ニュース

ポスト・ロック・バンド Paper Bag Lunchbox、デビュー

PaperBagLunchbox   2005/08/02掲載(Last Update:08/03/31 17:57)
MyCDJ お気に入りリストに「」を追加/削除する はてなブックマークに追加
 七尾旅人ROVO鈴木祥子らが所属することで知られるwondergroundから新たにデビューを飾る、歌ものポスト・ロック・バンド、Paper Bag Lunchbox。彼らは大阪芸術大学在学中の2001年に結成された4人組で、これまでライヴを中心に活躍してきましたが、いよいよミニ・アルバム『PBLEP』(WRCD-31 \1,470(税込))で待望のCDデビューを果たします!

 プロデューサーには、スーパーカーの初期作品を手掛け、またそのスーパーカーの元ドラマーであるコーダイこと田沢公大とエレクトロニカ・ユニット“aM”(写真は『cross_the_circle』)を組んでいるサウンドエンジニア兼プロデューサーのカナイ・ヒロアキを起用し、ポップ、ダブ、ポスト・ロックを飲み込んだ音響的で美しい響きの全4曲を収録。aM絡みでコーダイも“Paper Bag Lunchboxは感情的というか叙情的というか、そういう表現がうまいなー”とのコメントを寄せています。4曲でトータル30分ということからも分かるように、ただの歌ものバンドではない独創的なサウンドを聴かせてくれる彼ら。発売は9月21日を予定していますので、新たな才能にご注目ください! なお、来年初頭にはフル・アルバムも予定されているそうです。

●『PBLEP』(WRCD-31 \1,470(税込))
(01) オレンジ
(02) スライド
(03) 雨
(04) 藍時
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] 便利で何でも手に入る時代だからこそ必要なこと――須永辰緒が導くジャズ最前線[インタビュー] ふっと飛び込んでくるワンフレーズ “現場の音楽”HIT『Be!!』
[インタビュー] 深くて豊かな音楽を目指した“名盤” 石橋 凌『may Burn!』[インタビュー] 私は変わり続ける。それは“出会い”を意味しているから――コリーヌ・ベイリー・レイ
[インタビュー] 美しさと暴力性、Ramzaの“手”に触れる『pessim』[インタビュー] 自分の存在を“やり続けること”で知らせる――ISSUGI×MASS-HOLE
[インタビュー] 今のラフィンノーズは超おもしろい――“50代のラフィンロール”を体現した新作『50’s ROLL』[インタビュー] ヒップホップとしてかっこよくいられたら――C.O.S.A.『Girl Queen』
[インタビュー] 自分の中にある伝統と革新―― 島 裕介が新世代ミュージシャンを率いて『Silent Jazz Case 3』を発表[インタビュー] たまには母ちゃんにみたらし団子を買ってかったりしぃや!――SHINGO★西成が3年をかけて辿り着いた『ここから・・・いまから』
[インタビュー] “大人ってカッコいい”と思えるような歌 ISEKI×中田裕二『AOR FLAVA』[インタビュー] 研ぎ澄まされた4人のアンサンブル――ライヴ・ベスト・アルバム『echoes』をリリースしたbohemianvoodoo
※ 弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015