ニュース

新生ピンク・フロイド、紙ジャケ化! ロジャー・ウォーターズのソロ作も

2005/03/04掲載(Last Update:08/03/31 17:57)
はてなブックマークに追加
 ロジャー・ウォーターズに替わり、新たにデヴィッド・ギルモアを中心とする3人編成となった新生ピンク・フロイドのオリジナル・アルバムが紙ジャケット仕様で復刻されることに!

 完全生産限定盤として復刻されるのは、

『鬱(原題:a momentary lapse of reason)』(MHCP-685 \1,890(税込))
 新生ピンク・フロイドの第1弾作品。87年作。UKオリジナルLPを復刻。見開きジャケット、内袋付。UK盤の限定LPのみに付属されていた2種類のポスターも復刻。

『光-PERFECT LIVE!(原題:Delicate Sound of Thunder)』(MHCP-686〜7 \3,780(税込))
 『鬱』発表後のワールドツアーの模様を収録した2枚組ライヴ盤。88年作。UKオリジナルLPを復刻。見開きジャケット、内袋付。

『対(TSUI)(原題:The Division Bell)』(MHCP-688 \1,890(税込))
 全世界で500万枚を売り上げた現在までの最新作。94年作。UKオリジナルLPを復刻。見開きジャケット、内袋付。オリジナルUK盤のデザインは像、背景など見え方が日本盤CD(写真)やUSのLPなどと異なるもの

『p.u.l.s.e』(MHCP-689〜90 \5,250(税込))
 『対(TSUI)』発表後のワールドツアーの模様を収録したライヴ盤。発売当時の初回CD版にあった背の部分の点滅ライトはないものの、ハードカバー52Pフルカラーブックレット(デザインはCDと異なる)を付属していた豪華ハード・ボックス仕様のヨーロッパ・オリジナルLPを復刻。CDは2枚組ですが、LPでは4枚組であったため、4枚分のジャケット、そして内袋も4枚分再現。

 の4作品。発売はともに5月18日を予定しています。

 また同日には、ロジャー・ウォーターズのソロ作も紙ジャケット仕様で復刻される予定。復刻されるのは下記の3作品です。

『ヒッチハイクの賛否両論(原題:Pros and Cons of Hitchhiking)』(MHCP-691 \1,890(税込))
 84年作。UKオリジナルLPを復刻(コーティングジャケット)。裸の女性がヒッチハイクしようとしているイラストが問題視されたことでも有名なジャケットですが、本作ではヨーロッパ盤のみの見開きジャケットで無修正版のデザインを復刻。内袋付。

『RADIO K・A・O・S』(MHCP-692 \1,890(税込))
 LAの架空のラジオ局“K・A・O・S”を舞台に描かれる現代社会への警鐘がテーマ。87年作。シンプルな黒とグリーンでシンプルに統一されたデザインなジャケットですが、本作では、UKオリジナルLPでの特色の蛍光色のグリーンを使用。コーティングジャケット、内袋付。当時ジャケットに貼られていたステッカーも再現し、また初回版のみに付属されていたポスターも再現しています。

『死滅遊戯(原題:Amused to Death)』(MHCP-693 \1,890(税込))
 90年代の世界情勢を背景に、TVをモチーフに使い人類の滅亡の危機を浮き彫りにしたコンセプト・アルバム。92年作。オランダで発売された非常にレアな限定2枚組LPのアートワークを復刻。そのLPのみに付属されていた12Pのカラーブックレットも再現。
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] スペシャルインタビュー 坂本慎太郎[インタビュー] 飼い慣らされない女たち――キノコホテル創業10周年 マリアンヌ東雲が2017年を振り返る
[インタビュー] 静的でありながら“不穏の予感”それでいて“快楽そのもの” ギリシャラブ・天川悠雅が目指す、理想の音楽[インタビュー] 西恵利香、2018年へ “いつでもそこで歌ってる人でありたい”
[インタビュー] サクソフォン奏者として、新たにバッハの音楽に息を吹き込む――上野耕平が挑むJ.S.バッハの無伴奏作品集[インタビュー] ビッグバンドは一生もの!――守屋純子がジャズ100周年を祝う「The 100th Anniversary of Jazz: Legends of Yesterday and Today」
[インタビュー] 新しい風が吹いている――吉田ヨウヘイgroupが『ar』で目指したバンド・サウンド[インタビュー] 好きなことや大事にしていることを信じて人生を謳歌しよう ベッド・イン『TOKYO』
[インタビュー] 優しく奏でる篠笛で、安らぎにあふれた時間を――佐藤和哉が妹尾武と紡ぐ初のカヴァー・アルバム[インタビュー] 常に上だけ見ていたい ゆるふわギャング“NENE”初のソロ・アルバムを発表
[インタビュー] 歌声で本当の気持ちを伝えられれば一番いい 桐嶋ノドカ「言葉にしたくてできない言葉を」[インタビュー] 月と対峙してきた人々の想いや営みを、ヴァイオリンの響きで――川井郁子、7年ぶりのオリジナル・アルバム『LUNA』
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015