ニュース

ビル・フリゼール、18年ぶりのソロ・アルバム『ミュージック・イズ』を3月に世界同時リリース

ビル・フリゼール(Bill Frisell)   2018/02/13 12:27掲載
はてなブックマークに追加
ビル・フリゼール、18年ぶりのソロ・アルバム『ミュージック・イズ』を3月に世界同時リリース
 米ギター界の重鎮ビル・フリゼール(Bill Frisell)が、ペトラ・ヘイデンと共演した前作『星に願いを』(2016年)に続き、OKehレーベル第4弾となる最新作『ミュージック・イズ』(SICP-31111 2,600円 + 税)を3月16日(金)に全世界同時発売。

 『ミュージック・イズ』は、2000年に発表した『ゴースト・タウン』以来18年ぶりとなるソロ・ギター・アルバム。フリゼールが「ソロでやるのは、つねに挑戦」と語る意欲作です。録音は昨年8月にオレゴン州ポートランドのタッカー・マーティーン所持スタジオ“フローラ・レコーディング・アンド・プレイバック・スタジオ”で行なわれ、長年タッグを組むリー・タウンゼントがプロデュース。

 信頼する仲間のサポートを得て完成した本作について、「僕にとって音楽はつねに、人とどうやって一緒にやるかだから、会話をするようなもの。コール・アンド・レスポンス。一人きりで演奏するのはまるで異次元だよ。考え方をかなり変えないといけない。今回のレコーディングに先立って、ニューヨークのザ・ストーンで1週間ライヴをしたんだ。毎晩、今までやったことのない曲をやってみた。意図的に自分が少し不安定な状態をキープしていた。居心地悪い、不安な感じだ。安全だとわかっていることに甘んじたくなかった。その流れをスタジオにそのまま持ち込めればと思った。事前に全部計画を立てておくのは嫌だったんだ」とコメントしています。

 また、「自分が作った曲をレコーディングしたいというのは、最初からはっきり思っていたこと。ここ数年、他の人が書いた曲のプロジェクトがとても多かった。でも、そろそろ自分の音楽に戻る時だったんだ。このアルバムに収録しているのは新作もあれば、かなり昔のものもある。50年以上、ひたすら音楽をやってきた。理解しつくすことはない。年をとることのすごいところは、はるか昔に聴いたり演奏したりしたものを再訪できること。つねに新たな発見や発掘がある。新たな道が開けてくる。本当に運が良ければ、それまでの道中で何か習得できたものがあったことに気付くかもしれない。そういう長焦点レンズを通して自分の音楽を眺めるのは、不思議なものだよ」と語るように、収録曲はキャリア初期のものから書き下ろし新曲まですべてオリジナル。日本盤にはボーナス・トラック1曲が追加収録されます。

■2018年3月18日(金)発売
ビル・フリゼール
ミュージック・イズ

SICP-31111 2,600円 + 税

[収録曲] 
01. プリティ・スターズ
02. ウインスロウ・ホーマー
03. チェンジ・イン・ジ・エアー
04. ワット・ドゥ・ユー・ウォント
05. サンクフル
06. ロン・カーター
07. シンク・アバウト・イット
08. イン・ライン
09. ランブラー
10. パイオニアズ
11. モニカ・ジェーン
12. ミス・ユー
13. ゴー・ハッピー・ラッキー
14. ケンタッキー・ダービー
15. メイド・トゥ・シャイン
16. ランブラー(オルタネイト・ヴァージョン) *
17. ウェア・ドゥ・ユー・ゴー?
*日本盤ボーナス・トラック
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] とにかく一緒に制作するのが楽しい――“馴染んだ”PUSHIM×韻シスト『TO THE NEXT』[インタビュー] 一緒に挑戦していきたい――すべてを出すことができるアンサンブル“MIZUTANI×TAIRIKU”
[インタビュー] “雑食主義”のフィメール・ラッパー、HITが放つファースト・アルバム『THE HIT』![インタビュー] 一音一音の美しさを目指して――本田珠也がICTUS Trioを始動
[インタビュー] ジャズ・シンガーとして新たな一歩を踏み出したMoon『Kiss Me』[インタビュー] ソムリエのように、ピアノ音楽の楽しさを伝える――大井 健が初の映像作品『Piano Love The Movie』を発表
[インタビュー] 自分たちも知らない、さらなる可能性を求めて――DaizyStripper「4GET ME NOT」[インタビュー] スペシャルインタビュー 坂本慎太郎
[インタビュー] 飼い慣らされない女たち――キノコホテル創業10周年 マリアンヌ東雲が2017年を振り返る[インタビュー] 静的でありながら“不穏の予感”それでいて“快楽そのもの” ギリシャラブ・天川悠雅が目指す、理想の音楽
[インタビュー] 西恵利香、2018年へ “いつでもそこで歌ってる人でありたい”[インタビュー] サクソフォン奏者として、新たにバッハの音楽に息を吹き込む――上野耕平が挑むJ.S.バッハの無伴奏作品集
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015