ニュース

神奈川県逗子発、Half Mile Beach Clubが1st EPをリリース

Half Mile Beach Club   2018/03/08掲載(Last Update:18/04/17 13:29)
はてなブックマークに追加
神奈川県逗子発、Half Mile Beach Clubが1st EPをリリース
 昨年12月リリースの『RHYMING SLANG COVERS』をはじめとする話題のコンピレーションに多数参加しているほか、ライヴと映画を融合した自主企画パーティにはDYGLYogee New Wavesらを招聘するなど、独自のアートフォームを発信し続ける集団“Half Mile Beach Club”が、音楽プロジェクト作品を初リリース。1st EP『Hasta La Vista』(HMBCEP-01 1,500円 + 税)を4月18日(水)に発売します。

 本作は、ミックス・エンジニアに元Open Reel Ensembleの佐藤公俊(Mother Tereco)を迎え、ヒップホップ・アーティストMaco Maretsをフィーチャーした楽曲や、トラックメイカーin the blue shirtsによるリミックスなども収録。

 
 CDの発売に先立ち、3月8日(木)よりリード曲「Olives」の先行配信がスタート。併せて公開された特設サイトでは、The Wisely Brothersbeipana、加藤寛之(すばらしか)からのコメントが公開されています。

拡大表示

去年の夏、CINEMA AMIGOに通り抜ける暖かくて少し冷たい風が気持ちよく、いい夢を見てるような気分だった。
外に出るとコンクリートから砂浜になって、海までザクザクと歩いていく。Half Mile Beach Clubの音楽は日本にいるけれど日本じゃないどこかへ連れ出してくれるような気がした。

――The Wisely Brothers

「ダブ、クラウト・ロック、ノイズ・ロック、原始的な電子音楽、映画のサントラを混ぜ合わせた、同時代性とともに全く違う時間軸を持つサウンドスケープ。」これはPrimal Screamの名盤『Vanishing Point』のレビューですが、『Hasta la Vista』にも近しい音楽性を感じました。そして『Vanishing Point』が「映画のサントラを自分達で作り直す」というコンセプトによって作られた点と、『Hasta la Vista』が映画館のパーティー主催者たちによって作られた点も、偶然の類似ではないような。とりあえずAndrew Weatherall好きには、#2と#5は一度聴いてもらいたいです。
――beipana

一限に向かう時の逗子駅のホームでスミスの1stを聴いていたら、朝の気だるさと席取り合戦に辟易して、「この街でこの音楽を聴いているのは僕だけなんじゃないか」とくだらないことをよく考えていた。くだらないけど、本気で気持ちが落ちることがあった。この話をハーフマイルの皆んなにしたら、少し笑っていたけど「でも気持ちは分かるよ」と言ってくれた。その一言にとても救われました。 
自分の生まれ育った土地に自分と同じような音楽を好きになって共有できる人たちがいるってことは、案外とても嬉しいこと。あの時感じた気持ちが、いまの自分の原動力になっていると思うことは多々あります。 
ハーフマイルのイベントはこの前の開催で12回目。最初から一貫して地元の逗子で映画上映とライブを複合させたイベントをやっていることは、素直にすごい事だと思います。彼らの優しさや純粋さが感じられる素敵なイベントなので、是非一度遊びに来て下さい。 
音源について、僕的なハイライトは二曲目の「blue moon」。ジャングリーなビートとブリットポップライクなギターリフの狭間に、夕日が沈んでいく一色海岸が見えました。全体的なサンプリングのセンスとかトラックメイクの自由度は、ある意味渋谷系的というか、後期のピチカートとかフリッパーズギターに近いのかなとも思いました。
ただ、彼らに憧れて構築したものというよりは、ルーツミュージックに根ざしたオリジナリティを感じます。色んな時代の色んな人に届く、今の音楽だと思います。

――加藤寛之(すばらしか)

■2018年4月18日(水)発売
Half Mile Beach Club
『Hasta La Vista』

HMBCEP-01 1,500円 + 税


[収録曲]
01. Olives
02. Blue Moon
03. Bee Line
04. Piccolo(feat. Maco Marets)
05. Monica
06. Green House
07. Blue Moon(in the blue shirt Remix)
オール・ジャンル 最新ニュース
 
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] 「でもしょうがないんだよね」と言ってほしい。言ってあげたい――ヒグチアイの“らしさ”が詰まった『日々凛々』[インタビュー] ある意味ニセモノ──半田健人が構築した“メタ・フォーク”アルバム『生活』
[インタビュー] 人を思って、願う気持ちが愛情――YU-A、3年振りの新作『OFF』[インタビュー] やらせたらスゴい──不良のメンタリティとストイックな姿勢を併せ持つラッパー・デュオ、GAZZA CROOKS
[インタビュー] 音楽を作り、演奏する――“覇道を往く”陰陽座の決意表明[インタビュー] GFRIEND 巷で噂のK-POPグループ、日本本格上陸
[インタビュー] シャープだけど薄くない、ただただカッコイイことだけをやりたいグループ――Cracks Brothers[インタビュー] 歌声で彩りを――“ヴォーカル”グループとして新たな道を切り拓くCOLOR CREATION
[インタビュー] パーティは終わった――2018年、STRUGGLE FOR PRIDEが贈る憎しみの音楽[インタビュー] もう変わる必要はないし、これをずっとやっていけばいい “時代を逆走する”小林太郎の決意と信念
[インタビュー] 原動力は愛、すべてのものへの愛――般若『話半分』[インタビュー] 限りあるこの日々を追い続けよう――伝説のアイドル、セイントフォー再始動
新譜情報
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
データ提供サービス
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015