ニュース

Hakuju Hall〈ワンダフルoneアワー〉にピアニストのセドリック・ティベルギアンが登場

セドリック・ティベルギアン(Cedric Tiberghien)   2017/09/22 12:25掲載
はてなブックマークに追加
Hakuju Hall〈ワンダフルoneアワー〉にピアニストのセドリック・ティベルギアンが登場
 1998年に〈ロン=ティボー国際コンクール〉で優勝ならびに聴衆賞、オーケストラ賞を含む5つの特別賞を受賞し、一躍脚光を浴びたピアニストのセドリック・ティベルギアン(Cedric Tiberghien)が、10月6日(金)に東京・富ヶ谷 Hakuju Hallで開催される〈第30回 ワンダフルoneアワー〉に登場。

 クラシックのコンサートといえば、夜の公演が多く、しかも2時間以上かかってしまうもの。「忙しいから難しい」「夜の外出はちょっと……」といった理由で行くことを諦めてしまう方におすすめしたいコンサート・シリーズが〈ワンダフルoneアワー〉。本シリーズは昼夜2回の公演で、かつ公演時間が1時間に凝縮された“音楽のエスプレッソ”と呼べるコンサートです。

 ティベルギアンは、ロン=ティボー国際コンクールで脚光を浴びた後、世界有数のホールに登場。日本でも名演を重ね、洗練されたピアニズムと色彩豊かで華のある演奏で多くの人の心を掴んできました。また、最近ではヴァイオリニストのアリーナ・イブラギモヴァ(Alina Ibragimova)との共演も話題を呼んでいます。

 本公演のプログラムは、プロコフィエフの「束の間の幻影」とムソルグスキーの代表作「展覧会の絵」。ピアノ1台で奏でられる名画の数々を、色彩感あふれるティベルギアンならではの演奏で味わえます。

©Jean Baptiste Millot

第30回 ワンダフルoneアワー
セドリック・ティベルギアン ピアノ・リサイタル
ロン=ティボー国際コンクール覇者の“展覧会の絵”

www.hakujuhall.jp/syusai/114.html

2017年10月6日(金)
15:00〜 / 19:30〜
※休憩なし約1時間
各回全席指定 3,000円(税込)


[出演]
セドリック・ティベルギアン(p)

[曲目]
プロコフィエフ: 束の間の幻影 op.22
ムソルグスキー: 組曲「展覧会の絵」
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] スペシャルインタビュー 坂本慎太郎[インタビュー] 飼い慣らされない女たち――キノコホテル創業10周年 マリアンヌ東雲が2017年を振り返る
[インタビュー] 静的でありながら“不穏の予感”それでいて“快楽そのもの” ギリシャラブ・天川悠雅が目指す、理想の音楽[インタビュー] 西恵利香、2018年へ “いつでもそこで歌ってる人でありたい”
[インタビュー] サクソフォン奏者として、新たにバッハの音楽に息を吹き込む――上野耕平が挑むJ.S.バッハの無伴奏作品集[インタビュー] ビッグバンドは一生もの!――守屋純子がジャズ100周年を祝う「The 100th Anniversary of Jazz: Legends of Yesterday and Today」
[インタビュー] 新しい風が吹いている――吉田ヨウヘイgroupが『ar』で目指したバンド・サウンド[インタビュー] 好きなことや大事にしていることを信じて人生を謳歌しよう ベッド・イン『TOKYO』
[インタビュー] 優しく奏でる篠笛で、安らぎにあふれた時間を――佐藤和哉が妹尾武と紡ぐ初のカヴァー・アルバム[インタビュー] 常に上だけ見ていたい ゆるふわギャング“NENE”初のソロ・アルバムを発表
[インタビュー] 歌声で本当の気持ちを伝えられれば一番いい 桐嶋ノドカ「言葉にしたくてできない言葉を」[インタビュー] 月と対峙してきた人々の想いや営みを、ヴァイオリンの響きで――川井郁子、7年ぶりのオリジナル・アルバム『LUNA』
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015