ニュース

ベアネイキッド・レディースからリード・シンガーのスティーヴン・ペイジが脱退

ベアネイキッド・レディース(Barenaked Ladies)   2009/02/26 14:56掲載
MyCDJ お気に入りリストに「」を追加/削除する はてなブックマークに追加
 ユーモア感覚に彩られたキャッチーなポップ・ロック・サウンドを聴かせてくれる、カナダ出身のロック・バンド、ベアネイキッド・レディース(Barenaked Ladies/BL)から、リード・シンガーのスティーヴン・ペイジ(Steven Page)が脱退。バンドの公式サイトによれば、スティーヴンは今後、自身のソロ・プロジェクトに力を注いでいくとのこと。BLは残ったメンバー4人で活動を継続する意向で、4月よりニュー・アルバムの制作に取り掛かる予定です。

 BLはもともと、ペイジとエド・ロバートソンが出会ったことから始まったバンドで、その2人を中心に1988年に結成。本国カナダではかなりの人気を誇り、また200万枚を越えるセールスを記録した代表作『スタント』(98年/写真)ほかで、アメリカや日本でも知られています。

 なお、今回の件との因果関係は不明ですが、ペイジは2008年にニューヨークで麻薬取締法違反で逮捕されていました。
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] 便利で何でも手に入る時代だからこそ必要なこと――須永辰緒が導くジャズ最前線[インタビュー] ふっと飛び込んでくるワンフレーズ “現場の音楽”HIT『Be!!』
[インタビュー] 深くて豊かな音楽を目指した“名盤” 石橋 凌『may Burn!』[インタビュー] 私は変わり続ける。それは“出会い”を意味しているから――コリーヌ・ベイリー・レイ
[インタビュー] 美しさと暴力性、Ramzaの“手”に触れる『pessim』[インタビュー] 自分の存在を“やり続けること”で知らせる――ISSUGI×MASS-HOLE
[インタビュー] 今のラフィンノーズは超おもしろい――“50代のラフィンロール”を体現した新作『50’s ROLL』[インタビュー] ヒップホップとしてかっこよくいられたら――C.O.S.A.『Girl Queen』
[インタビュー] 自分の中にある伝統と革新―― 島 裕介が新世代ミュージシャンを率いて『Silent Jazz Case 3』を発表[インタビュー] たまには母ちゃんにみたらし団子を買ってかったりしぃや!――SHINGO★西成が3年をかけて辿り着いた『ここから・・・いまから』
[インタビュー] “大人ってカッコいい”と思えるような歌 ISEKI×中田裕二『AOR FLAVA』[インタビュー] 研ぎ澄まされた4人のアンサンブル――ライヴ・ベスト・アルバム『echoes』をリリースしたbohemianvoodoo
※ 弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015