ニュース

英国の視聴者が選んだクリスマス・ソングBEST20は?

2004/12/17掲載(Last Update:08/03/31 17:57)
はてなブックマークに追加
 クリスマスまであと1週間。街では様々なクリスマス・ソングが流れていますが、そんななか、米国のテレビ局“VH1”が“Best Xmas Songs Ever”と題した“クリスマス・ソングBEST20”を先日発表しました。

 これは同テレビ局が英国の視聴者1,000人に「アナタが最もお気に入りなクリスマス・ソングは?」というアンケートを取ったもの。その結果1位には、永遠の酔っ払いシェーン・マガウアン率いるアイリッシュ・バンド、ザ・ポーグスカースティー・マッコールによるデュエット・ソング「ニューヨークの夢(原題:Fairytale Of New York)」(写真は収録作『堕ちた天使』)がランクイン。2位以下には、その復活が話題を集めた歴史の残る一大チャリティ・プロジェクト、バンド・エイドの「ドゥ・ゼイ・ノウ・イッツ・クリスマス?」のオリジナル版が2位、2004年版が5位、1989年版が17位にそれぞれランクインしているのをはじめ、ワム!「ラスト・クリスマス」が3位、ジョン・レノン「ハッピー・クリスマス(戦争は終った)」が9位と、いかにも英国人らしいセレクトとなっています。発表されたTOP20は下記のとおり。アナタが好きなクリスマス・ソングはランクインしていますか?

1:Fairytale Of New York - The Pogues and Kirsty MacColl (1987)
2:Do They Know It's Christmas? - Band Aid (1984)
3:Last Christmas - Wham! (1984)
4:Merry Xmas Everybody - Slade (1973)
5:Do They Know It's Christmas - Band Aid 20 (2004)
6:All I Want For Christmas Is You - Mariah Carey (1994)
7:I Wish It Could Be Christmas Everyday- Wizzard (1973)
8:White Christmas - Bing Crosby (1977)
9:Happy Xmas (War Is Over) - John Lennon (1972)
10:Stay Another Day - East 17 (1994)
11:Christmas Time (Don't Let The Bells End) - The Darkness (2003)
12:Mistletoe And Wine - Cliff Richard (1988)
13:Step Into Christmas - Elton John (1973)
14:Lonely This Christmas - MUD (1974)
15:Power Of Love- Frankie Goes To Hollywood (1984)
16:Little Drummer Boy - David Bowie / Bing Crosby (1982)
17:Do They know It's Christmas? - Band Aid (1989)
18:Wonderful Christmas Time - Paul McCartney (1979)
19:Walking In The Air - Aled Jones (1985)
20:Please Come Home For Christmas - Bon Jovi (1994)
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] ある意味ニセモノ──半田健人が構築した“メタ・フォーク”アルバム『生活』[インタビュー] 人を思って、願う気持ちが愛情――YU-A、3年振りの新作『OFF』
[インタビュー] やらせたらスゴい──不良のメンタリティとストイックな姿勢を併せ持つラッパー・デュオ、GAZZA CROOKS[インタビュー] 音楽を作り、演奏する――“覇道を往く”陰陽座の決意表明
[インタビュー] GFRIEND 巷で噂のK-POPグループ、日本本格上陸[インタビュー] シャープだけど薄くない、ただただカッコイイことだけをやりたいグループ――Cracks Brothers
[インタビュー] パーティは終わった――2018年、STRUGGLE FOR PRIDEが贈る憎しみの音楽[インタビュー] 歌声で彩りを――“ヴォーカル”グループとして新たな道を切り拓くCOLOR CREATION
[インタビュー] もう変わる必要はないし、これをずっとやっていけばいい “時代を逆走する”小林太郎の決意と信念[インタビュー] 原動力は愛、すべてのものへの愛――般若『話半分』
[インタビュー] 限りあるこの日々を追い続けよう――伝説のアイドル、セイントフォー再始動[インタビュー] “生き様が音楽に現れる。だからこそどう生きるかが重要”――デビュー30周年を迎えた寺井尚子
新譜情報
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
データ提供サービス
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015