ニュース

“ネザーランドの神話”エイドリアン・ヴァンデンバーグ、画家に転身

2005/06/17掲載(Last Update:08/03/31 17:57)
MyCDJ お気に入りリストに「」を追加/削除する はてなブックマークに追加
 ヴァンデンバーグホワイトスネイクで活躍したオランダ人ギタリスト、エイドリアン・ヴァンデンバーグは現在画家として活動している模様です。

 もともとアート・スクールに通っていたものの、音楽活動がメインとなっていたために本格的な芸術活動はできなかったとのこと。ただ、そのあいだも絵画に対する興味は失っておらず、1998年からは画家としての活動に専念すると決めたそうです。公式HPによると、昨年秋から今年初頭にかけては個展も開いた模様。ちなみにエイドリアンが元リトル・シーザーのロン・ヤングらと結成した、マニック・エデン唯一のアルバム『マニック・エデン』(写真/94年)のアートワークは彼の筆によるものです。

 2004年に発売されたヴァンデンヴァーグのベスト盤『THE DEFINITIVE』には、名曲「Burning Heart」の2004年ヴァージョンが何の前触れもなく収録されており、ファンを驚かせました。公式HPには、ギターではなく絵筆を持つ彼の姿があります。現在のメインはあくまで画家。繊細かつ麗しいギター・プレイもいつか再び聴かせて欲しいものですが、今は彼の新しい活動を応援しましょう。
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] 便利で何でも手に入る時代だからこそ必要なこと――須永辰緒が導くジャズ最前線[インタビュー] ふっと飛び込んでくるワンフレーズ “現場の音楽”HIT『Be!!』
[インタビュー] 深くて豊かな音楽を目指した“名盤” 石橋 凌『may Burn!』[インタビュー] 私は変わり続ける。それは“出会い”を意味しているから――コリーヌ・ベイリー・レイ
[インタビュー] 美しさと暴力性、Ramzaの“手”に触れる『pessim』[インタビュー] 自分の存在を“やり続けること”で知らせる――ISSUGI×MASS-HOLE
[インタビュー] 今のラフィンノーズは超おもしろい――“50代のラフィンロール”を体現した新作『50’s ROLL』[インタビュー] ヒップホップとしてかっこよくいられたら――C.O.S.A.『Girl Queen』
[インタビュー] 自分の中にある伝統と革新―― 島 裕介が新世代ミュージシャンを率いて『Silent Jazz Case 3』を発表[インタビュー] たまには母ちゃんにみたらし団子を買ってかったりしぃや!――SHINGO★西成が3年をかけて辿り着いた『ここから・・・いまから』
[インタビュー] “大人ってカッコいい”と思えるような歌 ISEKI×中田裕二『AOR FLAVA』[インタビュー] 研ぎ澄まされた4人のアンサンブル――ライヴ・ベスト・アルバム『echoes』をリリースしたbohemianvoodoo
※ 弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015