ニュース

年代・ジャンルを問わずに選曲!『Best Album Tracks』発売

2005/04/22掲載(Last Update:08/03/31 17:57)
はてなブックマークに追加
 これまでにも、ここ最近のヒット曲を集めたものや、マッドチェスターからブリット・ポップまでを総括したものなど、多くの日本人の心を捉えてきたイギリスの音楽シーンからセレクトされたコンピ盤をご紹介してきましたが、今回はそのなかでもかなりの異色作と言えるものをご紹介! ロック・クラシックスから最近のクラブ・ナンバーまで、年代・ジャンルを問わずに、アルバムのベスト・トラックと思える楽曲のみだけをセレクトしたというコンピ盤『The Best Album Tracks...Ever!』がリリースされる予定です。

 人によってベスト・トラックの解釈は異なるかと思いますが、本作は英ヴァージン・レーベル傘下のVirgin TVによる選曲。アルバムには、クイーンピンク・フロイドザ・ローリング・ストーンズポール・マッカートニージョン・レノンケイト・ブッシュなどのロック・クラシックスから、オアシスレディオヘッドコールドプレイといった最近の英国バンドまで、じつに様々な年代の楽曲が収録される予定。また、クラフトワークマッシヴ・アタックファットボーイ・スリムノラ・ジョーンズマーヴィン・ゲイと、収録ジャンルも幅広いものとなっています。リリースは英国にて5月9日を予定していますので、様々な年代・ジャンルの代表曲を聴きたい、といった方はご注目ください!
続報
コンピ『Best Album Tracks』の詳細
1:CD3枚組での発売に変更になりました。トータル41曲収録の予定。
2:予定曲目が変更になりましたので再掲載いたします。

『The Best Album Tracks…Ever!』
*()内は収録アルバム名

≪ディスク1≫
(01) Queen - You're My Best Friend (A Night At The Opera)
(02) R.E.M. - Man On The Moon (Automatic For The People)
(03) The Beach Boys - Wouldn't It Be Nice (Pet Sounds)
(04) Fleetwood Mac - Go Your Own Way (Rumours)
(05) Blondie - One Way Or Another (Parallel Lines)
(06) The Rolling Stones - Rocks Off (Exile On Main Street)
(07) The Clash - London Calling (London Calling)
(08) Roxy Music - Editions Of You (For Your Pleasure)
(09) David Bowie - Moonage Daydream (Ziggy Stardust And The Spiders From Mars)
(10) Lou Reed - Vicious (Transformer)
(11) The Jam - Down In The Tube Station At Midnight (All Mod Cons)
(12) Ian Dury & The Blockheads - Sweet Gene Vincent (New Boots & Panties)
(13) Madness - Night Boat To Cairo (One Step Beyond)
(14) Paul McCartney & Wings - Nineteen Hundred And Eighty Five (Band On The Run)
(15) Meat Loaf feat. Ellen Foley - Paradise By The Dashboard Light (Bat Out Of Hell)
(16) Black Sabbath - War Pigs (Paranoid)

≪ディスク2≫
(01) John Lennon - Jealous Guy (Imagine)
(02) Marvin Gaye - What's Goin' On (What1s Goin' On)
(03) Dusty Springfield - Son Of A Preacher Man (Dusty In Memphis)
(04) Simon & Garfunkel - The Boxer (Bridge Over Troubled Water)
(05) Bob Dylan - Tangled Up In Blue (Blood On The Tracks)
(06) Kate Bush - Cloudbusting (Hounds Of Love)
(07) Coldplay - In My Place (A Rush Of Blood To The Head)
(08) Jeff Buckley - Hallelujah (Grace)
(09) Eva Cassidy - Over The Rainbow (Songbird)
(10) Elvis Costello - Alison (My Aim Is True)
(11) Rod Stewart - Mandolin Wind (Every Picture Tells A Story)
(12) Genesis - Ripples (A Trick Of The Tail)
(13) Norah Jones - Come Away With Me (Come Away With Me)

≪ディスク3≫
(01) Pink Floyd - The Great Gig In The Sky (The Dark Side Of The Moon)
(02) Mike Oldfield - Tubular Bells (Edit) (Tubular Bells)
(03) Radiohead - Paranoid Android(OK Computer)
(04) The Verve - Bitter Sweet Symphony (Urban Hymns)
(05) Oasis - Champagne Supernova ((What's The Story) Morning Glory?)
(06) Pulp - Sorted For E's And Wizz (Different Class)
(07) Fatboy Slim - Praise You (You1ve Come A Long Way Baby)
(08) Massive Attack - Safe From Harm (Blue Lines)
(09) Soul II Soul feat. Caron Wheeler - Back To Life (However Do You Want Me) (Club Classics Vol 1)
(10) The Specials - Blank Expression (The Specials)
(11) Air - Sexy Boy (Moon Safari)
(12) Kraftwerk - Trans-Europe Express (Trans-Europe Express
[ 2005/04/25掲載 ]
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] ある意味ニセモノ──半田健人が構築した“メタ・フォーク”アルバム『生活』[インタビュー] 人を思って、願う気持ちが愛情――YU-A、3年振りの新作『OFF』
[インタビュー] やらせたらスゴい──不良のメンタリティとストイックな姿勢を併せ持つラッパー・デュオ、GAZZA CROOKS[インタビュー] 音楽を作り、演奏する――“覇道を往く”陰陽座の決意表明
[インタビュー] GFRIEND 巷で噂のK-POPグループ、日本本格上陸[インタビュー] シャープだけど薄くない、ただただカッコイイことだけをやりたいグループ――Cracks Brothers
[インタビュー] パーティは終わった――2018年、STRUGGLE FOR PRIDEが贈る憎しみの音楽[インタビュー] 歌声で彩りを――“ヴォーカル”グループとして新たな道を切り拓くCOLOR CREATION
[インタビュー] もう変わる必要はないし、これをずっとやっていけばいい “時代を逆走する”小林太郎の決意と信念[インタビュー] 原動力は愛、すべてのものへの愛――般若『話半分』
[インタビュー] 限りあるこの日々を追い続けよう――伝説のアイドル、セイントフォー再始動[インタビュー] “生き様が音楽に現れる。だからこそどう生きるかが重要”――デビュー30周年を迎えた寺井尚子
新譜情報
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
データ提供サービス
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015