ニュース

サルコジ元仏大統領夫人、カーラ・ブルーニが英詞の名曲を歌うニュー・アルバムを発表

カーラ・ブルーニ(Carla Bruni)   2017/08/16 14:09掲載
はてなブックマークに追加
サルコジ元仏大統領夫人、カーラ・ブルーニが英詞の名曲を歌うニュー・アルバムを発表
 1990年代にはスーパー・モデルとして、2000年代にはシンガー・ソングライターとして活躍。2008年に当時仏大統領だったニコラ・サルコジと結婚したカーラ・ブルーニ(Carla Bruni)が、5年ぶりのニュー・アルバム『フレンチ・タッチ』(UCCU-1556 2,600円 + 税)を10月6日(金)に発表。本作は彼女にとって初となる英詞のポップスのカヴァーを集めたアルバムで、アバ「ザ・ウィナー」、映画『ティファニーで朝食を』の「ムーン・リヴァー」、ローリング・ストーンズ「ミス・ユー」、デペッシュ・モード「エンジョイ・ザ・サイレンス」などのポップ・ソングを再解釈して歌い上げています。

 本作のプロデューサーはデヴィッド・フォスター。2014年にロサンゼルスでブルーニがライヴを行なった際、フォスターが楽屋を訪れ意気投合したことで、プロデュースが実現しました。

 アルバム・タイトルの『フレンチ・タッチ』とは、パリのエレクトロニック・ミュージック・シーンで使用されている用語。本作では、より広い意味合いを持たせ、フランス人ならではの無理をしない中での優雅さ、軽く纏ったセクシーさなど、広い意味が込められています。

 収録曲の「エンジョイ・ザ・サイレンス」と「ミス・ユー」がYouTubeにて公開されているほか、ブルーニがギターを手に階段でアバの「ザ・ウィナー」を弾き語りする映像が本人のInstagramにて公開されています。




■2017年10月6日(金)発売
カーラ・ブルーニ
フレンチ・タッチ

UCCU-1556 2,600円 + 税

[収録曲]
01. エンジョイ・ザ・サイレンス(デペッシュ・モード / 1990)
02. ジミー・ジャズ(ザ・クラッシュ / 1979)
03. ラヴ・レターズ(映画『ラヴ・レターズ』〈1945〉より)
04. ミス・ユー(ザ・ローリング・ストーンズ / 1978)
05. ザ・ウィナー(アバ / 1980)
06. クレイジー feat. ウィリー・ネルソン(パッツィー・クライン / 1961)
07. 地獄のハイウェイ(AC/DC / 1979)
08. ア・パーフェクト・デイ(ルー・リード / 1972)
09. スタンド・バイ・ユア・マン(タミー・ワイネット / 1968)
10. プリーズ・ドント・キス・ミー(映画『上海から来た女』〈1947〉より)
11. ムーン・リヴァー(映画『ティファニーで朝食を』〈1961〉より)
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] とにかく一緒に制作するのが楽しい――“馴染んだ”PUSHIM×韻シスト『TO THE NEXT』[インタビュー] 一緒に挑戦していきたい――すべてを出すことができるアンサンブル“MIZUTANI×TAIRIKU”
[インタビュー] “雑食主義”のフィメール・ラッパー、HITが放つファースト・アルバム『THE HIT』![インタビュー] 一音一音の美しさを目指して――本田珠也がICTUS Trioを始動
[インタビュー] ジャズ・シンガーとして新たな一歩を踏み出したMoon『Kiss Me』[インタビュー] ソムリエのように、ピアノ音楽の楽しさを伝える――大井 健が初の映像作品『Piano Love The Movie』を発表
[インタビュー] 自分たちも知らない、さらなる可能性を求めて――DaizyStripper「4GET ME NOT」[インタビュー] スペシャルインタビュー 坂本慎太郎
[インタビュー] 飼い慣らされない女たち――キノコホテル創業10周年 マリアンヌ東雲が2017年を振り返る[インタビュー] 静的でありながら“不穏の予感”それでいて“快楽そのもの” ギリシャラブ・天川悠雅が目指す、理想の音楽
[インタビュー] 西恵利香、2018年へ “いつでもそこで歌ってる人でありたい”[インタビュー] サクソフォン奏者として、新たにバッハの音楽に息を吹き込む――上野耕平が挑むJ.S.バッハの無伴奏作品集
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015