ニュース

ドナルド・フェイゲン、13年ぶりの新作!

ドナルド・フェイゲン(Donald Fagen)   2006/01/12掲載(Last Update:08/03/31 17:57)
はてなブックマークに追加
 近年は、学生時代の友人であるウォルター・ベッカーとともに、スティーリー・ダンを復活させ、20年ぶりの新作『トゥ・アゲインスト・ネイチャー』などを発表していた、ドナルド・フェイゲン。今年2006年はソロ・アーティストとしての活動を予定しており、約13年ぶりとなるニュー・アルバム『モーフ・ザ・キャット(Morph the Cat)』(写真)をついにリリースします!

 1993年発表の前作『KAMAKIRIADO』も1982年発表の1stソロ作『ナイトフライ』から約11年という長いインターバルを経てのリリースでしたが、今回はそれを上回る約13年という年月を経てのリリース。レコーディングには、スティーリー・ダン作品にも参加しているドラマーのKeith Carlockのほか、ギタリストのウェイン・クランツジョン・ヘリントンヒュー・マクラッケン、クラリネット奏者のローレンス・フェルドマン、ピアニストのTed Baker、サックス奏者のWalt Weiskopfらが参加しているそうで、1stシングルが予定されている「H Gang」ほか全9曲の収録が予定されています。アルバムはUS盤が3月7日に、日本盤(WPCR-12246 \2,580(税込))が3月8日にそれぞれリリースされる予定で、なんでも日本盤にはボーナス・トラックが収録される可能性もあるとのこと。アルバム発表後にはソロ・ツアーも行なわれるとの話ですので、来日を願いつつ、本作を堪能いたしましょう! 

『モーフ・ザ・キャット(Morph the Cat)』
(01) Morph the Cat
(02) H Gang
(03) What I Do
(04) Brite Nitegown
(05) The Great Pagoda of Funn
(06) Security Joan
(07) The Night Belongs To Mona
(08) Mary Shut the Garden Door
(09) Morph the Cat (Reprise)
続報
ドナルド・フェイゲン最新作、日本盤発売日延期 part 2
日本盤の発売がさらに延期され、3月29日へとなりました。
[ 2006/03/02掲載 ]
ドナルド・フェイゲン最新作、日本盤の発売日が延期に
日本盤の発売が3月18日へと延期になりました。なおボーナス・トラックの収録は残念ながら見送られました。
[ 2006/02/16掲載 ]
ドナルド・フェイゲン最新作、ジャケット・アートワークが判明
いつも話題が集まるジャケット・アートワーク、最新作のものが判明しましたので、掲載いたします(写真)。
[ 2006/02/06掲載 ]
ドナルド・フェイゲン最新作、US盤は限定仕様もあり
USでは通常盤に加え、DVDを付属した限定盤も発売される予定。発売はともに3月7日を予定しています。なおDVDの内容はまだ不明です。
[ 2006/01/26掲載 ]
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] とにかく一緒に制作するのが楽しい――“馴染んだ”PUSHIM×韻シスト『TO THE NEXT』[インタビュー] 一緒に挑戦していきたい――すべてを出すことができるアンサンブル“MIZUTANI×TAIRIKU”
[インタビュー] “雑食主義”のフィメール・ラッパー、HITが放つファースト・アルバム『THE HIT』![インタビュー] 一音一音の美しさを目指して――本田珠也がICTUS Trioを始動
[インタビュー] ジャズ・シンガーとして新たな一歩を踏み出したMoon『Kiss Me』[インタビュー] ソムリエのように、ピアノ音楽の楽しさを伝える――大井 健が初の映像作品『Piano Love The Movie』を発表
[インタビュー] 自分たちも知らない、さらなる可能性を求めて――DaizyStripper「4GET ME NOT」[インタビュー] スペシャルインタビュー 坂本慎太郎
[インタビュー] 飼い慣らされない女たち――キノコホテル創業10周年 マリアンヌ東雲が2017年を振り返る[インタビュー] 静的でありながら“不穏の予感”それでいて“快楽そのもの” ギリシャラブ・天川悠雅が目指す、理想の音楽
[インタビュー] 西恵利香、2018年へ “いつでもそこで歌ってる人でありたい”[インタビュー] サクソフォン奏者として、新たにバッハの音楽に息を吹き込む――上野耕平が挑むJ.S.バッハの無伴奏作品集
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015