ニュース

“ビートルズ meets メタリカ”のビータリカが新作『Masterful Mystery Tour』をリリース!

ビータリカ(BEATALLICA)   2009/07/03掲載(Last Update:09/07/07 14:33)
はてなブックマークに追加
“ビートルズ meets メタリカ”のビータリカが新作『Masterful Mystery Tour』をリリース!
 ビートルズの楽曲をメタリカ風に演奏するという、その独特のスタイルで注目を集めるビータリカ(Beatallica)ついに昨年に日本デビューも飾った噂の4人組が、新たなアルバムを引っ提げて帰ってきます!

 デビュー・アルバム『サージェント・ヘットフィールズ・モーターブレス・パブ・バンド』(2007年)、企画アルバム『オール・ユー・ニード・イズ・ブラッド(血こそすべて)』(2008年)に続く作品リリースで、タイトルは『Masterful Mystery Tour』(写真)。ビートルズの『Magical Mystery Tour』とメタリカの『Master Of Puppets』を融合したアルバム・タイトルからも想像できるように、今回も“ビートルズ meets メタリカ”という従来のコンセプトは維持されています。

 アルバムは、「The Ballad Of John & Yoko」と「Battery」を融合した「The Battery Of Jamyz And Yoko」で始まり、「Tomorrow Never Knows」と「The Day That Never Comes」を融合した「 Tomorrow Never Comes」で終わる全12曲入り。発売は米国盤が8月4日に、日本盤(SICP-2338 税込2,520円/ボーナス・トラック収録予定)がビートルズのリマスター盤と同日になる9月9日にそれぞれ予定されています。

 米国盤の発売元であるOglio Records内では新曲の試聴も行えますので、気になるアナタなら訪れてみては?


●『Masterful Mystery Tour』
米国盤:8月4日発売
日本盤(SICP-2338 税込2,520円/ボーナス・トラック収録予定)9月9日発売

01. The Battery Of Jamyz And Yoko
02. Masterful Mystery Tour
03. Fuel On The Hill
04. And I'm Evil
05. Everybody's Got A Ticket To Ride Except For Me And My Lightning
06. Running For Your Life
07. The Thing That Should Not Let It Be
08. Hero Of The Day Tripper
09. Got To Get You Trapped Under Ice
10. I'll Just Bleed Your Face
11. I Want To Choke Your Band
12. Tomorrow Never Comes

+日本盤のみのボーナス・トラック収録予定
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] 上原ひろみが驚異のハープ奏者エドマール・カスタネーダとのデュオ・プロジェクトを始動[インタビュー] “いいっすよ”から17年――サイプレス上野とロベルト吉野、ミニ・アルバム『大海賊』でメジャー・デビュー
[インタビュー] “今この時”を、考える――中村雅俊が「どこへ時が流れても / まだ僕にできることがあるだろう」に込めた同世代へのメッセージ[インタビュー] “何があっても”楽しく生きるんだという覚悟 真心ブラザーズ『FLOW ON THE CLOUD』
[インタビュー] サクソフォン四重奏を知らないかたにも素晴らしさを伝えたい――The Rev Saxophone Quartetが追求する伝統とオリジナリティ[インタビュー] ヒグチアイが目指す歌は、おしゃれじゃないけど“大切にしてきたもの”
[インタビュー] 若いリスナーにも良い音楽を届けたい――MASATOとMinnesotahが語る『KANDYTOWN LIFE presents “Land of 1000 Classics”』[インタビュー] Less Than TV25周年 大石規湖監督が記録した“ある家族”の日常、ドキュメンタリー映画「MOTHER FUCKER」
[インタビュー] ISEKIが追求する“自分らしさ”とは J-POPカヴァー集第2弾『AOR FLAVA -sweet blue-』[インタビュー] アイドルやめた――“渋谷系ガールズロックユニット”に転身したCANDY GO!GO!のリアル
[インタビュー] KANDYTOWNの新たな方向性も感じさせるソロ・アルバム、MUD『Make U Dirty』[インタビュー] 音楽にとどまらない、発想としての面白さ――ジェフ・パーカーがゆっくり語る『The New Breed』
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015