ニュース

Hakuju Hall〈ワンダフルoneアワー〉にピアニストのセドリック・ティベルギアンが登場

セドリック・ティベルギアン(Cedric Tiberghien)   2017/09/22 12:25掲載
はてなブックマークに追加
Hakuju Hall〈ワンダフルoneアワー〉にピアニストのセドリック・ティベルギアンが登場
 1998年に〈ロン=ティボー国際コンクール〉で優勝ならびに聴衆賞、オーケストラ賞を含む5つの特別賞を受賞し、一躍脚光を浴びたピアニストのセドリック・ティベルギアン(Cedric Tiberghien)が、10月6日(金)に東京・富ヶ谷 Hakuju Hallで開催される〈第30回 ワンダフルoneアワー〉に登場。

 クラシックのコンサートといえば、夜の公演が多く、しかも2時間以上かかってしまうもの。「忙しいから難しい」「夜の外出はちょっと……」といった理由で行くことを諦めてしまう方におすすめしたいコンサート・シリーズが〈ワンダフルoneアワー〉。本シリーズは昼夜2回の公演で、かつ公演時間が1時間に凝縮された“音楽のエスプレッソ”と呼べるコンサートです。

 ティベルギアンは、ロン=ティボー国際コンクールで脚光を浴びた後、世界有数のホールに登場。日本でも名演を重ね、洗練されたピアニズムと色彩豊かで華のある演奏で多くの人の心を掴んできました。また、最近ではヴァイオリニストのアリーナ・イブラギモヴァ(Alina Ibragimova)との共演も話題を呼んでいます。

 本公演のプログラムは、プロコフィエフの「束の間の幻影」とムソルグスキーの代表作「展覧会の絵」。ピアノ1台で奏でられる名画の数々を、色彩感あふれるティベルギアンならではの演奏で味わえます。

©Jean Baptiste Millot

第30回 ワンダフルoneアワー
セドリック・ティベルギアン ピアノ・リサイタル
ロン=ティボー国際コンクール覇者の“展覧会の絵”

www.hakujuhall.jp/syusai/114.html

2017年10月6日(金)
15:00〜 / 19:30〜
※休憩なし約1時間
各回全席指定 3,000円(税込)


[出演]
セドリック・ティベルギアン(p)

[曲目]
プロコフィエフ: 束の間の幻影 op.22
ムソルグスキー: 組曲「展覧会の絵」
オール・ジャンル 最新ニュース
 
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] ノリとヴァイブスだけで作った音楽を“ヒップホップ”としてパッケージ化する GRADIS NICE & YOUNG MAS(Febb)[インタビュー] 密接な関係性ありきの音楽 MIKUMARI×OWL BEATS『FINEMALT NO.7』
[インタビュー] (想像以上に)挙動不審!? 廣瀬真理子が総勢22人の“ドリアンな奴ら”を率いてアルバムをリリース[インタビュー] 「知らない土地で出会う風景や人から音楽が生まれる」 ――ピアニスト、ジェイコブ・コーラーが描くシネマティックな世界
[インタビュー] 上原ひろみが驚異のハープ奏者エドマール・カスタネーダとのデュオ・プロジェクトを始動[インタビュー] “いいっすよ”から17年――サイプレス上野とロベルト吉野、ミニ・アルバム『大海賊』でメジャー・デビュー
[インタビュー] “今この時”を、考える――中村雅俊が「どこへ時が流れても / まだ僕にできることがあるだろう」に込めた同世代へのメッセージ[インタビュー] “何があっても”楽しく生きるんだという覚悟 真心ブラザーズ『FLOW ON THE CLOUD』
[インタビュー] サクソフォン四重奏を知らないかたにも素晴らしさを伝えたい――The Rev Saxophone Quartetが追求する伝統とオリジナリティ[インタビュー] ヒグチアイが目指す歌は、おしゃれじゃないけど“大切にしてきたもの”
[インタビュー] 若いリスナーにも良い音楽を届けたい――MASATOとMinnesotahが語る『KANDYTOWN LIFE presents “Land of 1000 Classics”』[インタビュー] Less Than TV25周年 大石規湖監督が記録した“ある家族”の日常、ドキュメンタリー映画「MOTHER FUCKER」
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015