ニュース

シカゴのジャズ・シンガー、ペトラ・ヴァン・ナウスがアンディ・ブラウンとのデュオで新作を発表

ペトラ・ヴァン・ナウス   2018/02/14 13:12掲載
はてなブックマークに追加
 米シカゴを拠点に活動している女性シンガー、ペトラ・ヴァン・ナウス(Petra Van Nuis)が、公私ともにパートナーのギタリスト、アンディ・ブラウン(Andy Brown)とのデュオで新作『トライ・トゥ・リメンバー』(MZCF-1367 2,400円 + 税)を2月21日(水)にリリース。

 ペトラ・ヴァン・ナウスは、米シンシナティ出身。クラシック・ピアニストの父親の影響で幼少期より音楽に親しみ、11歳でシンシナティ・オペラ・カンパニーでデビュー。大学卒業後もミュージカル・タレントとして活動しましたが、アンディ・ブラウンの影響でジャズ・シンガーに転向。シンシナティやニューヨークでの活動を経て、2004年からシカゴに拠点を移し、2009年にはブラウンとのデュオ作『いつも二人で』を発表。2011年には同作が日本でもリリースされ、ナウスのアストラッド・ジルベルトブロッサム・ディアリーを彷彿とさせるヴォーカル・スタイルや、ブラウンの正確なギター・テクニックが話題となりました。

 前作より7年ぶりの日本リリースとなる本作は、「スピーク・ロウ」や「セ・ラ・ヴィ」などロマンティックな歌詞の中に人生の教訓になる言葉があるという視点でナウスが選んだ17曲を収録。彼女が多大な影響を受けたというオランダ出身のジャズ・シンガー、アン・バートンに捧げられています。

■2018年2月21日(水)発売
ペトラ・ヴァン・ナウス
トライ・トゥ・リメンバー

MZCF-1367 2,400円+税

[収録曲]
01. スピーク・ロウ
02. セイヴ・ユア・ソロウ・フォー・トゥモロー
03. セ・ラ・ヴィ
04. オー、ホワット・ア・ビューティフル・モーニング
05. バリ・ハイ
06. スロウ・ポーク
07. ホエン・ザ・ワールド・ワズ・ヤング
08. エニイ・プレイス・アイ・ハング・マイ・ハット・イズ・ホーム
09. ア・タイム・フォー・ラヴ
10. ドクター・ジャズ
11. ユー・アー・ブラーゼイ
12. フー・ケアーズ
13. トライ・トゥ・リメンバー
14. シンプル・イズント・イージー
15. ピーター・ハッド・ア・ウルフ
16. アイヴ・ガット・ア・ポケットフル・ドリームス
17. ユー・マスト・ビリーヴ・イン・スプリング

[演奏者]
ペトラ・ヴァン・ナウス(vo)アンディ・ブラウン(g)
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] とにかく一緒に制作するのが楽しい――“馴染んだ”PUSHIM×韻シスト『TO THE NEXT』[インタビュー] 一緒に挑戦していきたい――すべてを出すことができるアンサンブル“MIZUTANI×TAIRIKU”
[インタビュー] “雑食主義”のフィメール・ラッパー、HITが放つファースト・アルバム『THE HIT』![インタビュー] 一音一音の美しさを目指して――本田珠也がICTUS Trioを始動
[インタビュー] ジャズ・シンガーとして新たな一歩を踏み出したMoon『Kiss Me』[インタビュー] ソムリエのように、ピアノ音楽の楽しさを伝える――大井 健が初の映像作品『Piano Love The Movie』を発表
[インタビュー] 自分たちも知らない、さらなる可能性を求めて――DaizyStripper「4GET ME NOT」[インタビュー] スペシャルインタビュー 坂本慎太郎
[インタビュー] 飼い慣らされない女たち――キノコホテル創業10周年 マリアンヌ東雲が2017年を振り返る[インタビュー] 静的でありながら“不穏の予感”それでいて“快楽そのもの” ギリシャラブ・天川悠雅が目指す、理想の音楽
[インタビュー] 西恵利香、2018年へ “いつでもそこで歌ってる人でありたい”[インタビュー] サクソフォン奏者として、新たにバッハの音楽に息を吹き込む――上野耕平が挑むJ.S.バッハの無伴奏作品集
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015