踊ってくれ!”――沖縄出身のラッパー、唾奇が最新作『道-TAO-』をリリース[特集] [LIVE Report] まっすぐな気持ちを届けてくれる藤田麻衣子の歌
[インタビュー] 自分というジャンルをちゃんと作りたい “シンガー・ソングライター”Nao Kawamura初のフル・アルバム『Kvarda』[インタビュー] 「アワ・マン・イン・トーキョー〜バラッド・オブ・シン・ミヤタ」、宮田 信の仕事とは?
新譜情報
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
データ提供サービス
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015