ニュース

デス・キャブ・フォー・キューティー、ビデオ・クリップ集登場!

デス・キャブ・フォー・キューティー(Death Cab For Cutie)   2006/02/15掲載(Last Update:08/03/31 17:57)
はてなブックマークに追加
 以前にお伝えしました、デス・キャブ・フォー・キューティーのビデオ・クリップ集情報。ようやくその詳細が明らかに!昨年リリースされたフル・アルバム『プランズ』(写真)全収録曲のビデオ・クリップを収録/しかもすべて異なるディレクターによって制作されたもの、バンドのこだわりが十二分に詰まったDVD『Directions』は4月11日発売(US)!心地よきかな音/映像を、夢うつつで楽しませていただきましょう。

●Death Cab for Cutie『Directions』
1. Marching Bands Of Manhattan(Director: P.R. Brown)
2. Soul Meets Body(Director: Cat Solen)
3. Summer Skin(Director: Lightborne)
4. Different Names For The Same Thing(Director: Autumn de Wilde)
5. I Will Follow You Into The Dark(Director: Monkmus)
6. Your Heart Is An Empty Room(Director: Jeffrey Brown)
7. Someday You Will Be Loved(Director: Ace Norton)
8. Crooked Teeth(Director: Rob Schrab)
9. What Sarah Said(Director: Laurent Briet)
10. Brothers On A Hotel Bed(Director: Chris Grismer)
11. Stable Song(Director: Aaron Stewart-Ahn)
12. Talking Like Turnstiles (Bonus Track)(Director: Lance Bangs)
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] アイドルやめた――“渋谷系ガールズロックユニット”に転身したCANDY GO!GO!のリアル[インタビュー] KANDYTOWNの新たな方向性も感じさせるソロ・アルバム、MUD『Make U Dirty』
[インタビュー] 音楽にとどまらない、発想としての面白さ――ジェフ・パーカーがゆっくり語る『The New Breed』[インタビュー] 良い意味で遠回りをしてきた――20周年を前に、韻シストが開けた次への扉
[インタビュー] 過去を否定せず、未来を大切にする 渡瀬マキが語る“Fresh”なLINDBERG[インタビュー] トロピカルハウスを取り入れても、最後は自分たちの曲になる ココロオークションの自信と革新性
[インタビュー] ファースト・キスは1回しかないのがいい メンバーの“リアル”を大声で歌うロック・バンド、The MANJI[インタビュー] “熱さ”が戻ってきた――ユニットとしての自覚が芽生えた“今のChu-Z”
[インタビュー] 便利で何でも手に入る時代だからこそ必要なこと――須永辰緒が導くジャズ最前線[インタビュー] ふっと飛び込んでくるワンフレーズ “現場の音楽”HIT『Be!!』
[インタビュー] 深くて豊かな音楽を目指した“名盤” 石橋 凌『may Burn!』[インタビュー] 私は変わり続ける。それは“出会い”を意味しているから――コリーヌ・ベイリー・レイ
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015