ニュース

水谷 晃とTAIRIKUが共演作『MIZUTANI×TAIRIKU』を発表 記念コンサート開催

2018/02/09 11:18掲載
はてなブックマークに追加
 東京交響楽団のコンサートマスター・水谷 晃(vn)と、インストゥルメンタル・ユニットTSUKEMENのリーダー・TAIRIKU(vn, va)による共演アルバム『MIZUTANI×TAIRIKU』(KICC-1437 3,000円 + 税)が2月14日(水)に発売。2月17日(土)には発売記念コンサート〈「月刊美楽」Presents MIZUTANI×TAIRIKU CONCERT2018〉が東京・赤坂 サントリーホールブルーローズにて開催されます。

 共に桐朋学園大学で学び、これまでに数多くの共演を重ねてきたという水谷とTAIRIKUによる本作は、ふたりにとってはある意味原点ともいえるクラシック曲のみを取り上げた作品。編曲者のもと、自由度の高い濃密なアンサンブルでヴァラエティ豊かなアプローチを披露しています。

■2018年2月14日(水)発売
水谷 晃 / TAIRIKU
『MIZUTANI×TAIRIKU』

KICC-1437 3,000円 + 税

[演奏]
水谷 晃(vn) / TAIRIKU(vn, va)

[収録曲]
01. パッサカリア
作曲 G.ヘンデル / 編曲 J.ハルヴォルセン
02. シチリアーノ
作曲 G.フォーレ / 編曲 木村 裕
03. ヴァイオリンとヴィオラのための二重奏曲 ト長調 K.423 第一楽章: アレグロ
作曲 W.A.モーツアルト
04. ヴァイオリンとヴィオラのための二重奏曲 ト長調 K.423 第二楽章: アダージョ
作曲 W.A.モーツアルト
05. ヴァイオリンとヴィオラのための二重奏曲 ト長調 K.423 第三楽章: ロンド、アレグロ
作曲 W.A.モーツアルト
06. アンダンテ・カンタービレ
作曲 P.チャイコフスキー / 編曲 木村 裕
07. ユーモレスク
作曲 A.ドヴォルザーク / 編曲 木村 裕
08. 誰も寝てはならぬ
作曲 G.プッチーニ / 編曲 鷹羽弘晃
09. ロンドンデリーの歌
伝承曲 / 編曲 長生 淳
10. ツィゴイネルワイゼン
作曲 P.サラサーテ / 編曲 チョー・タイシン
11. モルダウ
作曲 B.スメタナ / 編曲 長生 淳

「月刊美楽」Presents
MIZUTANI×TAIRIKU CONCERT2018

2018年2月17日(土)
東京 赤坂 サントリーホールブルーローズ
出演: 水谷 晃(vn) / TAIRIKU(vn, va)
開演 14:00
指定席 5,000円(税込)
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] とにかく一緒に制作するのが楽しい――“馴染んだ”PUSHIM×韻シスト『TO THE NEXT』[インタビュー] 一緒に挑戦していきたい――すべてを出すことができるアンサンブル“MIZUTANI×TAIRIKU”
[インタビュー] “雑食主義”のフィメール・ラッパー、HITが放つファースト・アルバム『THE HIT』![インタビュー] 一音一音の美しさを目指して――本田珠也がICTUS Trioを始動
[インタビュー] ジャズ・シンガーとして新たな一歩を踏み出したMoon『Kiss Me』[インタビュー] ソムリエのように、ピアノ音楽の楽しさを伝える――大井 健が初の映像作品『Piano Love The Movie』を発表
[インタビュー] 自分たちも知らない、さらなる可能性を求めて――DaizyStripper「4GET ME NOT」[インタビュー] スペシャルインタビュー 坂本慎太郎
[インタビュー] 飼い慣らされない女たち――キノコホテル創業10周年 マリアンヌ東雲が2017年を振り返る[インタビュー] 静的でありながら“不穏の予感”それでいて“快楽そのもの” ギリシャラブ・天川悠雅が目指す、理想の音楽
[インタビュー] 西恵利香、2018年へ “いつでもそこで歌ってる人でありたい”[インタビュー] サクソフォン奏者として、新たにバッハの音楽に息を吹き込む――上野耕平が挑むJ.S.バッハの無伴奏作品集
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015