ニュース

BLAHMUZIKのワンマン・ライヴが下北沢Apolloで開催決定

BLAHMUZIK a.k.a. Brothers GRIM   2016/12/14掲載(Last Update:16/12/15 18:14)
はてなブックマークに追加
BLAHMUZIKのワンマン・ライヴが下北沢Apolloで開催決定
 ジャズ・ドラマー本田珠也とのジョイント・ライヴなど多彩なコラボレーションを重ねながら、ジャンルを超える冷徹な目を持つ作品群を発表し続けているサンプラー・アーティスト / インプロヴァイザー、BLAHMUZIK。12月23日(祝・金)には、東京・下北沢 Apolloでワンマン・ライヴを開催。この公演は“投げ銭”(バーチャージ800円)となっており、ステージへの対価を来場者が決めるカンパ制で行なわれます。

 BLAHMUZIKは、11月にWDsoundsからリリースされたコンピレーション・アルバム『5014 COMP MOST WANTED - REVISIT -』に参加しており、SPERB「ON U」とCENJU「ON MY MIND」のリミックスを担当。また、Guilty C.とのユニットGrim Talkersとして、PAYBACK BOYSとの共演を果たした「KILLS」を提供、“リミックス・アルバム”という体裁を取りながら、新音源も収録されるなど“オリジナル・アルバム”としての魅力も持ち合わせた本作のラストを見事に締めくくっています。

BLAHMUZIK a.k.a. Brothers GRIM
2016年12月23日(祝・金)
東京 下北沢 Apollo
OPEN CHARGE(投げ銭)for musicians
& 800円(bar charge) + drink order

ameblo.jp/430416apollo

[スケジュール]
開場 19:30
20:15〜21:15 BLAHMUZIKによるセレクト音楽
21:30〜22:30 BLAHMUZIKソロライヴ
オール・ジャンル 最新ニュース
 
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] 屈強でしなやかな東京のヒップホップ――KANDYTOWNのビートメイカー、MIKIがファースト・ソロ・アルバム『137』を発表[インタビュー] より肉体的なものへ――神奈川・逗子を拠点とするHalf Mile Beach Clubが初の単独作を発表
[インタビュー] “続編”ではなく“新作”を作ろう きゃりーぱみゅぱみゅ「きみのみかた」[インタビュー] “俺の不幸で踊ってくれ!”――沖縄出身のラッパー、唾奇が最新作『道-TAO-』をリリース
[特集] [LIVE Report] まっすぐな気持ちを届けてくれる藤田麻衣子の歌[インタビュー] 自分というジャンルをちゃんと作りたい “シンガー・ソングライター”Nao Kawamura初のフル・アルバム『Kvarda』
[インタビュー] 「アワ・マン・イン・トーキョー〜バラッド・オブ・シン・ミヤタ」、宮田 信の仕事とは?[特集] ヘルベルト・フォン・カラヤン生誕110年記念! 数々の名盤が“理想の音”に迫る高音質で登場
[インタビュー] いい歌をたくさん歌って、レコーディングして残したい――フォルテ・ディ・クアトロのセカンド・アルバム『アヴェ・マリア〜CLASSICA』[インタビュー] 決め手は興奮が蘇ってくるかどうか――THOUSAND EYESが放つ“最高傑作”『DAY OF SALVATION』
[インタビュー] “ヤバさ”はこれだ――BES&ISSUGIの自信が浮かび上がる『VIRIDIAN SHOOT』[インタビュー] 小曽根 真 既存の概念を打ち壊すのではなく、共存するイメージで―― ニューヨーク・フィルハーモニックと共演した『ビヨンド・ボーダーズ』
新譜情報
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
データ提供サービス
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015