ニュース

ポスト・ロック・バンド Paper Bag Lunchbox、デビュー

PaperBagLunchbox   2005/08/02掲載(Last Update:08/03/31 17:57)
はてなブックマークに追加
 七尾旅人ROVO鈴木祥子らが所属することで知られるwondergroundから新たにデビューを飾る、歌ものポスト・ロック・バンド、Paper Bag Lunchbox。彼らは大阪芸術大学在学中の2001年に結成された4人組で、これまでライヴを中心に活躍してきましたが、いよいよミニ・アルバム『PBLEP』(WRCD-31 \1,470(税込))で待望のCDデビューを果たします!

 プロデューサーには、スーパーカーの初期作品を手掛け、またそのスーパーカーの元ドラマーであるコーダイこと田沢公大とエレクトロニカ・ユニット“aM”(写真は『cross_the_circle』)を組んでいるサウンドエンジニア兼プロデューサーのカナイ・ヒロアキを起用し、ポップ、ダブ、ポスト・ロックを飲み込んだ音響的で美しい響きの全4曲を収録。aM絡みでコーダイも“Paper Bag Lunchboxは感情的というか叙情的というか、そういう表現がうまいなー”とのコメントを寄せています。4曲でトータル30分ということからも分かるように、ただの歌ものバンドではない独創的なサウンドを聴かせてくれる彼ら。発売は9月21日を予定していますので、新たな才能にご注目ください! なお、来年初頭にはフル・アルバムも予定されているそうです。

●『PBLEP』(WRCD-31 \1,470(税込))
(01) オレンジ
(02) スライド
(03) 雨
(04) 藍時
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] 角銅真実&西田修大が語る石若 駿『Songbook2』[特集] [LIVE Report] 愛され続けるシンガー・ソングライター藤田麻衣子のオール『緋色の欠片』曲によるスペシャル・ライヴ!
[インタビュー] 秋本帆華が語るチームしゃちほこの“これまで”と“これから”[インタビュー] 原点回帰を経て再確認した“本気”の在り所 加藤和樹『SPICY BOX』
[インタビュー] “世界の先端で戦うということ” BIGYUKI『リーチング・フォー・ケイローン』[インタビュー] 音楽の“過去と未来”とを想像力でつないでみせる歌 高田 漣『ナイトライダーズ・ブルース』
[インタビュー] 永遠に愛される曲を目指して――サラ・オレインが真価を発揮した『Cinema Music』[インタビュー] ノリとヴァイブスだけで作った音楽を“ヒップホップ”としてパッケージ化する GRADIS NICE & YOUNG MAS(Febb)
[インタビュー] 密接な関係性ありきの音楽 MIKUMARI×OWL BEATS『FINEMALT NO.7』[インタビュー] (想像以上に)挙動不審!? 廣瀬真理子が総勢22人の“ドリアンな奴ら”を率いてアルバムをリリース
[インタビュー] 「知らない土地で出会う風景や人から音楽が生まれる」 ――ピアニスト、ジェイコブ・コーラーが描くシネマティックな世界[インタビュー] 上原ひろみが驚異のハープ奏者エドマール・カスタネーダとのデュオ・プロジェクトを始動
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015