ニュース

“中央線”コンピ盤に注目!

2004/12/22掲載(Last Update:08/03/31 17:57)
はてなブックマークに追加
 東京を起点に大都市・新宿を通り、一路西へ向かって終点高尾まで、という東京の方にとっておなじみの中央線。その沿線には“中央線カルチャー”とでも言うべき、フォーク/ロック系の名曲を生み出す、不思議な魔力が宿っていることはご存知でしょうか? 1月21日にリリースされる『散歩の達人 presents 中央線ソングス』(VICL-61560 \2,500(税込))は、街歩き本として知られる雑誌『散歩の達人』公認のコンピレーション。ありそうでなかった“中央線”をキーワードにした名曲が揃っています。

(01)一本道(友部正人)
(02)もしも(武蔵野タンポポ団)
(03)吉祥寺(斉藤哲夫)
(04)自由の筈(久住昌之)
(05)日曜日(高田渡)
(06)時にまかせて(かねのぶ さちこ)
(07)高円寺(よしだたくろう)
(08)国分寺1976(助川久美子)
(09)鮪に鰯(キセル)
(10)アイデン&ティティ(映画『「アイデン&ティティ」オリジナルサウンドトラック』より)(峯田和伸)
(11)新宿駅で待ってた(完全盤)(バンバンバザール)
(12)ぼくの倖せ(はちみつぱい)
(13)ひらひら(中山ラビ)
(14)ヒッピーに捧ぐ(RCサクセション)
(15)おばちゃまお手をどうぞ(明田川荘之)
(16)ほんじゃね(吾妻光良&The Swinging Boppers)
(17)終着駅(スイス団)
(18)中央線(THE BOOM)

 THE BOOMの名盤『ジャパネスカ』より、まさに“中央線の青春”を描き出した名曲「中央線」が最後を飾るこの選曲、素晴らしすぎだと思いませんか? いわゆる三多摩地区からはRCサクセションの、こちらも泣けてくる名曲中の名曲「ヒッピーに捧ぐ」(『シングルマン』収録〜写真)のほか、銀杏BOYZ峯田和伸や、吾妻光良高田渡などなど。とぼけていながらも、どこかホロ苦い中央線独特のムードが、音楽とともに堪能できる濃密なコンピレーションといえるでしょう。これは要チェックです!
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] アイドルやめた――“渋谷系ガールズロックユニット”に転身したCANDY GO!GO!のリアル[インタビュー] KANDYTOWNの新たな方向性も感じさせるソロ・アルバム、MUD『Make U Dirty』
[インタビュー] 音楽にとどまらない、発想としての面白さ――ジェフ・パーカーがゆっくり語る『The New Breed』[インタビュー] 良い意味で遠回りをしてきた――20周年を前に、韻シストが開けた次への扉
[インタビュー] 過去を否定せず、未来を大切にする 渡瀬マキが語る“Fresh”なLINDBERG[インタビュー] トロピカルハウスを取り入れても、最後は自分たちの曲になる ココロオークションの自信と革新性
[インタビュー] ファースト・キスは1回しかないのがいい メンバーの“リアル”を大声で歌うロック・バンド、The MANJI[インタビュー] “熱さ”が戻ってきた――ユニットとしての自覚が芽生えた“今のChu-Z”
[インタビュー] 便利で何でも手に入る時代だからこそ必要なこと――須永辰緒が導くジャズ最前線[インタビュー] ふっと飛び込んでくるワンフレーズ “現場の音楽”HIT『Be!!』
[インタビュー] 深くて豊かな音楽を目指した“名盤” 石橋 凌『may Burn!』[インタビュー] 私は変わり続ける。それは“出会い”を意味しているから――コリーヌ・ベイリー・レイ
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015