音楽出版社 データ提供サービス
ニュース

“ネザーランドの神話”エイドリアン・ヴァンデンバーグ、画家に転身

2005/06/17掲載(Last Update:08/03/31 17:57)
MyCDJ お気に入りリストに「」を追加/削除する はてなブックマークに追加
 ヴァンデンバーグホワイトスネイクで活躍したオランダ人ギタリスト、エイドリアン・ヴァンデンバーグは現在画家として活動している模様です。

 もともとアート・スクールに通っていたものの、音楽活動がメインとなっていたために本格的な芸術活動はできなかったとのこと。ただ、そのあいだも絵画に対する興味は失っておらず、1998年からは画家としての活動に専念すると決めたそうです。公式HPによると、昨年秋から今年初頭にかけては個展も開いた模様。ちなみにエイドリアンが元リトル・シーザーのロン・ヤングらと結成した、マニック・エデン唯一のアルバム『マニック・エデン』(写真/94年)のアートワークは彼の筆によるものです。

 2004年に発売されたヴァンデンヴァーグのベスト盤『THE DEFINITIVE』には、名曲「Burning Heart」の2004年ヴァージョンが何の前触れもなく収録されており、ファンを驚かせました。公式HPには、ギターではなく絵筆を持つ彼の姿があります。現在のメインはあくまで画家。繊細かつ麗しいギター・プレイもいつか再び聴かせて欲しいものですが、今は彼の新しい活動を応援しましょう。
オール・ジャンル 最新ニュース
 
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] “好きだ!”という気持ちをぶつける対象があるだけで、人生はとても豊かになる――寺嶋由芙が目指す“ゆるドル”とは[インタビュー] 政府は飢えを武器にして人々を統制している――ケン・ローチ監督が語る「わたしは、ダニエル・ブレイク」
[特集] ジェイソン・モランに死角なし――「スガダイローとJASON MORANと東京と京都」[インタビュー] わたし自身が大好きな曲ばかり――寺下真理子『ロマンス』は様々な形の“愛”に因んだ作品
[インタビュー] クラシックの名曲を鼻歌のように――渋さ知らズが世界最古のアシッド・ミュージックに挑んだ『渋樹』[インタビュー] すでに“魂”は失われてしまった――チュス・グティエレス監督自身が語る「サクロモンテの丘〜ロマの洞窟フラメンコ」
[インタビュー] なんかいいのできた! どう? “Diggy-MO’ならでは”と“いい曲”の理想的なバランス『BEWITCHED』[インタビュー] “呼吸”こそ歌――双子ソプラノ・デュオ、山田姉妹が歌う昭和の名曲たち
※ 弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015