ニュース

あの音楽をご自宅で!V.A.『インドカレー屋のBGM』登場!

2005/06/27掲載(Last Update:08/03/31 17:57)
はてなブックマークに追加
 食欲不振、やる気が出ない、どうにもダルい、お金がない……。猛暑の予感ビンビンの2005年、数々の季節病に悩まされるアナタにぜひとも聴いて頂きたい逸品がリリース決定! 日本人の食卓には欠かせないソウル・フード“カレー”のスパイシーな魅力を収めたV.A.『インドカレー屋のBGM』(VICL-61685 \2,300(税込))が7月21日にビクターより発売されます。

 たまには外で……何て気持ちで入った町のインドカレー屋。刺激的な香辛料の香り、ひたすら並んでいるゾウの置物、どことなく薄暗いインテリア、そして流れる怪しげなBGM! 全国どこのお店に行っても流れているあの摩訶不思議BGMの正体が今明らかに。曲名&アーティスト名を見ても何のことやらサッパリですが、一度聴けばご納得のはず。封入されている特別ロング対談“大槻ケンヂ×宮沢章夫「カレーの魅力について」”に加え、初回特典として“横濱カレーミュージアム100円割引券”も付いてくるなど、ついついお腹もペッコリしてしまう内容の充実度。『美味しんぼ』『ミスター味っ子II』『クッキングパパ』を読みつつむさぼり喰うのも結構ですが、これさえあればどんなカレーも本場の味!ぜひお試しを。

V.A.『インドカレー屋のBGM』
(VICL-61685 \2,300(税込))
1. ラング・ラング(Alisha Chinoy/Sonu Nigam)
2. ビギー・ビギー(Srinivas/Sujatha)
3. ルート・ガイヤ(Saswati)
4. ホーソン・ピ・エイジ・バート(Sneha Pandit/Amitabh)
5. サマ・ハイ・スハーナ(Srinivas)
6. ジャハン・テリ・ナゼール(Sudesh Bhosle)
7. チャルティ・チャルティ(Anupama Deshpande)
8. ジャドゥー・テリ・ナゼール(VARIOUS)
9. アーンケン・ビー(Abhijeet)
10. ライラ・ライラ(Soumya Raoh)
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] 上原ひろみが驚異のハープ奏者エドマール・カスタネーダとのデュオ・プロジェクトを始動[インタビュー] “いいっすよ”から17年――サイプレス上野とロベルト吉野、ミニ・アルバム『大海賊』でメジャー・デビュー
[インタビュー] “今この時”を、考える――中村雅俊が「どこへ時が流れても / まだ僕にできることがあるだろう」に込めた同世代へのメッセージ[インタビュー] “何があっても”楽しく生きるんだという覚悟 真心ブラザーズ『FLOW ON THE CLOUD』
[インタビュー] サクソフォン四重奏を知らないかたにも素晴らしさを伝えたい――The Rev Saxophone Quartetが追求する伝統とオリジナリティ[インタビュー] ヒグチアイが目指す歌は、おしゃれじゃないけど“大切にしてきたもの”
[インタビュー] 若いリスナーにも良い音楽を届けたい――MASATOとMinnesotahが語る『KANDYTOWN LIFE presents “Land of 1000 Classics”』[インタビュー] Less Than TV25周年 大石規湖監督が記録した“ある家族”の日常、ドキュメンタリー映画「MOTHER FUCKER」
[インタビュー] ISEKIが追求する“自分らしさ”とは J-POPカヴァー集第2弾『AOR FLAVA -sweet blue-』[インタビュー] アイドルやめた――“渋谷系ガールズロックユニット”に転身したCANDY GO!GO!のリアル
[インタビュー] KANDYTOWNの新たな方向性も感じさせるソロ・アルバム、MUD『Make U Dirty』[インタビュー] 音楽にとどまらない、発想としての面白さ――ジェフ・パーカーがゆっくり語る『The New Breed』
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015