ニュース

エルトン・ジョン『キャプテン・ファンタスティック』デラックス・エディション盤化

2005/08/05掲載(Last Update:08/03/31 17:57)
はてなブックマークに追加
 『黄昏のレンガ路』などに並び、エルトン・ジョンの全盛期を飾る1枚である1975年作『キャプテン・ファンタスティック(Captain Fantastic and the Brown Dirt Cowboy)』(写真)が発売30周年を記念してデラックス・エディション盤として復刻されます!

 米ビルボード誌史上初の初登場1位を記録するという音楽史にその名を残す本作は、シングルのビッグ・ヒットはないものの、二人三脚で数々の名曲を生み出した作詞家のバーニー・トーピンが“私たちが作った中で、おそらく最も素晴らしいアルバム”と語るなど、アルバムとしての完成度は彼の作品のなかでも最高の部類に入るもの。

 今回の復刻では、オリジナル収録曲にシングルB面曲などを加えたディスク、そして、1975年6月21日にロンドンで開催されたライヴの模様を収録したライヴ・ディスクをセットにしたCD2枚組での発売を予定。シングルB面曲のなかには、ジョン・レノンとのデュエット曲「Lucy in the Sky With Diamonds」や、ジョン・レノンによって書かれた「One Day at a Time」もあるとのこと。またライヴ・ディスクには、ザ・ビーチ・ボーイズイーグルスチャカ・カーンジョー・ウォルシュらが当日ゲスト参加していました。発売はUSにて9月13日の予定です。

『キャプテン・ファンタスティック』デラックス・エディション盤
≪ディスク1≫
(01) Captain Fantastic and the Brown Dirt Cowboy
(02) Tower of Babel
(03) Bitter Fingers
(04) Tell Me When the Whistle Blows
(05) Someone Saved My Life Tonight
(06) Gotta Get a Meal Ticket
(07) Better Off Dead
(08) Writing
(09) We All Fall in Love Sometimes
(10) Curtains
【ボーナス・トラック】
(11) Lucy in the Sky With Diamonds (single)
(12) One Day at a Time (B-side)
(13) Philadelphia Freedom (single)
(14) House of Cards (B-side)

≪ディスク2:Live at Wembley Stadium, London, June 21, 1975≫
(01) Captain Fantastic and the Brown Dirt Cowboy
(02) Tower of Babel
(03) Bitter Fingers
(04) Tell Me When the Whistle Blows
(05) Someone Saved My Life Tonight"
(06) Gotta Get a Meal Ticket
(07) Better Off Dead
(08) Writing
(09) We All Fall in Love Sometimes
(10) Curtains
(11) Pinball Wizard
(12) Saturday Night's Alright for Fighting
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] アイドルやめた――“渋谷系ガールズロックユニット”に転身したCANDY GO!GO!のリアル[インタビュー] KANDYTOWNの新たな方向性も感じさせるソロ・アルバム、MUD『Make U Dirty』
[インタビュー] 音楽にとどまらない、発想としての面白さ――ジェフ・パーカーがゆっくり語る『The New Breed』[インタビュー] 良い意味で遠回りをしてきた――20周年を前に、韻シストが開けた次への扉
[インタビュー] 過去を否定せず、未来を大切にする 渡瀬マキが語る“Fresh”なLINDBERG[インタビュー] トロピカルハウスを取り入れても、最後は自分たちの曲になる ココロオークションの自信と革新性
[インタビュー] ファースト・キスは1回しかないのがいい メンバーの“リアル”を大声で歌うロック・バンド、The MANJI[インタビュー] “熱さ”が戻ってきた――ユニットとしての自覚が芽生えた“今のChu-Z”
[インタビュー] 便利で何でも手に入る時代だからこそ必要なこと――須永辰緒が導くジャズ最前線[インタビュー] ふっと飛び込んでくるワンフレーズ “現場の音楽”HIT『Be!!』
[インタビュー] 深くて豊かな音楽を目指した“名盤” 石橋 凌『may Burn!』[インタビュー] 私は変わり続ける。それは“出会い”を意味しているから――コリーヌ・ベイリー・レイ
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015