ニュース

アンドリュー・ロイド=ウェバー70周年を記念するミュージカル・コンサートが6月に開催決定

アンドリュー・ロイド・ウェバー   2018/03/14 13:23掲載
はてなブックマークに追加
アンドリュー・ロイド=ウェバー70周年を記念するミュージカル・コンサートが6月に開催決定
 〈キャッツ〉〈ジーザス・クライスト・スーパースター〉〈エビータ〉〈オペラ座の怪人〉〈スクール・オブ・ロック〉などのミュージカル作品で知られるイギリスの作曲家、アンドリュー・ロイド=ウェバー(Andrew Lloyd Webber)の生誕70周年を記念し、〈アンドリュー・ロイド=ウェバー ミュージカル・コンサート〉が6月9日(土)と10日(日)に計3公演、東京・渋谷 東急シアターオーブで開催。

 公演では、ブロードウェイやウエスト・エンドなどでロイド=ウェバー作品に出演していたミュージカル・スターたちが名曲の数々を歌唱。出演者の第1弾としてマイケル・ゼイヴィア(Michael Xavier)、セリンダ・シューンマッカー(Celinde Schoenmaker)が発表されており、ほかの出演者は順次発表されます。

 また、3月16日(金)に発売される、ロイド=ウェバー自身の選曲 / 監修による最新ベスト・アルバム『アンマスクト(ザ・プラチナム・コレクション)』(UICY-15714〜5 3,600円 + 税)から、ラナ・デル・レイ(Lana Del Rey)による「ユー・マスト・ラヴ・ミー」の音源が公開されています。この楽曲は、マドンナが主演した1996年の映画版『エビータ』のためにロイド=ウェバーが書き下ろしたもので、同年のアカデミー歌曲賞を受賞しています。



ワールド・ミュージカル・コンサート アンドリュー・ロイド=ウェバー ミュージカル・コンサート
theatre-orb.com/lineup/wmcs

2018年
6月9日(土)18:00〜
6月10日(日)13:00〜
6月10日(日)18:00〜
東京 渋谷 東急シアターオーブ
SS席: 12,000円 / S席: 10,000円 / A席: 8,000円 / B席: 5,000円 / 学生チケット 4,500円
※全席指定・税込


[出演]
マイケル・ゼイヴィア / セリンダ・シューンマッカー
※ほかキャストは決定次第順次発表。

[予定プログラム]
エビータ
オペラ座の怪人
キャッツ
サンセット大通り
ジーザス・クライスト=スーパースター
ヨセフと不思議なテクニカラー・ドリームコート ほか


■2018年3月16日(金)発売
アンドリュー・ロイド・ウェバー
アンマスクト(ザ・プラチナム・コレクション)

UICY-15714〜5 3,600円 + 税

[CD1]
01. スーパースター / マレイ・ヘッド・ウィズ・ザ・トリニダッド・シンガーズ
02. オペラ座の怪人 / サラ・ブライトマン&マイケル・クロフォード
03. アルゼンチンよ泣かないで / ジュリー・コヴィントン
04. スティック・イット・トゥ・ザ・マン / アレックス・ブライトマン&ザ・ブロードウェイ・キャスト・オブ・スクール・オブ・ロック
05. ラヴ・チェンジズ・エヴリシング / マイケル・ボール
06. ウィズ・ワン・ルック / バーブラ・ストライサンド
07. メモリー * / ニコール
08. ノー・マター・ホワット / ボーイゾーン
09. ブエノス・アイレス / グリー・キャスト
10. テイク・ザット・ルック・オフ・ユア・フェイス / マーティ・ウェッブ
11. 希望の光、スターライト * / グレゴリー・ポーター
12. ザ・ミュージック・オブ・ザ・ナイト / マイケル・クロフォード
13. ピエ・イエス / アンナ・ネトレプコ
14. ゲッセマネの園 / イアン・ギラン
15. エニー・ドリーム・ウィル・ドゥ / ダニー・オズモンド
16. サンセット・ブールーヴァード / ケヴィン・アンダーソン
17. アミーゴス・パラ・シエンプレ / サラ・ブライトマン&ホセ・カレーラ
18. 不思議猫、マキャヴィティ/ ウェンディ・エドメアド&ドナ・キング
19. 私はイエスがわからない / イヴォンヌ・エリマン

