ニュース

シンデレラ、91年のライヴDVDが日本発売

シンデレラ(Cinderella)   2006/11/22掲載(Last Update:08/03/31 17:57)
はてなブックマークに追加
 ボン・ジョヴィの後押しを受けて86年にデビュー、ヘヴィ・メタル・ブームの中で人気を博したシンデレラのライヴDVDが、日本でも発売されることになりました。『ハートブレイク・ステーション・ツアー』というタイトルのこの作品、国内盤(COBY-91294 税込\3,990)は2007年2月2日の発売予定です。

 US盤は昨年中にリリース済みだったこのDVDは、タイトルからもわかるように90年に発表した『ハートブレイク・ステーション』(写真)にともなうツアーからの映像。91年に収録されたもので、メタル・ブームの最終盤とはいえ、まだまだ彼らも人気があった時期です。この頃の彼らはブルースへの傾倒を強めていましたが、その手の楽曲と「Shake me」などの華々しいナンバーがともに楽しめるセット・リストとなっています。

 ちなみに、彼らは一度は解散したものの97年に復活し、現在でも現役。今年の夏にもポイズンとともにツアーを行なうなど、ライヴを中心に活動しています。


●『ハートブレイク・ステーション・ツアー』収録曲
01. More Things Change
02. Push Push
03. Sick for the Cure
04. Make Your Own Way
05. Night Songs
06. Back Home Again
07. Somebody Save Me
08. Heartbreak Station
09. Coming Home
10. Falling Apart at the Seams
11. Love's Got Me Doin' Time
12. Love Gone Bad
13. Don't Know What You Got (Til It's Gone)
14. Nobody's Fool
15. Gypsy Road
16. Shake Me
17. Shelter Me
オール・ジャンル 最新ニュース
 
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] スペシャルインタビュー 坂本慎太郎[インタビュー] 飼い慣らされない女たち――キノコホテル創業10周年 マリアンヌ東雲が2017年を振り返る
[インタビュー] 静的でありながら“不穏の予感”それでいて“快楽そのもの” ギリシャラブ・天川悠雅が目指す、理想の音楽[インタビュー] 西恵利香、2018年へ “いつでもそこで歌ってる人でありたい”
[インタビュー] サクソフォン奏者として、新たにバッハの音楽に息を吹き込む――上野耕平が挑むJ.S.バッハの無伴奏作品集[インタビュー] ビッグバンドは一生もの!――守屋純子がジャズ100周年を祝う「The 100th Anniversary of Jazz: Legends of Yesterday and Today」
[インタビュー] 新しい風が吹いている――吉田ヨウヘイgroupが『ar』で目指したバンド・サウンド[インタビュー] 好きなことや大事にしていることを信じて人生を謳歌しよう ベッド・イン『TOKYO』
[インタビュー] 優しく奏でる篠笛で、安らぎにあふれた時間を――佐藤和哉が妹尾武と紡ぐ初のカヴァー・アルバム[インタビュー] 常に上だけ見ていたい ゆるふわギャング“NENE”初のソロ・アルバムを発表
[インタビュー] 歌声で本当の気持ちを伝えられれば一番いい 桐嶋ノドカ「言葉にしたくてできない言葉を」[インタビュー] 月と対峙してきた人々の想いや営みを、ヴァイオリンの響きで――川井郁子、7年ぶりのオリジナル・アルバム『LUNA』
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015