ニュース

Chu-Z、ワンマン・ライヴ〈Chu-Z My Live 2017〉を開催 東名阪ツアー決定

Chu-Z   2017/09/12 14:30掲載
はてなブックマークに追加
Chu-Z、ワンマン・ライヴ〈Chu-Z My Live 2017〉を開催 東名阪ツアー決定
 PaniCrewのYOHEYがプロデュースを手がける“世界水準”を目指し活動中のガールズ・ユニット、Chu-Zが9月9日(土)に東京・竹芝ニューピアホールでワンマン・ライヴ〈Chu-Z My Live 2017〜竹芝ニューピアホールに停車Chu♡〜〉を開催。公演中には、2018年1月から2月にかけて東名阪ツアーを行うことを発表。メンバーのKANAは「Chu-Zは今までも公約や目標を色々と掲げて、それに向かって走り続けて来ました。達成できなかったものもあったりしたけど、これからも目標を掲げてクリアするために頑張って行きます。まずは来年の東名阪ツアーを成功させます!」と会場に集まったファンに向けて宣言しました。

 “人気V字回復・捲土重来”をテーマに、新体制で臨んだ同公演では、曲中で「みんなと一緒に素敵な景色が見たい! 共に未来を目指そう! もう一回夢を叶えよう!」(LUNA)と叫ぶなど、これまでになく気迫のこもったパフォーマンスを繰り広げたChu-Z。さらにこれまでの活動を振り返りながら「Chu-Zのこれまでの5年間、たくさんの出会いもあったし、別れもありました。離れてしまった人もいるのだけど、一回会ったらまたどこかで会えると思っています。また、これからも出会いがたくさんあると思います。その人たちのためにもChu-Zは走っていきます!」(MIKU)と新たな決意を語りました。

拡大表示拡大表示

 最新シングル「指輪の行方」を含む約2時間を超えるパフォーマンスを披露し、進化し続ける姿を披露したChu-Z。ラストには、改めてKANAがファンへ「平坦な道ではなかったけど、皆さんのおかげでここまで来れました!これからもChu-Zについて来てください!」と感謝の想いを届け、ワンマン・ライヴは幕を下ろしました。

拡大表示


Chu-Z My Live 2017
〜竹芝ニューピアホールに停車Chu♡〜


[セットリスト]
01. Let's Get The Party Started
02. meow!
03. Can U Get Da C
04. ONE・Two・Three
05. 筍みたいなもんだろう
06. Chu-Zメドレー
(タイムカプセル〜指輪の行方〜Keep Me Out of heaven〜Tell me why-生まれて来た意味を知りたい-〜花のアーチ〜夢で逢いましょう〜a.no.ne〜Chu me now!!!〜One's Life〜Brand Boy〜ギミアチャンス〜Luck Of Force)
07. アナタノココロ
08. ボーダーライン
09. I'm READY
10. GIRLS ON THE RUN
11. 並行世界のハロウ・グッドバイ
12. 1/4の胸の衝動
13. ボンバスティック!
14. LOVE☆PARADE
15. #PANAiii
16. フェイバリットスマイル
〈アンコール〉
Can U Get Da C
Direct to U
Choose my life
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] 上原ひろみが驚異のハープ奏者エドマール・カスタネーダとのデュオ・プロジェクトを始動[インタビュー] “いいっすよ”から17年――サイプレス上野とロベルト吉野、ミニ・アルバム『大海賊』でメジャー・デビュー
[インタビュー] “今この時”を、考える――中村雅俊が「どこへ時が流れても / まだ僕にできることがあるだろう」に込めた同世代へのメッセージ[インタビュー] “何があっても”楽しく生きるんだという覚悟 真心ブラザーズ『FLOW ON THE CLOUD』
[インタビュー] サクソフォン四重奏を知らないかたにも素晴らしさを伝えたい――The Rev Saxophone Quartetが追求する伝統とオリジナリティ[インタビュー] ヒグチアイが目指す歌は、おしゃれじゃないけど“大切にしてきたもの”
[インタビュー] 若いリスナーにも良い音楽を届けたい――MASATOとMinnesotahが語る『KANDYTOWN LIFE presents “Land of 1000 Classics”』[インタビュー] Less Than TV25周年 大石規湖監督が記録した“ある家族”の日常、ドキュメンタリー映画「MOTHER FUCKER」
[インタビュー] ISEKIが追求する“自分らしさ”とは J-POPカヴァー集第2弾『AOR FLAVA -sweet blue-』[インタビュー] アイドルやめた――“渋谷系ガールズロックユニット”に転身したCANDY GO!GO!のリアル
[インタビュー] KANDYTOWNの新たな方向性も感じさせるソロ・アルバム、MUD『Make U Dirty』[インタビュー] 音楽にとどまらない、発想としての面白さ――ジェフ・パーカーがゆっくり語る『The New Breed』
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015