ニュース

Da-iCE、ドラマ「花にけだもの」の主題歌「わるぐち」を披露 音楽番組「LOVE or NOT♪」配信

Da-iCE   2017/12/22 12:51掲載
はてなブックマークに追加
Da-iCE、ドラマ「花にけだもの」の主題歌「わるぐち」を披露 音楽番組「LOVE or NOT♪」配信
 三代目 J Soul Brothers今市隆二ベッキーがMCを務める、音楽番組「LOVE or NOT♪」の第14回が「dTV」・「FOD(フジテレビオンデマンド)」にて配信開始。番組内のスタジオ・ライヴ・コーナー「TODAY'S LOVE or NOT♪LIVE」には、5人組ダンス&ヴォーカル・グループのDa-iCE(写真)が出演し、2018年1月17日(水)に発売されるデビュー5周年イヤー第1弾シングル「TOKYO MERRY GO ROUND」から、dTVとFODの共同制作ドラマ「花にけだもの」主題歌としてオンエアされている「わるぐち」を披露しています。

 トーク・コーナーでは、前回・前々回に引き続き加藤ミリヤをゲストに迎え、“一番最初に音楽を意識したきっかけ”について触ると、加藤は「10歳ぐらいのときに、女性アーティストの方がすごく活躍されていて、自分で作詞・作曲される方がたくさんいるっていうのを知って、歌って創れるんだと思って。歌手って歌うものだと思ってたけど“創って歌うことができる”って知って。私は詞を書くのが好きで、歌にすれば自分の思っていることを知ってもらえるなって思ったのが一番最初のきっかけです」と明かしました。

 また、10歳の頃に好きだった女性アーティストは安室奈美恵だったそうで「世代的に小学校入ったときぐらいに超アムラー・ブームで、ファンクラブも入ってたし、すごいカッコいいから真似してて、当時は子供服とかもあったんですよ。すごい大好きで初めて(ライヴを)見にいったのも安室奈美恵さんで」と当時を振り返り、「女の子の憧れが全て詰まってる。姿や形もそうだし、歌う姿もそうだし、みんなの“WANT”の塊っていう感じ」とコメント。

 また、影響を受けたアーティストのひとりとして宇多田ヒカルを挙げ、「すごい影響受けてますね。私がレコード会社に入るきっかけになったオーディションで歌ったのも宇多田ヒカルさんの〈Automatic〉です」と明かし、「私もデビューしたのが早かったので、そういう面でも“こうなりたい”って思う部分がたくさんあったし、“一番なりたい声だな”って、今でも“あの声”に産まれたかったと思います」と語りました。

Da-iCE


「LOVE or NOT♪」第15回
2017年12月22日(金)1:00配信開始
dTV / FOD
オール・ジャンル 最新ニュース
 
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] スペシャルインタビュー 坂本慎太郎[インタビュー] 飼い慣らされない女たち――キノコホテル創業10周年 マリアンヌ東雲が2017年を振り返る
[インタビュー] 静的でありながら“不穏の予感”それでいて“快楽そのもの” ギリシャラブ・天川悠雅が目指す、理想の音楽[インタビュー] 西恵利香、2018年へ “いつでもそこで歌ってる人でありたい”
[インタビュー] サクソフォン奏者として、新たにバッハの音楽に息を吹き込む――上野耕平が挑むJ.S.バッハの無伴奏作品集[インタビュー] ビッグバンドは一生もの!――守屋純子がジャズ100周年を祝う「The 100th Anniversary of Jazz: Legends of Yesterday and Today」
[インタビュー] 新しい風が吹いている――吉田ヨウヘイgroupが『ar』で目指したバンド・サウンド[インタビュー] 好きなことや大事にしていることを信じて人生を謳歌しよう ベッド・イン『TOKYO』
[インタビュー] 優しく奏でる篠笛で、安らぎにあふれた時間を――佐藤和哉が妹尾武と紡ぐ初のカヴァー・アルバム[インタビュー] 常に上だけ見ていたい ゆるふわギャング“NENE”初のソロ・アルバムを発表
[インタビュー] 歌声で本当の気持ちを伝えられれば一番いい 桐嶋ノドカ「言葉にしたくてできない言葉を」[インタビュー] 月と対峙してきた人々の想いや営みを、ヴァイオリンの響きで――川井郁子、7年ぶりのオリジナル・アルバム『LUNA』
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015