ニュース

メゾ・ソプラノのチェチーリア・バルトリ、チェリストのソル・ガベッタとのデュオ・アルバムを発表

チェチーリア・バルトリ(CECILIA BARTOLI)   2017/12/27 13:05掲載
はてなブックマークに追加
 現代最高峰と評されるローマ出身のメゾ・ソプラノ歌手チェチーリア・バルトリ(Cecilia Bartoli)が、3年ぶりの最新アルバム『ドルチェ・デュエロ』(UCCD-1457 3,200円 + 税)を2018年1月10日(水)にリリース。アルバムの特設サイトも公開されています。

 ソル・ガベッタとのデュオによる本作は、世界初録音3曲を含むバロック・アリア集。18世紀イタリア・バロック音楽における歌劇などのアリアにフォーカスするほか、ラストにはボッケリーニのチェロ協奏曲第10番も収録されています。伴奏を受け持つのは、ソル・ガベッタの兄であるアンドレス・ガベッタ(Andres Gabetta)と、アンドレス率いる古楽器アンサンブル“カペラ・ガベッタ”(Cappella Gabetta)。



■2018年1月10日(水)発売
チェチーリア・バルトリ
ドルチェ・デュエロ

UCCD-1457 3,200円 + 税

[収録曲]
01. カルダーラ: 歌劇『ニトクリ』より「運命と希望」(エミレーナのアリア) *
02. アルビノーニ: セレナータ『曙の誕生』より「そよ風よ、行ってキスして」(ゼフィロのアリア)
03. D.ガブリエッリ: オラトリオ『ブルゴーニュの王、聖シジスモンド』より「そよ風よ、私のため息を」(イノメニアのアリア)
04. ヴィヴァルディ: 歌劇『ティト・マンリオ』RV738より「緑のオリーヴの枝で」(ヴィテッリアのアリア)
05. ヘンデル: 『聖セシリアの日のためのオード』HWV76より「音楽がかき立てたり和らげたりできないのはどんな情念なのか」
06. カルダーラ: 歌劇『ムガールの皇帝ジャングイール』より「これほど大きな高ぶりで」(アサフのアリア) *
07. ヘンデル: 歌劇『クレタのアリアンナ』HWV32より「私は疲れた巡礼者のよう」(アルチェステのアリア)
08. ポルポラ: セレナータ『大地の女神の菜園』より「私に火をつけた公平な愛の神」(アドーネのアリア) *
09. ボッケリーニ: チェロ協奏曲第10番ニ長調G483,op.34
* 世界初録音

[演奏]
チェチーリア・バルトリ(01〜08: vo) / ソル・ガベッタ(vc) / アンドレス・ガベッタ(vn, 指揮)カペラ・ガベッタ

[録音]
2017年3月8〜14日 チューリッヒ
オール・ジャンル 最新ニュース
 
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] スペシャルインタビュー 坂本慎太郎[インタビュー] 飼い慣らされない女たち――キノコホテル創業10周年 マリアンヌ東雲が2017年を振り返る
[インタビュー] 静的でありながら“不穏の予感”それでいて“快楽そのもの” ギリシャラブ・天川悠雅が目指す、理想の音楽[インタビュー] 西恵利香、2018年へ “いつでもそこで歌ってる人でありたい”
[インタビュー] サクソフォン奏者として、新たにバッハの音楽に息を吹き込む――上野耕平が挑むJ.S.バッハの無伴奏作品集[インタビュー] ビッグバンドは一生もの!――守屋純子がジャズ100周年を祝う「The 100th Anniversary of Jazz: Legends of Yesterday and Today」
[インタビュー] 新しい風が吹いている――吉田ヨウヘイgroupが『ar』で目指したバンド・サウンド[インタビュー] 好きなことや大事にしていることを信じて人生を謳歌しよう ベッド・イン『TOKYO』
[インタビュー] 優しく奏でる篠笛で、安らぎにあふれた時間を――佐藤和哉が妹尾武と紡ぐ初のカヴァー・アルバム[インタビュー] 常に上だけ見ていたい ゆるふわギャング“NENE”初のソロ・アルバムを発表
[インタビュー] 歌声で本当の気持ちを伝えられれば一番いい 桐嶋ノドカ「言葉にしたくてできない言葉を」[インタビュー] 月と対峙してきた人々の想いや営みを、ヴァイオリンの響きで――川井郁子、7年ぶりのオリジナル・アルバム『LUNA』
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015