[CD2]
01. アズ・イフ・ウィ・ネヴァー・セッド・グッドバイ / グレン・クローズ
02 テーマ(パガニーニのカプリース第24番イ短調)〜変奏曲1-4 / アンドリュー・ロイド・ウェバー
03 アンエクスペクティド・ソング / サラ・ブライトマン
04 ユー・マスト・ラヴ・ミー* / ラナ・デル・レイ
05 エヴリシングズ・オ−ルライト / イヴォンヌ・エリマン、イアン・ギラン&マレイ・ヘッド
06 アナザー・スーツケース / マドンナ
07 ザ・ヴォウルツ・オブ・ヘヴン / トム・ジョーンズ・ウィズ・ザ・サウンズ・オブ・ブラックネス
08 ユーアー・イン・ザ・バンド / ブロードウェイ・キャスト・オブ・スクール・オブ・ロック
09 君の歌を聴けるまで / ラミン・カリムルー
10 イッツ・イージー・フォー・ユー / エルヴィス・プレスリー
11 コールド / エヴァリー・ブラザーズ
12 カム・バック・ウィズ・ザ・セイム・ルック / デニス・ヴァン・オーテン
13 ラヴ・ネヴァー・ダイズ / シエラ・ボーゲス
14 魔術師猫、ミストフェリーズ氏 / ポール・ニコラス
15 僕はスターライト / ミーシャ・パリス&ジョージ・ユーロ
16 オール・アイ・アスク・オブ・ユー / クリフ・リチャード&サラ・ブライトマン
17 虹のように / エレイン・ペイジ
18 テル・ミー・オン・ア・サンデー (いつか日曜日に) / マイケル・クロフォード
19 もう一度姿を現して (墓場にて)(ライヴ・アッド・ザ・ロイヤル・アルバート・ホール) / シエラ・ボーゲス
20 ラーン・トゥ・ビー・ロンリー(ライヴ・アット・ジ・オスカー) / ビヨンセ&アンドリュー・ロイド・ウェバー **


*本作のためのニュー・レコーディング
** ボーナス・トラック
オール・ジャンル 最新ニュース
 
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] 「でもしょうがないんだよね」と言ってほしい。言ってあげたい――ヒグチアイの“らしさ”が詰まった『日々凛々』[インタビュー] ある意味ニセモノ──半田健人が構築した“メタ・フォーク”アルバム『生活』
[インタビュー] 人を思って、願う気持ちが愛情――YU-A、3年振りの新作『OFF』[インタビュー] やらせたらスゴい──不良のメンタリティとストイックな姿勢を併せ持つラッパー・デュオ、GAZZA CROOKS
[インタビュー] 音楽を作り、演奏する――“覇道を往く”陰陽座の決意表明[インタビュー] GFRIEND 巷で噂のK-POPグループ、日本本格上陸
[インタビュー] シャープだけど薄くない、ただただカッコイイことだけをやりたいグループ――Cracks Brothers[インタビュー] 歌声で彩りを――“ヴォーカル”グループとして新たな道を切り拓くCOLOR CREATION
[インタビュー] パーティは終わった――2018年、STRUGGLE FOR PRIDEが贈る憎しみの音楽[インタビュー] もう変わる必要はないし、これをずっとやっていけばいい “時代を逆走する”小林太郎の決意と信念
[インタビュー] 原動力は愛、すべてのものへの愛――般若『話半分』[インタビュー] 限りあるこの日々を追い続けよう――伝説のアイドル、セイントフォー再始動
新譜情報
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
データ提供サービス
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015