ニュース

エミール・クストリッツァ監督の新作映画「オン・ザ・ミルキー・ロード」まもなく全国公開

エミール・クストリッツァ   2017/09/14 14:02掲載
はてなブックマークに追加
エミール・クストリッツァ監督の新作映画「オン・ザ・ミルキー・ロード」まもなく全国公開
 9月2日にエミール・クストリッツァ&ザ・ノースモーキング・オーケストラ名義でのライヴを東京で開催し、観客を熱狂させた映画監督のエミール・クストリッツァ。9年ぶりとなる新作映画「オン・ザ・ミルキー・ロード」が、いよいよ9月15日(金)より東京・日比谷 TOHOシネマズシャンテほか全国でロードショー。

 「オン・ザ・ミルキー・ロード」は日常的に激戦が続く中、運命の出会いを果たしたミルク運びの男と美しい花嫁が、命がけで愛を守り抜こうとする姿を、奇想天外なストーリーで映し出す究極のラブロマンス。戦争の悲しさや愚かさを描きながらも、情熱的な恋、狂騒のダンス、温かいユーモアなどを盛り込んだ、クストリッツァの到達点と呼べる傑作です。〈カンヌ国際映画祭〉の最高賞にあたるパルムドールを2回、〈ベルリン国際映画祭〉の銀熊賞、〈ベネチア国際映画祭〉の銀獅子賞を受賞しているクストリッツァ。本作では監督・脚本だけでなく主演も務め、ヒロインには『007 スペクター』でボンドガールに抜擢された“イタリアの宝石”モニカ・ベルッチを迎えています。

 クストリッツァは、新作について「ビギナーのつもりで映画を再発見することができた。映画作りで重要なのは情熱だ。年をとるにつれて、情熱を持ち続けるのは難しくなりがちだが、今回の映画作りで、自分の情熱を確認できたのもうれしかった」と語っています。


©2016 LOVE AND WAR LLC

「オン・ザ・ミルキー・ロード」
2017年9月15日(金)より東京・日比谷 TOHOシネマズシャンテほか全国でロードショー

監督・脚本: エミール・クストリッツァ
出演: モニカ・ベルッチ / エミール・クストリッツァ

配給: ファントム・フィルム
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] 角銅真実&西田修大が語る石若 駿『Songbook2』[特集] [LIVE Report] 愛され続けるシンガー・ソングライター藤田麻衣子のオール『緋色の欠片』曲によるスペシャル・ライヴ!
[インタビュー] 秋本帆華が語るチームしゃちほこの“これまで”と“これから”[インタビュー] 原点回帰を経て再確認した“本気”の在り所 加藤和樹『SPICY BOX』
[インタビュー] “世界の先端で戦うということ” BIGYUKI『リーチング・フォー・ケイローン』[インタビュー] 音楽の“過去と未来”とを想像力でつないでみせる歌 高田 漣『ナイトライダーズ・ブルース』
[インタビュー] 永遠に愛される曲を目指して――サラ・オレインが真価を発揮した『Cinema Music』[インタビュー] ノリとヴァイブスだけで作った音楽を“ヒップホップ”としてパッケージ化する GRADIS NICE & YOUNG MAS(Febb)
[インタビュー] 密接な関係性ありきの音楽 MIKUMARI×OWL BEATS『FINEMALT NO.7』[インタビュー] (想像以上に)挙動不審!? 廣瀬真理子が総勢22人の“ドリアンな奴ら”を率いてアルバムをリリース
[インタビュー] 「知らない土地で出会う風景や人から音楽が生まれる」 ――ピアニスト、ジェイコブ・コーラーが描くシネマティックな世界[インタビュー] 上原ひろみが驚異のハープ奏者エドマール・カスタネーダとのデュオ・プロジェクトを始動
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015