ニュース

萩原健太+黒沢健一=“健’z”、新作登場!

2005/04/21掲載(Last Update:08/03/31 17:57)
はてなブックマークに追加
 音楽評論家の萩原健太と、元L-R黒沢健一。2人は以前から『レコード・コレクターズ』誌の“ブライアン・ウィルソン特集”で対談をしたり、萩原健太が司会を務めていたTV番組『BS-音盤夜話』の“ペットサウンズ特集”に黒沢健一がゲスト出演したりと、ブライアン・ウィルソンを介して交流を重ねてきたわけですが、その親交はレコード話だけに留まらず、ついにユニットを結成! その名も“健'z”(写真は1stアルバム)。

 萩原健太がアコースティック・ギターを弾き、黒沢健一が歌を歌うというシンプルな編成で、2003年にアルバム『健'z』をリリース。その衝撃の内容は、全曲がブライアン・ウィルソンとポール・マッカートニーのカヴァーのみで構成され、しかも、ビーチ・ボーイズビートルズの曲ではなく、それぞれのソロ時代の曲を中心にセレクトした自由すぎる選曲! ポップス・オタクのハートをミクロ単位で直撃する、この限りなく趣味に近いユニットが、何と2ndアルバムをリリースするようです!

 今回は元ザ・グッバイの曾我泰久と、名盤『Night Buzz』をリリースしたばかりのジャジィなソングライター高田みち子を加えた、超強力にして脱力感すら漂う4人編成“健'z with Friends”としての作品。タイトルも『健'z with Friends』(品番未定 \2,700(税込))で、7月13日発売予定。前作同様、アルバムのジャケット・デザインは“レコスケくん”でお馴染みの本秀康で、W紙ジャケット仕様。前作で見せたポール・マッカートニーの“RAM”につづく奥深いネタに期待大!! さらにブライアン・ウィルソンのサポート・メンバーで“ブライアン・ファン”として健’zとも交流の深いワンダーミンツのダリアン・サハナジャのコメント付きとのこと! 気になる今回の選曲はまだ未定。何が飛び出しますやら、お楽しみに!!
 なんだか急にスケール・アップしてしまったことに寂しさを感じつつも、楽しみでならないこの新譜。ビーチ・ボーイズも来日するし、今年はいい夏になりそうですね!
オール・ジャンル 最新ニュース
 
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] 屈強でしなやかな東京のヒップホップ――KANDYTOWNのビートメイカー、MIKIがファースト・ソロ・アルバム『137』を発表[インタビュー] より肉体的なものへ――神奈川・逗子を拠点とするHalf Mile Beach Clubが初の単独作を発表
[インタビュー] “続編”ではなく“新作”を作ろう きゃりーぱみゅぱみゅ「きみのみかた」[インタビュー] “俺の不幸で踊ってくれ!”――沖縄出身のラッパー、唾奇が最新作『道-TAO-』をリリース
[特集] [LIVE Report] まっすぐな気持ちを届けてくれる藤田麻衣子の歌[インタビュー] 自分というジャンルをちゃんと作りたい “シンガー・ソングライター”Nao Kawamura初のフル・アルバム『Kvarda』
[インタビュー] 「アワ・マン・イン・トーキョー〜バラッド・オブ・シン・ミヤタ」、宮田 信の仕事とは?[特集] ヘルベルト・フォン・カラヤン生誕110年記念! 数々の名盤が“理想の音”に迫る高音質で登場
[インタビュー] いい歌をたくさん歌って、レコーディングして残したい――フォルテ・ディ・クアトロのセカンド・アルバム『アヴェ・マリア〜CLASSICA』[インタビュー] 決め手は興奮が蘇ってくるかどうか――THOUSAND EYESが放つ“最高傑作”『DAY OF SALVATION』
[インタビュー] “ヤバさ”はこれだ――BES&ISSUGIの自信が浮かび上がる『VIRIDIAN SHOOT』[インタビュー] 小曽根 真 既存の概念を打ち壊すのではなく、共存するイメージで―― ニューヨーク・フィルハーモニックと共演した『ビヨンド・ボーダーズ』
新譜情報
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
データ提供サービス
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015