ニュース

レディー・ガガ、エド・シーラン、QOTSAらがエルトン・ジョンの名曲を歌うカヴァー・アルバム発売

エルトン・ジョン(Elton John)   2018/03/20 13:28掲載
はてなブックマークに追加
レディー・ガガ、エド・シーラン、QOTSAらがエルトン・ジョンの名曲を歌うカヴァー・アルバム発売
 デビュー・シングルの発売から今年で50周年を迎えたエルトン・ジョン(Elton John)の名曲の数々を、現代の音楽シーンで活躍するアーティストがカヴァーしたアルバム『ユア・ソング〜エルトン・ジョン ベスト・ヒッツ・カヴァー』(UICR-1141 2,500円 + 税)が4月18日(水)に発売されます。日本盤にはボーナス・トラックを1曲収録予定。

 参加したアーティストは、レディー・ガガアレッシア・カーラコールドプレイP!NKロジックフローレンス・アンド・ザ・マシーンマムフォード&サンズメアリー・J.ブライジザ・キラーズQティップデミ・ロヴァートサム・スミスマイリー・サイラスエド・シーランクイーンズ・オブ・ザ・ストーン・エイジ。アルバムに収録されるQティップ feat. デミ・ロヴァートによる「恋のデュエット」のミュージック・ビデオとエルトン、Qティップ、デミ・ロヴァートがこの曲を語る映像が公開されています。

 70歳を迎えたエルトン・ジョンは、先日ライヴ活動からの引退を表明。今年9月から3年にわたって5大陸で300公演以上を行なう最後のコンサート・ツアー〈Farewell Yellow Brick Road〉を予定しています。



■2018年4月18日(水)発売
VA
『ユア・ソング〜エルトン・ジョン ベスト・ヒッツ・カヴァー』

UICR-1141 2,500円 + 税

[収録曲]
01. ユア・ソング(僕の歌は君の歌) / レディー・ガガ
02. ベニーとジェッツ (やつらの演奏は最高) / エルトン・ジョン、P!NK&ロジック
03. 幼き恋の日々 / コールドプレイ
04. ブルースはお好き? / アレッシア・カーラ
05. キャンドル・イン・ザ・ウインド (風の中の火のように)(2018ヴァージョン) / エド・シーラン
06. 可愛いダンサー (マキシンに捧ぐ) / フローレンス・アンド・ザ・マシーン
07. 僕を救ったプリマドンナ / マムフォード&サンズ
08. 悲しみのバラード / メアリー・J.ブライジ
09. 恋のデュエット / Qティップ feat. デミ・ロヴァート
10. モナ・リザ・アンド・マッド・ハッター / ザ・キラーズ
11. ダニエル / サム・スミス
12. 僕の瞳に小さな太陽 / マイリー・サイラス
13. グッバイ・イエロー・ブリック・ロード / クイーンズ・オブ・ザ・ストーン・エイジ
14. 日本盤ボーナス・トラック
オール・ジャンル 最新ニュース
 
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] 屈強でしなやかな東京のヒップホップ――KANDYTOWNのビートメイカー、MIKIがファースト・ソロ・アルバム『137』を発表[インタビュー] より肉体的なものへ――神奈川・逗子を拠点とするHalf Mile Beach Clubが初の単独作を発表
[インタビュー] “続編”ではなく“新作”を作ろう きゃりーぱみゅぱみゅ「きみのみかた」[インタビュー] “俺の不幸で踊ってくれ!”――沖縄出身のラッパー、唾奇が最新作『道-TAO-』をリリース
[特集] [LIVE Report] まっすぐな気持ちを届けてくれる藤田麻衣子の歌[インタビュー] 自分というジャンルをちゃんと作りたい “シンガー・ソングライター”Nao Kawamura初のフル・アルバム『Kvarda』
[インタビュー] 「アワ・マン・イン・トーキョー〜バラッド・オブ・シン・ミヤタ」、宮田 信の仕事とは?[特集] ヘルベルト・フォン・カラヤン生誕110年記念! 数々の名盤が“理想の音”に迫る高音質で登場
[インタビュー] いい歌をたくさん歌って、レコーディングして残したい――フォルテ・ディ・クアトロのセカンド・アルバム『アヴェ・マリア〜CLASSICA』[インタビュー] 決め手は興奮が蘇ってくるかどうか――THOUSAND EYESが放つ“最高傑作”『DAY OF SALVATION』
[インタビュー] “ヤバさ”はこれだ――BES&ISSUGIの自信が浮かび上がる『VIRIDIAN SHOOT』[インタビュー] 小曽根 真 既存の概念を打ち壊すのではなく、共存するイメージで―― ニューヨーク・フィルハーモニックと共演した『ビヨンド・ボーダーズ』
新譜情報
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
データ提供サービス
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015