ニュース

日本社会を鋭く問うドキュメンタリー映画「サムライと愚か者 - オリンパス事件の全貌 -」予告編公開

2018/03/14 12:22掲載
はてなブックマークに追加
日本社会を鋭く問うドキュメンタリー映画「サムライと愚か者 - オリンパス事件の全貌 -」予告編公開
 かつてオリンパス株式会社が起こした損失隠蔽事件を追ったドキュメンタリー映画「サムライと愚か者 - オリンパス事件の全貌 -」が、5月より東京・シアター・イメージフォーラムほかで全国順次公開。封切りに先駆け、予告編映像が公開されています。

 本作はドイツ・フランス・イギリス・日本・デンマーク・スウェーデン共同制作による長編ドキュメンタリー作品。2011年、雑誌「FACTA」のスクープと英国人元社長の内部告発により明るみになったオリンパス損失隠蔽事件の真相に迫り、先にヨーロッパで放映され大きな反響を呼んだ問題作です。日本の企業文化 / 日本社会の隠蔽体質に鋭くメスを入れるだけでなく、英国SFO(重大不正捜査局)や米国FBI(連邦捜査局)を巻き込んだ文化的価値観の衝突、さらには当時沈黙した日本メディア・ジャーナリズムのあり方までを問う本格ドキュメンタリーとなっています。

 監督は、短編がロッテルダム映画祭やトライベッカ映画祭などの数々の国際映画祭で評価され、本作が長編デビューとなる山本兵衛。音楽はSaycetとして来日公演も行なっているフランスのエレクトロニカ・アーティスト、ピエール・ルフェブが担当しています。

これは一つの企業の不祥事ではなく、日本社会全体が抱える深い問題への提言です。
――ピーター・バラカン



「サムライと愚か者 - オリンパス事件の全貌 -」
2018年5月より東京・シアター・イメージフォーラムほかで全国順次公開
vsamurai2018.com

[あらすじ]
オリンパス損失隠蔽事件について、当時日本メディアで大きく報道される事はなかった。しかし海外メディアでは大々的に報道され、高い関心を持って報道されていた。グローバル化が進む現代において、なぜ日本のメディアは「忖度(そんたく)」し、「自主規制」を課していくのか。そして事件の「その後」を報道せず、全てが風化し「なかった事」にし、「忘れていく」メディアの在り方、国民の「無関心」さをあぶりだしていく。


監督・編集: 山本兵衛
企画: チームオクヤマ
制作: VESUVIUS / POINT DU JOUR
共同制作: ZDF(ドイツ) / ARTE(フランス) / BBC(イギリス) / SVT(スウェーデン) / DR (デンマーク)
エグゼクティブ・プロデューサー: 奥山和由 / キャサリン・ブリンクマン / ニック・フレイザー / ケイト・タウンゼント / アクセル・アルノ / メッテ・ホフマン・メイヤー
プロデューサー: リュック・マルタン・グセ / 山本兵衛
共同プロデューサー: デボラ・バリヤス
撮影: 関根靖享
カラリスト: ギレルモ・フェルナンデス
音楽: ピエール・レフェブ(Saycet) 
2015 / ドイツ・フランス・イギリス・日本・デンマーク・スウェーデン共同制作 / カラー / DCP / 5.1ch / 79分 / 16:9

配給・宣伝:太秦 ©チームオクヤマ / 太秦
オール・ジャンル 最新ニュース
 
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] 「でもしょうがないんだよね」と言ってほしい。言ってあげたい――ヒグチアイの“らしさ”が詰まった『日々凛々』[インタビュー] ある意味ニセモノ──半田健人が構築した“メタ・フォーク”アルバム『生活』
[インタビュー] 人を思って、願う気持ちが愛情――YU-A、3年振りの新作『OFF』[インタビュー] やらせたらスゴい──不良のメンタリティとストイックな姿勢を併せ持つラッパー・デュオ、GAZZA CROOKS
[インタビュー] 音楽を作り、演奏する――“覇道を往く”陰陽座の決意表明[インタビュー] GFRIEND 巷で噂のK-POPグループ、日本本格上陸
[インタビュー] シャープだけど薄くない、ただただカッコイイことだけをやりたいグループ――Cracks Brothers[インタビュー] 歌声で彩りを――“ヴォーカル”グループとして新たな道を切り拓くCOLOR CREATION
[インタビュー] パーティは終わった――2018年、STRUGGLE FOR PRIDEが贈る憎しみの音楽[インタビュー] もう変わる必要はないし、これをずっとやっていけばいい “時代を逆走する”小林太郎の決意と信念
[インタビュー] 原動力は愛、すべてのものへの愛――般若『話半分』[インタビュー] 限りあるこの日々を追い続けよう――伝説のアイドル、セイントフォー再始動
新譜情報
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
データ提供サービス
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015