ニュース

アルノー・レボティーニの新曲も収めた映画「BPM」のサウンドトラック集発売

Arnaud Rebotini   2017/12/14 12:48掲載
はてなブックマークに追加
アルノー・レボティーニの新曲も収めた映画「BPM」のサウンドトラック集発売
 今年5月に開催された第70回〈カンヌ国際映画祭〉で、グランプリと国際映画批評家連盟賞を受賞。コンペティション部門の審査委員長を務めたペドロ・アルモドバルが「素晴しかった!最初から最後まで心を打たれた」と激賞した、ロバン・カンピヨ監督作品「BPM」のアルノー・レボティーニ(Arnaud Rebotini)によるサントラ盤『BPM ビート・パー・ミニット オリジナル・サウンドトラック・バイ・アルノー・レボティーニ』(RTMCD-1290 2,200円 + 税)が12月24日(日)に発売されます。

 レボティーニは、フランスのエレクトロ・ロック・ユニット、ブラック・ストロボのメンバーで、プロデューサーとしても活躍中。アルバムには、レボティーニの新曲を中心に、Mr.フィンガーズブロンスキ・ビートなどのダンス・クラシックスのリメイクなどを収録しています。

 映画の舞台は90年代初めのパリ。エイズ発症者やHIV感染者への差別や不当な扱いに抗議し、政府や製薬会社などへ変革に挑んだ実在の団体“ACT UP-Paris”の活動を通して、若者たちの恋と人生の輝きを描いています。物語は自身がACT UPのメンバーだったという監督の経験がベースとなっており、明日も知れぬ命を抱える主人公の葛藤、感染者を一人でも減らしたい、友人の命を助けたいという情熱、恋人との限りある愛……。生と死、理想と現実の狭間で揺れ動きながらも、強く生きる若者たち。彼らの生き生きとした表情や行動が、力強くエモーショナルな映像とともに綴られています。

 日本では2018年3月24日(土)より東京・ヒューマントラストシネマ有楽町、新宿武蔵野館、ユーロスペースほかで公開されます。



■2018年12月24日(日)発売
アルノー・レボティーニ
『BPM ビート・パー・ミニット オリジナル・サウンドトラック・バイ・アルノー・レボティーニ』

RTMCD-1290 2,200円 + 税

[収録曲]
01. 120 Battements Par Minute
02. Premiers Battements
03. Sean & Nathan la Nuit
04. Meltonpharm
05. Jeremie est Mort du Sida
06. Pride
07. La Parade
08. Bronski Beats - Smalltown Boy(Arnaud Rebotini Remix)
09. Le Scanner
10. Le Premier Club
11. Azt Ddi Ddc
12. Le Pont
13. What About This Love(Kenlou Remix)
14. Sean & Nathan
15. Minority’s Swing(Bonus Track)
16. Housing Committee(Bonus Track)
17. A Prayer For You(Bonus Track)
オール・ジャンル 最新ニュース
 
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] 屈強でしなやかな東京のヒップホップ――KANDYTOWNのビートメイカー、MIKIがファースト・ソロ・アルバム『137』を発表[インタビュー] より肉体的なものへ――神奈川・逗子を拠点とするHalf Mile Beach Clubが初の単独作を発表
[インタビュー] “続編”ではなく“新作”を作ろう きゃりーぱみゅぱみゅ「きみのみかた」[インタビュー] “俺の不幸で踊ってくれ!”――沖縄出身のラッパー、唾奇が最新作『道-TAO-』をリリース
[特集] [LIVE Report] まっすぐな気持ちを届けてくれる藤田麻衣子の歌[インタビュー] 自分というジャンルをちゃんと作りたい “シンガー・ソングライター”Nao Kawamura初のフル・アルバム『Kvarda』
[インタビュー] 「アワ・マン・イン・トーキョー〜バラッド・オブ・シン・ミヤタ」、宮田 信の仕事とは?[特集] ヘルベルト・フォン・カラヤン生誕110年記念! 数々の名盤が“理想の音”に迫る高音質で登場
[インタビュー] いい歌をたくさん歌って、レコーディングして残したい――フォルテ・ディ・クアトロのセカンド・アルバム『アヴェ・マリア〜CLASSICA』[インタビュー] 決め手は興奮が蘇ってくるかどうか――THOUSAND EYESが放つ“最高傑作”『DAY OF SALVATION』
[インタビュー] “ヤバさ”はこれだ――BES&ISSUGIの自信が浮かび上がる『VIRIDIAN SHOOT』[インタビュー] 小曽根 真 既存の概念を打ち壊すのではなく、共存するイメージで―― ニューヨーク・フィルハーモニックと共演した『ビヨンド・ボーダーズ』
新譜情報
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
データ提供サービス
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015