ニュース

アレハンドロ・ホドロフスキー最新作「エンドレス・ポエトリー」と人気サロン「DISCO」のコラボ・ネイル受付開始

アレハンドロ・ホドロフスキー(Alexandro Jodorowsky)   2017/11/14 13:56掲載
はてなブックマークに追加
アレハンドロ・ホドロフスキー最新作「エンドレス・ポエトリー」と人気サロン「DISCO」のコラボ・ネイル受付開始
 88歳の鬼才アレハンドロ・ホドロフスキーがクラウド・ファンディングでの支援を得て、名匠クリストファー・ドイルによる撮影で完成させた自伝的最新作「エンドレス・ポエトリー」が11月18日(土)より東京・新宿シネマカリテ、ヒューマントラストシネマ有楽町、アップリンク渋谷ほかにて全国順次ロードショウ。公開を記念し、人気ネイルサロン「DISCO nail」が映画とのコラボレーション・ネイルを製作。同店での受付がスタートしています。

 ホドロフスキー監督が自身の初恋や、仲間たちとの青春の日々を“マジックリアリズム”の手法を用いて描く「エンドレス・ポエトリー」。コラボ・ネイルは、若かりし日のホドロフスキー監督のアーティスト仲間“爆裂画家”をイメージしたデザインとなっています。詳しくは特設ページにてご確認ください。

拡大表示拡大表示拡大表示


DISCO nail
〒150-0041 東京都渋谷区神南1-14-9 3F
03-3464-7831
営業時間: 11:00〜21:00(土・日・祝は19:00まで)
disco-tokyo.com

「エンドレス・ポエトリー」
2017年11月18日(土)
新宿シネマカリテ / ヒューマントラストシネマ有楽町 / アップリンク渋谷ほか 全国順次公開
www.uplink.co.jp/endless

世界に潜むマジック・リアリズムを追い求め続ける。
88歳のホドロフスキー監督が観る者すべてに贈る、“真なる生”への招待状。
舞台は故郷トコピージャから首都サンティアゴへ。父親との軋轢や自身の葛藤を抱えたホドロフスキーは、初めての恋や友情、古い規則や制約に縛られない若きアーティストたちとの出会いと交流を経て、囚われていた檻から解放され詩人としての自己を確立する。
本作はフランス、チリ、日本の共同製作で、新作を望む世界中のファン約1万人からキックスターター、インディゴーゴーといったクラウド・ファンディングで資金の多くを集めて製作された、まさに待望の新作。
撮影監督は『恋する惑星』(94年 / ウォン・カーウァイ監督)など、手持ちカメラを使った独特の映像で知られるクリストファー・ドイル。
自身の青年時代を虚実入り交じったマジック・リアリズムの手法で瑞々しく描き、「生きること」を全肯定する青春映画の傑作。


2016年 / フランス・チリ・日本 / 128分 / スペイン語 / 1:1.85 / 5.1ch DCP

監督・脚本: アレハンドロ・ホドロフスキー
撮影: クリストファー・ドイル
出演: アダン・ホドロフスキー / パメラ・フローレス / ブロンティス・ホドロフスキー / レアンドロ・ターブ / イェレミアス・ハースコヴィッツ
配給: アップリンク
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] 一緒に挑戦していきたい――すべてを出すことができるアンサンブル“MIZUTANI×TAIRIKU”[インタビュー] “雑食主義”のフィメール・ラッパー、HITが放つファースト・アルバム『THE HIT』!
[インタビュー] 一音一音の美しさを目指して――本田珠也がICTUS Trioを始動[インタビュー] ジャズ・シンガーとして新たな一歩を踏み出したMoon『Kiss Me』
[インタビュー] ソムリエのように、ピアノ音楽の楽しさを伝える――大井 健が初の映像作品『Piano Love The Movie』を発表[インタビュー] 自分たちも知らない、さらなる可能性を求めて――DaizyStripper「4GET ME NOT」
[インタビュー] スペシャルインタビュー 坂本慎太郎[インタビュー] 飼い慣らされない女たち――キノコホテル創業10周年 マリアンヌ東雲が2017年を振り返る
[インタビュー] 静的でありながら“不穏の予感”それでいて“快楽そのもの” ギリシャラブ・天川悠雅が目指す、理想の音楽[インタビュー] 西恵利香、2018年へ “いつでもそこで歌ってる人でありたい”
[インタビュー] サクソフォン奏者として、新たにバッハの音楽に息を吹き込む――上野耕平が挑むJ.S.バッハの無伴奏作品集[インタビュー] ビッグバンドは一生もの!――守屋純子がジャズ100周年を祝う「The 100th Anniversary of Jazz: Legends of Yesterday and Today」
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015