ニュース

オアシス、コールドプレイ、ゴリラズの最新シングル情報

2005/08/04掲載(Last Update:08/03/31 17:57)
はてなブックマークに追加
 国内外で好評価を得ている、オアシス『ドント・ビリーヴ・ザ・トゥルース』からの2ndシングル「インポータンス・オヴ・ビーイング・アイドル」が、日本、英国でそれぞれ発売される予定です。日本盤CD(EICP-550 \1,260(税込))、UK盤CDともに全3曲入りとなる予定で、日本盤は8月24日に、UK盤は8月22日にそれぞれ予定されています。UKでは、CD版とともに7インチ版、DVD版もそれぞれ発売される予定で、DVD版には「インポータンス・オヴ〜」のビデオ・クリップ、デモ、メイキング映像などが収録される模様です。

 また、大ヒットを記録しているコールドプレイ『X&Y』からの2ndシングル「フィックス・ユー」も、日本、英国でそれぞれ発売される予定。日本盤(TOCP-61103 \1,500(税込):セキュアCD仕様)は9月7日に、UK盤は8月22日にそれぞれ発売される予定となっています。なお日本盤とUK盤では曲目が変更になる可能性もあるそうなので、ファンはご注意ください。

 そして、ゴリラズ『ディーモン・デイズ』からの2ndシングル「デア」も、日本、英国でそれぞれ発売される予定。日本盤(TOCP-61104 \1,500(税込))は9月7日に、UK盤CDは8月29日にそれぞれ予定されています。日本盤とUK盤は内容が異なる予定で、日本盤には全4曲+「デア」のビデオ・クリップがCDエクストラとして収録される模様。UKではDVD版も同時発売される予定です。

 なお、8月31日には『ディーモン・デイズ』のスペシャル・プライス盤(TOCP-66466:セキュアCD仕様)が期間限定で発売される予定。価格は\1,680(税込)となり、ジャケット・アートワーク、ボーナス・トラックが現在流通している通常盤(写真)と異なるものが採用・収録される模様です。また9月7日には、すでに完売していた『ディーモン・デイズ』のDVD付限定盤(TOCP-66381 \3,500(税込):CCCD仕様)が5,000セット限定で再プレスされる予定もあるそうです。

●オアシス2ndシングル「インポータンス・オヴ・ビーイング・アイドル」
・日本盤CD(EICP-550 \1,260(税込))
UK盤CD
1. The Importance Of Being Idle
2. Pass Me Down The Wine
3. The Quiet Ones

DVD版
1. Original Version
2. Demo
3. Video
4. The Making Of (Documentary)
5. Downloadable Wallpaper
続報
コールドプレイの国内盤シングル、中止
コールドプレイ「フィックス・ユー」の日本盤シングルが発売中止になりました。
[ 2005/08/30掲載 ]
コールドプレイの最新シングル、国内盤延期
コールドプレイのシングル「フィックス・ユー」の日本盤が発売延期に。発売は9月14日に予定されています。
[ 2005/08/24掲載 ]
コールドプレイ、ゴリラズの最新シングル、国内はセキュアCD
1:コールドプレイのシングル「フィックス・ユー」の日本盤(TOCP-61103 \1,500(税込))がセキュアCD仕様での販売となりました。
2:ゴリラズ『ディーモン・デイズ』のスペシャル・プライス盤(TOCP-66466)もセキュアCD仕様での販売となりました。
[ 2005/08/09掲載 ]
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] アイドルやめた――“渋谷系ガールズロックユニット”に転身したCANDY GO!GO!のリアル[インタビュー] KANDYTOWNの新たな方向性も感じさせるソロ・アルバム、MUD『Make U Dirty』
[インタビュー] 音楽にとどまらない、発想としての面白さ――ジェフ・パーカーがゆっくり語る『The New Breed』[インタビュー] 良い意味で遠回りをしてきた――20周年を前に、韻シストが開けた次への扉
[インタビュー] 過去を否定せず、未来を大切にする 渡瀬マキが語る“Fresh”なLINDBERG[インタビュー] トロピカルハウスを取り入れても、最後は自分たちの曲になる ココロオークションの自信と革新性
[インタビュー] ファースト・キスは1回しかないのがいい メンバーの“リアル”を大声で歌うロック・バンド、The MANJI[インタビュー] “熱さ”が戻ってきた――ユニットとしての自覚が芽生えた“今のChu-Z”
[インタビュー] 便利で何でも手に入る時代だからこそ必要なこと――須永辰緒が導くジャズ最前線[インタビュー] ふっと飛び込んでくるワンフレーズ “現場の音楽”HIT『Be!!』
[インタビュー] 深くて豊かな音楽を目指した“名盤” 石橋 凌『may Burn!』[インタビュー] 私は変わり続ける。それは“出会い”を意味しているから――コリーヌ・ベイリー・レイ
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015