ニュース

ベアネイキッド・レディースからリード・シンガーのスティーヴン・ペイジが脱退

ベアネイキッド・レディース(Barenaked Ladies)   2009/02/26 14:56掲載
MyCDJ お気に入りリストに「」を追加/削除する はてなブックマークに追加
 ユーモア感覚に彩られたキャッチーなポップ・ロック・サウンドを聴かせてくれる、カナダ出身のロック・バンド、ベアネイキッド・レディース(Barenaked Ladies/BL)から、リード・シンガーのスティーヴン・ペイジ(Steven Page)が脱退。バンドの公式サイトによれば、スティーヴンは今後、自身のソロ・プロジェクトに力を注いでいくとのこと。BLは残ったメンバー4人で活動を継続する意向で、4月よりニュー・アルバムの制作に取り掛かる予定です。

 BLはもともと、ペイジとエド・ロバートソンが出会ったことから始まったバンドで、その2人を中心に1988年に結成。本国カナダではかなりの人気を誇り、また200万枚を越えるセールスを記録した代表作『スタント』(98年/写真)ほかで、アメリカや日本でも知られています。

 なお、今回の件との因果関係は不明ですが、ペイジは2008年にニューヨークで麻薬取締法違反で逮捕されていました。
オール・ジャンル 最新ニュース
 
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] 盛り上がる日本のアイリッシュ / ケルト音楽シーン[前編] インタビュー: 豊田耕三(O’Jizo)[インタビュー] 誰かの音楽と繋がることを恐れない――誰にも似ていないギタリスト、ヤコブ・ブロの謎に迫る
[インタビュー] フックアップしながら自分も“新鮮さ”をもらってる、その関係性こそがヒップホップ ISSUGI「7INC TREE」[インタビュー] “大人になった”LIFriendsが伝えるメッセージ「俺たちのララバイ」
[インタビュー] どんどん面倒臭い人間になって――グッドガールに別れを告げたテンテンコの目覚め[インタビュー] 虹のコンキスタドールがメジャー・デビュー! 赤組メンバーを徹底紹介
[インタビュー] やりたいのは“フェチじゃない”こと――ENDON『THROUGH THE MIRROR』に映るもの[インタビュー] 音楽に対してハングリーであるということ FEBB AS YOUNG MASON
※ 弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015