ニュース

クリス・デイヴ、先行シングル第2弾配信スタート  ティーザー映像も公開

クリス・デイヴ(Chris Dave)   2017/12/25 13:21掲載
はてなブックマークに追加
クリス・デイヴ、先行シングル第2弾配信スタート  ティーザー映像も公開
 宇多田ヒカルの最新シングル「あなた」のミュージック・ビデオへの出演がSNSを中心にファンの間で話題となっているビート・メイカー / ドラマーのクリス・デイヴ(Chris Dave)。2018年1月26日(金)に全世界同時リリースされるソロ・プロジェクト名義でのデビュー・アルバム『クリス・デイヴ&ザ・ドラムヘッズ』(UCCQ-1078 2,300円 + 税)から2曲目となる先行シングル「ダット・フィーリン feat. SiR」の配信が、iTunesほかで12月22日(金)にスタートしました。

 同曲には、ディアンジェロ&ザ・ヴァンガードでも活動を共にするピノ・パラディーノ(b)、アイザイア・シャーキー(g)に加えて、2016年公開の映画『MILES AHEAD / マイルス・デイヴィス 空白の5年間』で主役を演じたドン・チードルの演奏部分を担当したトランペッターのキーヨン・ハロルド、そしてザ・ルーツのキーボーディストであるジェームス・ポイザー、R&Bシンガー /プロデューサーのSiR(サー)ら、豪華メンバーが参加しています。

 また、インスタグラム公式アカウントで公開中のアルバム・ティザー映像では、“WHO HAS CHRIS DAVE WORKED WITH?(クリス・デイヴのこれまでの共演者は?)”というメッセージの後、クリス・デイヴの超絶ドラミングをバックにアデル、ディアンジェロ、エド・シーランレディー・ガガら、彼がこれまでに共演した超豪華アーティストが一挙紹介されています。この動画内で紹介されなかった伝説的R&Bシンガーのダニー・ハサウェイを父に持つ人気シンガー・ソングライター、レイラ・ハサウェイは“I'm and more (私は“その他”)”と冗談でコメントを返信していることも話題となっています。


Photo by Dante Marshall


■2018年1月26日(金)発売
クリス・デイヴ&ザ・ドラムヘッズ
クリス・デイヴ&ザ・ドラムヘッズ

UCCQ-1078 2,300円 + 税

[収録曲]
01. ロックス・クライング
02. ユニバーサル・ランゲージ
03. ダット・フィーリン feat.SiR
04. ブラック・ホール feat.アンダーソン・パーク
05. トゥー・アンド・ワン
06. スプレッド・ハー・ウィングス feat.ビラル&トゥイート
07. ホワットエヴァー
08. センシティヴ・グラニテ feat.ケンドラ・フォスター
09. コズミック・インターコース feat.ストークリー・ウィリアムズ
10. アトランタ、テキサス feat.ゴアペレ&シャフィーク・フセイン
11. デスティニー・イン・ステレオ feat.エルザイ,フォンテ・コールマン&エリック・ロバーソン
12. クリア・ヴュー feat.アンダーソン・パーク&SiR
13. ジョブ・ウェル・ダン feat.アンナ・ワイズ&SiR
14. レディー・ジェーン
15. トリッピー・ティプシー
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] 屈強でしなやかな東京のヒップホップ――KANDYTOWNのビートメイカー、MIKIがファースト・ソロ・アルバム『137』を発表[インタビュー] より肉体的なものへ――神奈川・逗子を拠点とするHalf Mile Beach Clubが初の単独作を発表
[インタビュー] “続編”ではなく“新作”を作ろう きゃりーぱみゅぱみゅ「きみのみかた」[インタビュー] “俺の不幸で踊ってくれ!”――沖縄出身のラッパー、唾奇が最新作『道-TAO-』をリリース
[特集] [LIVE Report] まっすぐな気持ちを届けてくれる藤田麻衣子の歌[インタビュー] 自分というジャンルをちゃんと作りたい “シンガー・ソングライター”Nao Kawamura初のフル・アルバム『Kvarda』
[インタビュー] 「アワ・マン・イン・トーキョー〜バラッド・オブ・シン・ミヤタ」、宮田 信の仕事とは?[特集] ヘルベルト・フォン・カラヤン生誕110年記念! 数々の名盤が“理想の音”に迫る高音質で登場
[インタビュー] いい歌をたくさん歌って、レコーディングして残したい――フォルテ・ディ・クアトロのセカンド・アルバム『アヴェ・マリア〜CLASSICA』[インタビュー] 決め手は興奮が蘇ってくるかどうか――THOUSAND EYESが放つ“最高傑作”『DAY OF SALVATION』
[インタビュー] “ヤバさ”はこれだ――BES&ISSUGIの自信が浮かび上がる『VIRIDIAN SHOOT』[インタビュー] 小曽根 真 既存の概念を打ち壊すのではなく、共存するイメージで―― ニューヨーク・フィルハーモニックと共演した『ビヨンド・ボーダーズ』
新譜情報
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
データ提供サービス
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015