音楽出版社 データ提供サービス
ニュース

〈新日本フィルの生オケ・シネマ〉第2回はチャップリン『街の灯』をフル・オーケストラと共に上映

チャールズ・チャップリン(Charles Chaplin)   2017/01/30 13:08掲載
MyCDJ お気に入りリストに「」を追加/削除する はてなブックマークに追加
〈新日本フィルの生オケ・シネマ〉第2回はチャップリン『街の灯』をフル・オーケストラと共に上映
 チャーリー・チャップリン作品の中でも高い人気を誇る映画『街の灯』を、復元スコアを使用したフル・オーケストラの演奏と共に2Kデジタル・リマスター版の高画質・幅10mを超える巨大スクリーンで上映する〈新日本フィルの生オケ・シネマ vol.2『街の灯』〜チャーリー・チャップリン没後40周年記念〜〉が5月27日(土)に東京・錦糸町 すみだトリフォニーホールで開催されます。

 〈生オケ・シネマ〉は、日本屈指の優れた音響を誇るコンサート・ホール“すみだトリフォニーホール”を本拠地とする新日本フィルハーモニー交響楽団による生演奏と映画上映とのコラボレーション。第1回目の『モダン・タイムス』に続き、今回が第2回目となります。

 本公演の指揮者ティモシー・ブロック(Timothy Brock)は、チャップリン映画のオリジナル・スコアを忠実に復元し、チャップリン映画に新しい息吹を吹き込むスペシャリスト中のスペシャリスト。公演ではブロック自身が2004年に復元したスコアが使用され、録音当時の演奏スタイルや楽器の奏法を忠実に再現するピリオド・アプローチによって、作曲家としても非凡な才能をみせたチャップリンの意図した音楽が蘇ります。

 本公演の企画監修を務めるサウンド&ヴィジュアル・ライター前島秀国による公開記念トーク・イベント〈泣いて!笑って!チャップリンの知られざる魅力〉も2月26日(日)東京・渋谷 Li-Po、5月13日(土)すみだトリフォニーホール 練習室にて開催。公演前にチャップリンの魅力が徹底解剖されます。

City Lights ©Roy Export S.A.S

新日本フィルの生オケ・シネマ vol.2『街の灯』
〜チャーリー・チャップリン没後40周年記念〜

www.triphony.com/concert/detail/2016-11-001241.html
plankton.co.jp/citylights/index.html

2017年5月27日(土)
東京 錦糸町 すみだトリフォニーホール
昼公演 開場 12:15 / 開演 13:00
夜公演 開場 16:15 / 開演 17:00
前売 6,000円 / ペア券 9,600円 / 高校生以下 3,000円(税込 / 全席指定)

※お問い合わせ: トリフォニーホールチケットセンター 03-5608-1212(10:00〜18:00) / プランクトン 03-3498-2881(平日 11:00〜19:00)

チャップリン『街の灯』公開記念トーク・イベント
泣いて!笑って!チャップリンの知られざる魅力

plankton.co.jp/citylights/talk.html

2017年2月26日(日)
東京 渋谷 Li-Po
開場 14:30 / 開始 15:00(17:00終了)
チャージ 1,000円(税込 / 別途オーダー)
※お問い合わせ: プランクトン 03-3498-2881(平日 11:00〜19:00) / Li-Po 03-6661-2200(18:00〜25:00 ※日・祝休)

2017年5月13日(土)
東京 錦糸町 すみだトリフォニーホール 練習室
開場 13:30 / 開始 14:00(終了 16:00)
料金 1,000円(税込)
※お問い合わせ: トリフォニーホールチケットセンター 03-5608-1212(10:00〜18:00)
オール・ジャンル 最新ニュース
 
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] “好きだ!”という気持ちをぶつける対象があるだけで、人生はとても豊かになる――寺嶋由芙が目指す“ゆるドル”とは[インタビュー] 政府は飢えを武器にして人々を統制している――ケン・ローチ監督が語る「わたしは、ダニエル・ブレイク」
[特集] ジェイソン・モランに死角なし――「スガダイローとJASON MORANと東京と京都」[インタビュー] わたし自身が大好きな曲ばかり――寺下真理子『ロマンス』は様々な形の“愛”に因んだ作品
[インタビュー] クラシックの名曲を鼻歌のように――渋さ知らズが世界最古のアシッド・ミュージックに挑んだ『渋樹』[インタビュー] すでに“魂”は失われてしまった――チュス・グティエレス監督自身が語る「サクロモンテの丘〜ロマの洞窟フラメンコ」
[インタビュー] なんかいいのできた! どう? “Diggy-MO’ならでは”と“いい曲”の理想的なバランス『BEWITCHED』[インタビュー] “呼吸”こそ歌――双子ソプラノ・デュオ、山田姉妹が歌う昭和の名曲たち
※ 弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015