ニュース

マルティン・フレストらクラシック界気鋭の個性派4名による『メシアン: 世の終わりのための四重奏曲』発売

マルティン・フレスト   2018/05/23 14:59掲載
はてなブックマークに追加
 クラリネット奏者のマルティン・フレスト(Martin Fröst)、ピアニストのリュカ・ドゥバルグ(Lucas Debargue)、ヴァイオリニストのジャニーヌ・ヤンセン(Janine Jansen)、そしてチェリストのトーレイヴ・テデーン(Torleif Thedéen)という現代クラシック界きっての個性派4名が、『メシアン: 世の終わりのための四重奏曲』(SICC-30482 2,600円 + 税)を5月23日(水)にリリース。

 この曲は、20世紀フランスの作曲家メシアンが、第2次大戦中ドイツ軍の捕虜となり、捕らわれた収容所内で1940年に書きあげた作品。その経緯から特殊な編成で書かれており、初演は1941年1月15日、収容所内で行なわれました。

 17年前に出会ったフレストとヤンセンは、この曲で初めて共演。さらにその時、チェロは本作と同じくテデーンが務めていました。その3人にドゥバルグを加えたこの4人による顔ぶれでは、2017年8月4日にスイス(ヴェルビエ音楽祭)、12月4日にカナダ・ケベック、5日に同トロント、7日に米カーネギー・ホールで演奏しています。

■2018年5月23日(水)発売
メシアン: 世の終わりのための四重奏曲
SICC-30482 2,600円 + 税

[収録曲]
メシアン:
01. 世の終わりのための四重奏曲

[演奏]
マルティン・フレスト(cl) / リュカ・ドゥバルグ(p) / ジャニーヌ・ヤンセン(vn) / トーレイヴ・テデーン(vc)

[録音]
2017年8月28〜30日 ベルリン Siemensvilla
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] 「でもしょうがないんだよね」と言ってほしい。言ってあげたい――ヒグチアイの“らしさ”が詰まった『日々凛々』[インタビュー] ある意味ニセモノ──半田健人が構築した“メタ・フォーク”アルバム『生活』
[インタビュー] 人を思って、願う気持ちが愛情――YU-A、3年振りの新作『OFF』[インタビュー] やらせたらスゴい──不良のメンタリティとストイックな姿勢を併せ持つラッパー・デュオ、GAZZA CROOKS
[インタビュー] 音楽を作り、演奏する――“覇道を往く”陰陽座の決意表明[インタビュー] GFRIEND 巷で噂のK-POPグループ、日本本格上陸
[インタビュー] シャープだけど薄くない、ただただカッコイイことだけをやりたいグループ――Cracks Brothers[インタビュー] 歌声で彩りを――“ヴォーカル”グループとして新たな道を切り拓くCOLOR CREATION
[インタビュー] パーティは終わった――2018年、STRUGGLE FOR PRIDEが贈る憎しみの音楽[インタビュー] もう変わる必要はないし、これをずっとやっていけばいい “時代を逆走する”小林太郎の決意と信念
[インタビュー] 原動力は愛、すべてのものへの愛――般若『話半分』[インタビュー] 限りあるこの日々を追い続けよう――伝説のアイドル、セイントフォー再始動
新譜情報
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
データ提供サービス
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015