音楽出版社 データ提供サービス
ニュース

ポスト・ロック・バンド Paper Bag Lunchbox、デビュー

PaperBagLunchbox   2005/08/02掲載(Last Update:08/03/31 17:57)
MyCDJ お気に入りリストに「」を追加/削除する はてなブックマークに追加
 七尾旅人ROVO鈴木祥子らが所属することで知られるwondergroundから新たにデビューを飾る、歌ものポスト・ロック・バンド、Paper Bag Lunchbox。彼らは大阪芸術大学在学中の2001年に結成された4人組で、これまでライヴを中心に活躍してきましたが、いよいよミニ・アルバム『PBLEP』(WRCD-31 \1,470(税込))で待望のCDデビューを果たします!

 プロデューサーには、スーパーカーの初期作品を手掛け、またそのスーパーカーの元ドラマーであるコーダイこと田沢公大とエレクトロニカ・ユニット“aM”(写真は『cross_the_circle』)を組んでいるサウンドエンジニア兼プロデューサーのカナイ・ヒロアキを起用し、ポップ、ダブ、ポスト・ロックを飲み込んだ音響的で美しい響きの全4曲を収録。aM絡みでコーダイも“Paper Bag Lunchboxは感情的というか叙情的というか、そういう表現がうまいなー”とのコメントを寄せています。4曲でトータル30分ということからも分かるように、ただの歌ものバンドではない独創的なサウンドを聴かせてくれる彼ら。発売は9月21日を予定していますので、新たな才能にご注目ください! なお、来年初頭にはフル・アルバムも予定されているそうです。

●『PBLEP』(WRCD-31 \1,470(税込))
(01) オレンジ
(02) スライド
(03) 雨
(04) 藍時
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] 自分に対してのメッセージ・ソング――中村雅俊、53枚目のシングル「ならば風と行け」リリース[インタビュー] スティーヴィー・ワンダーのギター・サウンドを担う中村陽平が語る「挑戦」と「夢」
[インタビュー] “心に残る”出会いの場所――ピーター・バラカン、音楽フェス〈LIVE MAGIC!〉を語る[インタビュー] “生きている”感じ、もしくは夢の中――Boris『PINK』からの10年とツアーという“生活”
[インタビュー] エンニオ・モリコーネが語る「ある天文学者の恋文」と映画音楽の“怖い”話[特集] CDジャーナル ムック「ヘッドフォンブック2016」が選ぶ ヘッドフォンアワード 2015-2016
[インタビュー] 今や父娘のような関係――トロンボーン奏者の清水真弓、2ndアルバムは“夢の師弟共演”[インタビュー] 希望は必ずやって来る――藤森愛が原点に立ち返って挑んだ『I(アイ)』
※ 弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015