ニュース

ポスト・ロック・バンド Paper Bag Lunchbox、デビュー

PaperBagLunchbox   2005/08/02掲載(Last Update:08/03/31 17:57)
はてなブックマークに追加
 七尾旅人ROVO鈴木祥子らが所属することで知られるwondergroundから新たにデビューを飾る、歌ものポスト・ロック・バンド、Paper Bag Lunchbox。彼らは大阪芸術大学在学中の2001年に結成された4人組で、これまでライヴを中心に活躍してきましたが、いよいよミニ・アルバム『PBLEP』(WRCD-31 \1,470(税込))で待望のCDデビューを果たします!

 プロデューサーには、スーパーカーの初期作品を手掛け、またそのスーパーカーの元ドラマーであるコーダイこと田沢公大とエレクトロニカ・ユニット“aM”(写真は『cross_the_circle』)を組んでいるサウンドエンジニア兼プロデューサーのカナイ・ヒロアキを起用し、ポップ、ダブ、ポスト・ロックを飲み込んだ音響的で美しい響きの全4曲を収録。aM絡みでコーダイも“Paper Bag Lunchboxは感情的というか叙情的というか、そういう表現がうまいなー”とのコメントを寄せています。4曲でトータル30分ということからも分かるように、ただの歌ものバンドではない独創的なサウンドを聴かせてくれる彼ら。発売は9月21日を予定していますので、新たな才能にご注目ください! なお、来年初頭にはフル・アルバムも予定されているそうです。

●『PBLEP』(WRCD-31 \1,470(税込))
(01) オレンジ
(02) スライド
(03) 雨
(04) 藍時
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] 一緒に挑戦していきたい――すべてを出すことができるアンサンブル“MIZUTANI×TAIRIKU”[インタビュー] “雑食主義”のフィメール・ラッパー、HITが放つファースト・アルバム『THE HIT』!
[インタビュー] 一音一音の美しさを目指して――本田珠也がICTUS Trioを始動[インタビュー] ジャズ・シンガーとして新たな一歩を踏み出したMoon『Kiss Me』
[インタビュー] ソムリエのように、ピアノ音楽の楽しさを伝える――大井 健が初の映像作品『Piano Love The Movie』を発表[インタビュー] 自分たちも知らない、さらなる可能性を求めて――DaizyStripper「4GET ME NOT」
[インタビュー] スペシャルインタビュー 坂本慎太郎[インタビュー] 飼い慣らされない女たち――キノコホテル創業10周年 マリアンヌ東雲が2017年を振り返る
[インタビュー] 静的でありながら“不穏の予感”それでいて“快楽そのもの” ギリシャラブ・天川悠雅が目指す、理想の音楽[インタビュー] 西恵利香、2018年へ “いつでもそこで歌ってる人でありたい”
[インタビュー] サクソフォン奏者として、新たにバッハの音楽に息を吹き込む――上野耕平が挑むJ.S.バッハの無伴奏作品集[インタビュー] ビッグバンドは一生もの!――守屋純子がジャズ100周年を祝う「The 100th Anniversary of Jazz: Legends of Yesterday and Today」
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015