音楽出版社 データ提供サービス
ニュース

クリス・カニンガム+エイフェックス・ツインによる短編映画登場

2005/04/05掲載(Last Update:08/03/31 17:57)
MyCDJ お気に入りリストに「」を追加/削除する はてなブックマークに追加
 恐怖と緊張感をもたらすゴスチックな世界観を常に描く鬼才クリス・カニンガム。これまでにも、自身が手掛けたPVなどを自らの手でプロデュースした映像作品集『Directors Label クリス・カニンガム Best Selection』(写真)や、Warp Recordsのビデオ・クリップ集『Warp Vision (The Videos 1989-2004)』などにて、その独特の美意識を感じさせる映像手腕が体験出来ましたが、いよいよ、その彼が手掛けた短編映画がDVD作品としてリリースされます!

 彼が手掛けた短編映画は『Rubber Johnny』といい、地下に固定された突然変異体の子供を主人公にした、悲惨で幻想的で実験的な作品となっている模様。エイフェックス・ツインの音楽をフィーチャーした約7分の映像で、すでに特設サイトもオープン済。今回も観る人に恐怖と緊張感をもたらす映像となっていますので、心してご覧ください!

 リリースは彼とは馴染み深いWarp Recordsが新たに始めた映像レーベル“Warp Films”からの予定で、DVDとクリス・カニンガムが手がけた写真などを掲載したブックレット(40ページ)とをセットにしてのリリースとなる予定。DVD『Rubber Johnny』はUKにて5月23日にリリースされる予定です。
続報
クリス・カニンガム+エイフェックス・ツインによる短編映画、延期
UKでの発売が延期されました。発売は6月20日の予定です。
[ 2005/05/24掲載 ]
オール・ジャンル 最新ニュース
 
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] 政府は飢えを武器にして人々を統制している――ケン・ローチ監督が語る「わたしは、ダニエル・ブレイク」[特集] ジェイソン・モランに死角なし――「スガダイローとJASON MORANと東京と京都」
[インタビュー] わたし自身が大好きな曲ばかり――寺下真理子『ロマンス』は様々な形の“愛”に因んだ作品[インタビュー] クラシックの名曲を鼻歌のように――渋さ知らズが世界最古のアシッド・ミュージックに挑んだ『渋樹』
[インタビュー] すでに“魂”は失われてしまった――チュス・グティエレス監督自身が語る「サクロモンテの丘〜ロマの洞窟フラメンコ」[インタビュー] なんかいいのできた! どう? “Diggy-MO’ならでは”と“いい曲”の理想的なバランス『BEWITCHED』
[インタビュー] “呼吸”こそ歌――双子ソプラノ・デュオ、山田姉妹が歌う昭和の名曲たち[インタビュー] こいつガチだ――覚悟を決めたCANDY GO!GO!の自信作『IDOROCK』
※ 弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015