ニュース

BOOM BOOM SATELLITES、20年の歴史に幕 ドキュメンタリー映画製作決定

BOOM BOOM SATELLITES   2017/06/19 16:42掲載
はてなブックマークに追加
BOOM BOOM SATELLITES、20年の歴史に幕 ドキュメンタリー映画製作決定
 昨年逝去した川島道行が不在の中、3月にベスト・アルバム『19972016』をリリースしたBOOM BOOM SATELLITESが、6月18日に東京・新木場 STUDIO COASTでラスト・ライヴ〈FRONT CHAPTER - THE FINAL SESSION- LAY YOUR HANDS ON ME SPECIAL LIVE〉を開催しました。また、同日にBOOM BOOM SATELLITESのドキュメンタリー映画の製作を発表。映画の詳細については後日発表される予定です。

 ファンとコミュニケーションがとれるライヴでバンド活動を締めくくりたい、という川島と中野雅之の想いから開催されたこの日のライヴは、紗幕が張られたステージでラスト・シングル「LAY YOUR HANDS ON ME」の初披露からスタート。続く「NINE」では、川島のシルエットを思わせる映像が投影され、大きな歓声が湧き上がりました。

拡大表示拡大表示

 4曲目の「BACK ON MY FEET」で紗幕が開くと、中野に加えサポート・メンバーである福田洋子(ds)、山本幹宗(g)が登場。ヴォーカルの立ち位置にはマイクスタンドも並び、まるで4人で演奏しているかのような演出で、「MORNING AFTER」や「KICK IT OUT」などの定番曲を“川島と共に”熱唱。

拡大表示拡大表示

 さらに、再び下りた紗幕に歌詞と都会の映像が浮かび上がった幻想的な「BLIND BIRD」や、川島最愛のバラード「STAY」を経て、ラストEP『LAY YOUR HANDS ON ME』収録の「FLARE」「NARCOSIS」を初披露。川島が最後にレコーディングしたというコーラスを乗せた演奏に加えて、彼らのこれまでの軌跡を辿る映像が投影された感動的なパフォーマンスですべての曲を演奏し終えると、2013年の日本武道館ライヴで川島が放った「最後に言いたいことがあります。BOOM BOOM SATELLITESでした!ありがとうございました!」というMCが流れ、中野は涙ながらに「長いこと支えていただいて言葉がありません。本当にBOOM BOOM SATELLITESのことを大事にしてくれてありがとうございました。あなたたちは僕と川島くんが一番大切にしてきた誇りです。これからも僕たちが作ってきた音楽を大事にしてください」とコメント。20年というバンドの歴史に幕が下ろされました。

拡大表示拡大表示


FRONT CHAPTER - THE FINAL SESSION-
LAY YOUR HANDS ON ME SPECIAL LIVE

2017年6月18日(日)
東京 新木場 STUDIO COAST

[セットリスト]
01. LAY YOUR HANDS ON ME
02. NINE
03. DRESS LIKE AN ANGEL
04. BACK ON MY FEET
04. MORNING AFTER
06. KICK IT OUT
07. A HUNDRED SUNS
08. FOGBOUND
09. BLIND BIRD
10. STARS AND CLOUDS
11. STAY
12. FLARE
13. NARCOSIS
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] 上原ひろみが驚異のハープ奏者エドマール・カスタネーダとのデュオ・プロジェクトを始動[インタビュー] “いいっすよ”から17年――サイプレス上野とロベルト吉野、ミニ・アルバム『大海賊』でメジャー・デビュー
[インタビュー] “今この時”を、考える――中村雅俊が「どこへ時が流れても / まだ僕にできることがあるだろう」に込めた同世代へのメッセージ[インタビュー] “何があっても”楽しく生きるんだという覚悟 真心ブラザーズ『FLOW ON THE CLOUD』
[インタビュー] サクソフォン四重奏を知らないかたにも素晴らしさを伝えたい――The Rev Saxophone Quartetが追求する伝統とオリジナリティ[インタビュー] ヒグチアイが目指す歌は、おしゃれじゃないけど“大切にしてきたもの”
[インタビュー] 若いリスナーにも良い音楽を届けたい――MASATOとMinnesotahが語る『KANDYTOWN LIFE presents “Land of 1000 Classics”』[インタビュー] Less Than TV25周年 大石規湖監督が記録した“ある家族”の日常、ドキュメンタリー映画「MOTHER FUCKER」
[インタビュー] ISEKIが追求する“自分らしさ”とは J-POPカヴァー集第2弾『AOR FLAVA -sweet blue-』[インタビュー] アイドルやめた――“渋谷系ガールズロックユニット”に転身したCANDY GO!GO!のリアル
[インタビュー] KANDYTOWNの新たな方向性も感じさせるソロ・アルバム、MUD『Make U Dirty』[インタビュー] 音楽にとどまらない、発想としての面白さ――ジェフ・パーカーがゆっくり語る『The New Breed』
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015